キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
温泉街全体に、統一性があった。
他にも、こういう所は、あるのだろうか。
伝建地区のような雰囲気でもあった。

温泉街も、工夫次第で、旭山動物園のようなことが、起きるかもしれない。
黒川温泉を見て、そんなことを感じた。

温泉そのものを楽しむなら、長湯温泉。(炭酸泉の魅力は、とにかく大きい。 黒川温泉は、かなわない)
温泉を含めた全体を楽しむなら、黒川温泉。(長湯温泉は、全くかなわない)

温泉博士の松田忠徳と言う人は、別府と長湯と黒川の3つを、九州のベスト3に選んでいる。
長湯温泉と黒川温泉は、特に大きくはないのに。
また、この3つは、全国のベスト11にも選んでいる。

温泉に素人の私でも、その理由が分かるような気がする。

※ パソコンは、調子悪い。(文を書こうとすると、かたまる) 文だけ、古いパソコンで。


久住高原を通って、向かった。 雨は止まない。

10年4月1日 (1)

遠くの山は、見えない。 どこへ行っても、野焼きの跡がある。

10年4月1日 (2)

旅館組合が経営している、案内所に着いた。 駐車場がある。(後で気づいたが、大型車はダメと書いてあった)

10年4月1日 (3)

案内所でアドバイスをもらい、下の地図を、時計の反対回りで見ることにした。   場所はここです

10年4月1日 (44)

10年4月1日 (41)  10年4月1日 (42)  10年4月1日 (43)

こういう太い道は、少ない。

10年4月1日 (4)

川の上流にあるため、坂が多い。 ここは、熊本県に入っている。

10年4月1日 (5)

10年4月1日 (6)  10年4月1日 (7)

どこも、建物の雰囲気が似ている。 黒っぽい。 ※ 自動販売機も、黒だった。

10年4月1日 (8)

10年4月1日 (9)

赤やピンクの看板はない。 規制があることを、温泉の人に聞いた。

10年4月1日 (10)

平日だが、人は多い。

10年4月1日 (11)  10年4月1日 (12)

各旅館やお店は、建物や庭のセンスを競っているようだった。 どこも、いい。

10年4月1日 (13)

10年4月1日 (14)  10年4月1日 (15)

神社もあった。

10年4月1日 (16)  10年4月1日 (17)

浴衣を着て歩いたら似合う、そんな街並みであり、通りでしょうか。

10年4月1日 (18)

10年4月1日 (19)

写真には、人がいた方がいい。 この人達は、浴衣ではないが、この風景に溶け込んでいる。

10年4月1日 (20)

写真に撮りたい風景は、次から次と。

10年4月1日 (21)  10年4月1日 (22)  10年4月1日 (23)

10年4月1日 (24)  10年4月1日 (25)  10年4月1日 (26)

こうですからね。 いいですよ。

10年4月1日 (27)

どんな人が、デザインするのだろう。 専門家がいるのかな。

10年4月1日 (28)

温泉旅館は、温泉の種類や露天風呂を、特徴にしているところが多い。 泉質は、場所によって違うよう。

10年4月1日 (29)

10年4月1日 (30)  10年4月1日 (31)

筑後川は、福岡県の柳川市で、海に出る。 ※ 宙太さんにお世話になった、柳川だ。

10年4月1日 (32)

中心街から、少し離れた。

10年4月1日 (33)  10年4月1日 (34)  10年4月1日 (35)


10年4月1日 (36)  10年4月1日 (37)  10年4月1日 (38)


10年4月1日 (39)  10年4月1日 (40)  10年4月1日 (45)

戻ってきた。 左に入ったら、駐車場と案内所。

10年4月1日 (46)

少し過ぎて、左の坂を下った。 最初にも、少し行った。

10年4月1日 (47)

この人は、店の前のこの道を、丁寧に丁寧に掃いていた。
黒川温泉を支える人達の、この街に対する基本姿勢は、これだった。 これは、その象徴。  左に、神社。

10年4月1日 (48)

