キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道の駅 村岡ファームガーデン にいます。
     場所は、ここ。
小さな道の駅。 街灯が小さいのしか無く、暗い。 ゴミは捨てられる。

  _MG_8491.jpg

朝方暗いうち、フクロウの鳴き声が聞こえた。
今日は、鳥取砂丘に寄ってみようかな・・・。  (朝 7時4分)


【追記】  
兵庫県の山の中、国道9号線を走っている。 左から右に(地図の)。 こんな感じの道。 山の斜面に家。 左下は川。
      場所は、この辺り

  _MG_8492.jpg

鳥取砂丘を、ちょっと見てみるか。 そんな軽い気持ちで。
駐車場の入り口に、フェスティバルの看板があった。 砂丘で、何かやってるのかなと思った。

この辺り全体が、霞んでいる。 細かい砂が海の方から飛んできてるのか。
戻ってきた人が、服をほろっている。 髪もバサバサやっている。 目もこすっている。
いやな、予感だ。

  IMG_8516.jpg

駐車場から海に向かって、少し上った。 砂浜の広いのだったら怒るぞ、と思って。
そこに見えた風景がこれ。 砂浜では、なかった。

風が強い。(後で知るが、ここでの風は、たいしたことがなかった)
遠くに、砂の山が見える。 海に向かって降りて行った。

おやじさんがやってきた。 風が強くて、砂が顔に当たるんだよね、って、私を昔から知ってるかのように、親しく話しかけてきた。

猛烈な風になってきた。

  _MG_8493.jpg

足跡は、30秒で消えた。 風に押し戻される。
月の砂漠を歌うような、静かな雰囲気ではない。

風が強いから、砂に目が入った。 いや、ちがう、目に砂だ。 3粒くらいだ。
口の中が、ジャリって言った。 砂なのに(?)。

下の写真は、砂山の頂上から、来た方を見た。 霞んでいる

  _MG_8501.jpg

海は大荒れ。 荒海だ。 むこうは、佐渡ではないが。

  _MG_8503.jpg

苦労して、上ってくる。

  IMG_8510.jpg

駐車場に戻ってきて、駐車場の人に、フェスティバルはどこでやってるか聞いた。
無料の、シャトルバスで行くという。 無料というので乗った。

すごい人だった。 受付でびっくり。 1300円。 あ~あ、だ。
世界 砂像フェスティバル」をやっていた。 

  IMG_8518.jpg

ただの、フェスティバルではなかった。
砂の彫刻世界選手権 in とっとり砂丘」という、大会でもあった。

下の砂像は、入り口にあったもので、審査の対象外。 日本の第一人者が作った。 鹿児島の人。
審査を受ける作品は、全部、外国の人が作った。
係の人は、審査に公平を期するため、日本人は出さないと言った。

  IMG_8519.jpg

作品は、全部で、10あった。 4つを紹介する。

  IMG_8522.jpg

チェコの人が作った。 題は「ゴレム」。 人形という意味。 説明は難しい。

  IMG_8524.jpg

中国の人。 題は、「観音様を拝む龍女」。

  IMG_8528.jpg

これは、今回の大会の、シンボル砂像
カナダとアメリカの3人で作った。

  IMG_8531.jpg

これは、裏側を写したから、誰のか分からない。

  IMG_8534.jpg

これも、分からない。 誰が作ったかは、大事な問題ではないことに・・。

  IMG_8535.jpg

なぜ、崩れないかを聞いた。
表面に、水溶性の糊を、吹き付けてるそうだ。
砂以外の物は使っていないと。

上のことを教えてくれた人に、言った。
入場料 「高いね」って。 そうしたら、「高いね」、とは言わず、「そうなんだよね」と言った。
こういう返し方が、あるか。  このことに関して、いつかのブログ。

この大会は、毎年、世界のどこかでやってるようだ。
今年は、たまたま日本
作品は、高いレベルに感じた。


鳥取の近くの道の駅を予定していたが、風が強すぎるので、山の中に入った。
静かなところ。 私だけ。 少し寂しい。


【今日の温泉】   鳥取市に近い、湯梨浜町にある「ハワイゆ~たうん」 350円。 今までで、一番安く、広かった。 「日帰り温泉」の本を先日買ったので、安いとこを探すのは簡単。


「今日の歌」は    昨日の、我那覇美奈のは、聞いたでしょうか。 ぜひ。

             森田由美恵 「潮風の吹く町」(YouTube) 

                   松本英子「Sqall」(YouTube) 


スポンサーサイト

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。