  10年4月1日 (49)  10年4月1日 (50)  10年4月1日 (51)

こんな話しが伝わっている。  ※ 表現も、字も、いい。

IMG_3697nnbbhgh.jpg

この後、近くの温泉に入った。 露天風呂。 硫黄の濁った湯と説明にあったから行ったが、普通の湯。

車で、すずめ地獄に行った。 車で、7~8分。
亜硫酸ガスが吹き出していると、説明にあった。 
そのために、スズメが死ぬことがあるので、スズメ地獄だ。 意味が、やっと分かった。

10年4月1日 (52)

このように、水と一緒に出ている。

10年4月1日 (53)

キジがいた。

10年4月1日 (54)

「温泉」はどっちがいい、と聞かれたら、長湯温泉。
「温泉街」はどっちがいい、と聞かれたら、黒川温泉。

結論は、どっちもいい。 そういうことでしょうか。


【停泊場所】   黒川温泉の近くの、コインランドリーの駐車場。

【明日の予定】  少し戻って北に行くと、大きな吊り橋がある。そこに。

【今日の歌】   Believe(YouTube)   たまに。


【ブログランキング】  国内旅行1位、旅行全体で5位です。  
                   (週間IN 320 月間IN 50)  
            クリックするバナーは、左の一番下にあります。 気に入った所がありましたら、よろしく。
スポンサーサイト

道の駅阿蘇から、南阿蘇村に向かった。 メインは、一心行の大桜。
今日は、しうさんが案内してくれた。

桜の木が1本で観光地だ。 こういうのは、初めて。     ここです

10年3月24日 (3)

これが、一心行の大桜。 満開ではない。 花は、冷たい雨に濡れていた。
※ この桜について

宇土半島の先端に、三角町がある。 戦国時代、そこに矢崎城があった。   ※ 矢崎城については、ここに
しかし、1580年、島津氏に滅ぼされ、城主は死んだ。

残された家族と少しの家臣は、この地に来た。
この桜は、その時期に植えられたと言われている。 樹齢400年。
一族の霊を弔うため、ここに来た者たちは、一心に行を修めた。
そのため、「一心行」の名前が付いたと言われている。      

IMG_1986kkmmnnb.jpg

満開でなかったので、たくさんの写真は撮らなかった。
※ 昨年の満開の動画がYouTubeにあるので、それを載せます。  一心行の大桜 2009(YouTube)


ひょっとこ踊りをやってた。

10年3月24日 (4)

少しだけ見た。

10年3月24日 (5)

10年3月24日 (6)


白蛇神社のようなところが、あった。 正式な名前は、阿蘇白水竜神権現。

10年3月24日 (9)

敷地内のここで、白蛇が2匹見つかったという。 平成13年のこと。 それがあって、この神社が作られた。

10年3月24日 (7)

こんな白蛇。(パンフレットの写真)

10年3月24日 (14)

建物の中に4匹いた。 おとなしくて可愛い。 1匹は、座布団の上に、行儀よくまるまっていた。
イメージは、下の感じ。  

IMG_2058ggffdds.jpg

白蛇様にあやかって、物を売るのが、この神社の取り組みの中心。

10年3月24日 (8)

敷地内には、色んな施設が作られていた。
どのような内容、どのような環境にすれば、有難味が増すか、成功のポイントは、ここでしょうね。

10年3月24日 (12)

雨が降っても、心は動かない。

10年3月24日 (11)

10年3月24日 (15)

屋根の水は、ここを伝って、下に。

10年3月24日 (13)


明神池名水公園のそばに、明神蕎麦があった。   ここです

10年3月24日 (16)

お店に入ったが、打った蕎麦がなくなり、30分程かかるというので、名水公園を散歩。
かわいい石橋。 (水を通す橋だった。 真ん中に、水抜きがあった。)

10年3月24日 (17)

明神池。 阿蘇さんの伏流水で出来ている。  真ん中に、河童の像。

10年3月24日 (18)

こんなお話し。 (※ 中身も、表現も、未完成ですね)

10年3月24日 (19)

小さな神社があった。 群塚神社。

10年3月24日 (21)

中の正面に、こんなのがあった。 
あの字は、虫って読むんだろうか、などとしうさんと話したが、分からなかった。

調べてみたら、最初の字は「祈」。 その後は、4文字熟語で「武運長久」。
戦の前に、祈る内容ですね。

書いた人は、終戦の少し前に総理大臣をしていた、小磯國昭。
陸軍大将でもあったため、戦犯とされるが、病気でなくなる。

※ 誰が、人々を戦争に導いたかは、多くの人は考えなかった。
  それより、敵国を憎む方を教育されていた。
  だから、戦争に大きく関わっていても、このように大事にされる。

10年3月24日 (20)

やっと食べられる。 天ぷらは、ごぼう天。 とろろのご飯。 蕎麦せんざい。
お腹が空いていたのでこれに。 しうさんも同じ。

10年3月24日 (1)

美味しかった。 お店がずっと込んでいたが、その理由が分かった。
お店が、お茶を出すのを忘れていて、申し訳ないと言って、売り物のバッタをくれた。

10年3月24日 (22)


次は、白川水源。 

歩いていたら、しうさんが、「きれいだね」って叫んだ。
言われてみれば、確かにきれいだ。 私より、発見が早い。

椿の花が落ちて、雨に濡れていた。 普段は、落ちたら、だらしなく見える花だ。

10年3月24日 (24)

これも、「1年中、紅葉かな」とか言って、しうさん発見。 負けている感じだ。
わたしは、「まあまあきれいかな」と、深く考えないで、パチパチ撮っている。

雨は、まだ止みません。

10年3月24日 (23)

白川水源。 写真の右の向こうの地底から、水が噴き出している。   ここです。  

10年3月24日 (25)

水源を守っている。

10年3月24日 (26)

熊本市を通り、有明海に注ぐ、白川と言う大きな川がある。
その水源がここ。 白川水源。  

真ん中の青っぽい所から、特に強く噴き出していた。 そしてすぐに、川の誕生。
両側に水は流れていた。 どっちも、白川。 途中で、合流。

ここの水は飲める。 飲んだ。
美味しい感じがした。  ※ 水の美味しさは難しい。 ※ 自分の責任で飲めと書いてあった。

IMG_2122nnbbvvcppp.jpg

ここの駐車場で、しうさんとお別れ。 4日間お世話になった。
紋別にいる時、しうさんから、旅のノウ・ハウを学んだ。
昨年3月31日の夜、明日出発しますと、挨拶のメールを送った。
それから、間もなく1年が経とうとしている。
今回の菊池への訪問は、なんとか続けてますよと、旅の報告に来た感じでもあった。


月廻り温泉の近く。  見える山は、阿蘇の外輪山。 走ってる道も、外輪山の上。

IMG_2126mmnnbbn.jpg

波野という町の山の中。

10年3月24日 (29)

今日見た所は、1本の桜の木と、水源。 どちらも、初めてのものだった。
雨の1日だっただ、見た所が良かったですね。

長くいた、鹿児島・長崎・熊本から離れて、大分に向かいます。 そして北上します。
菊池で元気をいただきました。 2年目の旅に向かいます。


【道の駅】   波野

【明日の予定】  この近くか、竹田。


【ブログランキング】  国内旅行1位、旅行全体で5位です。
                   (週間IN 290 月間IN 1230)
            クリックするバナーは、左の一番下にあります。 気に入った所がありましたら、よろしく。

1日中降り続けた雨が、最後の最後に止んだ。 さすが、神様と思った。

阿蘇神社の火振り神事を知ったのは、人吉の床屋さんで。
人吉の観光地は、地元の人しか知らないんでないの、とか冗談を言ってた時に、火振り神事が出てきた。
一度は見たらいいって、お店の人は言った。

この時に、菊池の桜を見て、阿蘇に行くという、旅の流れが決まった。

阿蘇神社。 全国に450ある阿蘇神社の総本社。 創建は古い。(紀元前とあった)       ここです

10年3月23日 (12)

高砂の松。

10年3月23日 (1)

灯りがともる、夜の神社は、昼間とはちがう。

10年3月23日 (4)

10年3月23日 (3)

楼門の壁にあった。

10年3月23日 (5)

火振り神事は、7時から。 6時頃から太鼓などや、儀式があるため、人は集まっている。
私たちは、境内に入った。(私たちって、しうさん親子と私)

10年3月23日 (2)

報道関係も、多い。 カメラマンも。

10年3月23日 (6)

火振り神事って何なのかだが、ネットに、こんな説明があった。

※ 火振り神事は、阿蘇地方の五穀豊穣を祈る阿蘇神社の田作り祭の神事の一つ。
  農業神「年祢大神(としねおおかみ)」が、姫神をめとる「御前迎え(ごぜむかえ)」の儀式で、
  氏子たちがたいまつを振り、姫神を迎えたことが祭りの名の由来といわれている。

これは、楼門。 大きい。 日本三大楼門の一つと言う。

10年3月23日 (8)

太鼓の演奏が始まった。 

10年3月23日 (10)

この時は、小雨。 なかなか止まない。

10年3月23日 (9)

阿蘇の桜も、満開に向かっている。

10年3月23日 (11)

この稲藁を振り回す。

10年3月23日 (13)

7時まで、30分ほど時間があったので、食事をする。
これは、馬刺し。 (※ しうさんのお父さんは、この後もお店に) 

10年3月23日 (14)

体は、温まった。 出直したら、始まっていた。

10年3月23日 (15)

会場は、神社の前と、神社の横。 横に行った。

火がこのように、あっちこっちにある。 この日を、藁の束に着ける。
女の人もやってた。

10年3月23日 (16)

しうさんも始めた。 燃え方が、弱かった。

10年3月23日 (17)

カメラのシャッターを、1秒ほど解放にして撮った。

10年3月23日 (18)

火が飛んでくることもある。 消防士もいた。

10年3月23日 (19)

火の中に、子供も。

10年3月23日 (20)

この火で、厄を追い払うのか。

10年3月23日 (21)

ずっと事故は起きないで、続いている。

10年3月23日 (22)

子供も挑戦。

10年3月23日 (23)

しうさんが、2度目の挑戦。 火はうまく着いてる。

10年3月23日 (24)

一回り撮影したら、もっと良かった。

10年3月23日 (25)

ずっと続いた。

10年3月23日 (26)

ここは、神社の前。

10年3月23日 (30)

火振り神事も、終わりに近付いている。

10年3月23日 (29)

火振り神事のポスターは、火が流れるものばかり。

10年3月23日 (27)

これを見たくて、本州からも、多くの人が来ていた。

10年3月23日 (28)

門前は、このようにお店が並んでいる。 

10年3月23日 (31)

ここのお店に入っていた。 食事の続きを。

10年3月23日 (32)

このような湧水があちこちに。

10年3月23日 (33)

このような夜のお祭り(神事)は、光の中で行われるので、幻想的な雰囲気になる。
写真を撮るのも、面白い。  ※ 写真は、1脚を使って撮影。

火振り神事が始まった時には、雨は止んでいた。


【道の駅】          阿蘇

【明日の予定】     阿蘇のどこかでしょうか。


【ブログランキング】  国内旅行1位、旅行全体で5位です。
                   (週間IN 250 月間IN 1190)
            クリックするバナーは、左の一番下にあります。 気に入った所がありましたら、よろしく。



今日も天気に恵まれた。 夜になっても、寒くはななかった。

しうさんのお父さんの車で、山小屋に向かった。 八方ヶ岳の麓。
谷を下りた右の方が、菊池市の市街地。 いい景色だ。

遠くに見える、尖がった山が、鞍ヶ岳。 菊池公園から見えた山は、これだった。
阿蘇は、その向こうにある。

10年3月22日 (2)

あと1ヶ月ほどで完成。 昨年おじゃました山小屋は、少し下の方にある。

10年3月22日 (1)

野の花です。 早春の花は、色や形が、少し質素。 でも、これは、まあまあ。

10年3月22日 (3)

10年3月22日 (4)

山道を少し散歩。 鳥がカニを食べたのか。

10年3月22日 (5)

山の上から見た山小屋。

10年3月22日 (7)

市街地が見えている。

10年3月22日 (6)

こんな山道。 ウグイスが鳴いていた。

10年3月22日 (8)

木の茂みから、出てきた。 初めて見たような気がする。

10年3月22日 (9)

山小屋の池に流れる、小さな川の源流点を探した。 ここだった。 ここより上は、石原の下を流れている。

10年3月22日 (10)

「暖かくていいね」と話しかけたら、「私は、これから咲きます」と言った。

10年3月22日 (11)

山小屋の横を流れる、迫間川の上流。

10年3月22日 (12)

山小屋の池の、ヤマメ。 25㌢以上はある。 水溜りのオタマジャクシ。

10年3月22日 (13)  10年3月22日 (14)

ここ全体が、鞠智城。 この城は、7世紀後半に大和朝廷が築いた山城と説明があった。

10年3月22日 (17)

10年3月22日 (15)

8角形の大きな建物。 名前は、鼓楼とあった。

10年3月22日 (18)

太い木だ。 お父さんは、仕事の関係で、昔ここの設計に関わったそうだ。

10年3月22日 (19)

米倉。 正倉院と同じつくり。

10年3月22日 (20)

菊池の市街地でいいかな。

10年3月22日 (16)

兵舎。

10年3月22日 (21)

こっちは、お店など。

10年3月22日 (22)

これが、八方ヶ岳。 この麓に、山小屋が。

10年3月22日 (23)

観光物産館に戻った。             足湯もある。

10年3月22日 (25)  10年3月22日 (24) 

しうさんの縁が和展は、今日が最終日。 夕方、後始末を少しお手伝い。

その後、石橋があると言うので、見に行った。 道は、迫間川に沿った道。 

10年3月22日 (26)

あるお家の庭。

10年3月22日 (27)

10年3月22日 (28)

20分ほど歩いたら、見えてきた。 滝もあった。

10年3月22日 (29)

迫間眼鏡橋と迫間滝。  ※ 迫間は、はざま、と読む。
なかなかいい景観ですよ。

10年3月22日 (30)

車が通ってる。

10年3月22日 (31)

菊池神社表参道。

10年3月22日 (32)

菊池神社の桜。

10年3月22日 (33)

むこうは、菊池公園。 車が見える。

10年3月22日 (34)

6時頃、夜桜を見に菊池公園へ。 山の上で待ち合わせ。

太陽が、黄砂に沈んでいく。

10年3月22日 (35)

上の写真から、数分で見えなくなった。

10年3月22日 (36)

夜店で、お酒と焼き鳥を。 今日も、全部御馳走になってしまった。 山を下りてからも。

10年3月22日 (37)  10年3月22日 (38)

暗くなるに従って、人が増えた。

10年3月22日 (39)  10年3月22日 (40)

夜桜を見て、菊池市の夜景を見て、山を下りた。

10年3月22日 (41)

小さな料理店。 居酒屋とは違った。 魚は、清流に住む川魚。  小さなねぎを丸めたもの。
他にも、色々。 フキノトウの味がする味噌だったかな、美味しかった。
塩だけの味のおにぎり、これがたまらない。 二つ、包んでもらった。

10年3月22日 (42)

お店の中で、花見だ。

10年3月22日 (43)


菊池には、他にも魅力的な所が、いっぱいありそう。
紅葉の時期に、菊池渓谷に行ってみたいかな。

いい一日でした。 いい夜でした。


【停泊場所】      きくち観光物産館駐車場

【明日の予定】     阿蘇の火振り神事を見ます。 
            しうさんも、キャンピングカーで行きます。 今年初めての旅のよう。

【その他】       一昨日だったか、ポアンカレ予想の証明が、認定されましたね。
            認定したのは、米クレイ数学研究所。
            証明したのは、ロシア人数学者、グリゴリー・ペレリマン氏(43)。         
            昨年だったか、証明したと言われていた。

            この証明で、宇宙の形が分かった。 ※ 関連ブログ ポアンカレ予想


【ブログランキング】  国内旅行1位、旅行全体で5位です。
                   (週間IN 280 月間IN 1130)
            クリックするバナーは、左の一番下にあります。 気に入った所がありましたら、よろしく。

熊本県は色々見たが、菊池市を残して、長崎に行っていた。
菊池は、桜の時期にと決めていた。

昨日は嵐だったが、快晴で気温も上がった。
菊池神社の近くには、菊池公園、きくち観光物産館もあり、多くの人で賑わっていた。


菊池神社の表参道の場所は、後で知った。 別の所から入った。     ここです。

10年3月21日新 (1)  10年3月21日新 (2)

菊池市は、熊本市の北東25㌔位で、阿蘇山の麓にある。

市街地の北部。

10年3月21日新 (3)

菊池神社は、建武中興十五社の一つ。
※ ここを支配していた、菊池氏が、建武中興(建武の新政)に貢献したため、明治天皇の命により作られた。
  建武中興は、天皇中心の政治で、武士が中心の政治が続いた中で、貴重な時代と明治天皇は押さえた。
※ 建武中興~1333年に鎌倉幕府が滅びた後に、後醍醐天皇が興した。
  でも、足利尊氏が現れ1336年に滅びる。 室町時代に入って行く。

本殿かな。(確認していない。 後ろに建物があれば、それが本殿になる)

10年3月21日新 (8)

今日は、桜の写真ばかり。 お参りするのを忘れた。 いつものことだが。

10年3月21日新 (5)

門の外。

10年3月21日新 (7)

菊池神社は、桜の名所として知られている。 情報誌でも、紹介している。

10年3月21日新 (9)

隣に小さな稲荷神社が。 赤と黄色の花が目立った。

10年3月21日新 (6)

ここは、菊池公園。 店も出ていた。

10年3月21日新 (10)

菊池市は、広い平野にある。 熊本市と同じ川の流域にあるかと思っていたら、違った。
菊池川の上流に菊池市はあった。 下流には山鹿市、玉名市がある。

10年3月21日新 (11)

提灯がぶら下がっていた。 夜、灯りが付くのか。 今晩行ってみるか。

10年3月21日新 (12)

満開のようだが、もう少し。

10年3月21日新 (13)

真ん中の木だけ、花が赤かったので。

10年3月21日新 (14)

向こうの山は、あそでいいのか。(確認していない。 しうさんに後で聞く)
クランドでは、野球の試合をやってた。 子供たちの歓声が聞こえた。

10年3月21日新 (15)

今日は、3連休の中日。 花見客がたくさんいた。

10年3月21日新 (16)

白い花に、葉っぱが少し。 黄緑に見えた。

10年3月21日新 (17)

菊池には、七城メロンドームという道の駅がある。 
ここは、メロンの産地だ。 そのことを知らないで、北海道からメロンを送ったことがある。 何をやってるのやら。

10年3月21日新 (18)

桜を見る展望所。(観月桜展望所だっかた)

10年3月21日新 (19)

3月に、こうやって桜が咲くから、卒業式と桜が重なるのかな。 北海道は、雪があるのに。

10年3月21日新 (20)

公園は広い。 ここでも、花見。

10年3月21日新 (21)

観光物産館の駐車場。 手前の方に、車を停める。

10年3月21日新 (22)

物産館の裏。 舞台で演奏会。

10年3月21日新 (23)

ヘリコプターの遊覧飛行。 1回、3500円。

10年3月21日新 (24)

しうさんの「縁が和展」を見に行く。 場所は、物産館から5分ほど。

10年3月21日新 (25)

ここは、「お菓子の香梅」菊池店。 入って右は、広い喫茶店になっている。
そこの壁とかに、しうさんの作品が展示して、売っている。

IMG_1412nnbbvvc.jpg

しうさんの本業は、会社のホームページとかを作る仕事。
これは、仕事とは別。

明日が最終日。

IMG_1715mmbbvvc

いつ作ったんだろうと思うほど、たくさん。

10年3月21日新 (26)

デザインを学んでいるので、センスがいいのかな。
※ ある旅行情報誌の旭山動物園のページ全てを、しうさんが作成している。(※追記 訂正 イラストの部分でした)
  他にも、いろいろある。

下は窓で、外が見えている。

10年3月21日新 (27)

自然のものを素材にした、このような飾り。 同じものは二つない。

10年3月21日新 (28)

しうさんは、フクロウが好き。

10年3月21日新 (29)

こんな可愛い、「豆フクロウ」。 どの作品にも付いている。

10年3月21日新 (30)

しうさんが、自然のフクロウを見たのは、1度だけ。 私も。
北海道の浮島湿原で。  ※  浮島湿原とエゾフクロウ

10年3月21日新 (31)

松かさは、濡らしたら閉じるでよかったかな。

10年3月21日新 (32)

庭に、タケノコが、ニョキッ。 しうさん発見。

10年3月21日新 (33)

こんなのも。

10年3月21日新 (34)

一番右は、何だろう。

10年3月21日新 (35)

これは、非売品。
非売品を見たら、欲しくなる人がいる。
しうさんに言った。
非売品をいっぱい作って売れば、って。

10年3月21日新 (36)

この辺りは、菊池温泉街。 こんな看板が。 夜来香。 花の名前。 支那の夜という歌の、中国名。
                                             ※ 上戸彩が演じる李香蘭。 夜来花を歌う。

10年3月21日新 (37)

物産館の北側に、菊池神社の表参道があった。  桜の並木。 

10年3月21日新 (38)

後ろが、表参道。 この道は、御所通りとあった。
昔は、菊池神社の所に、菊池城が建っていた。 そこへの道が、この道。
※ 御所通りの名前の由来と関係あるかな。

10年3月21日新 (39)

大きな木。 将軍木とある。 樹齢600年以上。 椋(むく)の木。
懐良親王が植えたという。 この人に着いて調べてみた。
   ※ 長い歴史の中で、菊池の地が、光を浴びた時代があったことが分かる。
   ※ (天草に行った時、菊池氏が天草を支配していた時期があることは、聞いていた)
懐良親王について

懐良親王(かねながしんのう  1329?~1383) 
後醍醐天皇の皇子。    
南北朝時代、南朝の征西大将軍。 そのため、征西将軍宮(せいせいしょうぐんのみや)と呼ばれる。
肥後国隈府(ここ菊池市)を拠点に勢力を広げた。
そして、九州における南朝方の全盛期を築いた。

10年3月21日新 (40)

桜の名所と言われても、不思議でない。
この後、城乃井旅館の温泉に入る。 安いよって、しうさんが教えてくれた。

10年3月21日新 (41)

ヘリコプターが飛んで行った。

「どうして、おっかない顔をするんですか」と、機長に聞いてみたい。
「キリッとしてるだけだ」って、言われるかな。

10年3月21日新 (42)

菊池市の市街地は、広い菊池平野の東にあった。
菊池神社や公園は、京都で言えば、八坂神社や清水寺のある、東山の位置に当たる。
平野と山の両方ある所が、この町の魅力でしょうか。

夜は、お父さんとしうさんと3人で食事をしました。
たくさん御馳走になりました。
楽しく、おしゃべり。
アジの刺身も、米焼酎のお湯割りも、みんな美味しかった。  
酔って、ブログは書けなかった。


【停泊場所】    きくち観光物産館    この辺に車はある

【明日の予定】   しうさんのお父さんの山小屋へ


【ブログランキング】  国内旅行1位、旅行全体で4位です。
                   (週間IN 330 週間AUT 200 月間IN 1080)
             クリックするバナーは、左の一番下にあります。 気に入った所がありましたら、よろしく。

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。