FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

紋別と湧別の間です。
R238から、1本山側の道に入って、写しました。
コムケ湖の全景が見えるのは、この地点だけですよ。(道路では)
コムケ湖

国道を走っている車が、遠くに見えます。
昔、駅があった場所です。
温泉があります。  チューリップの湯です。
ここは、中湧別といわれる地区です。
道の駅

以前、この街に3年間いました。
この「珍竹林」という居酒屋で、たまに飲みました。
道の駅から、歩いて1分です。  この夏に、一度は行きたいな~と思っています。
ちんちくりん

上湧別に一番人が集まる季節です。
2時過ぎに行ったのですが、人、人、人、でした。
チューリップ1

いろんな色の、また、いろんな種類のチューリップが、咲いていました。
チューリップ3

上湧別には、この公園の他に、道の駅の温泉、また、冬のクロスカントリーがあります。
この町に新しい物の何かをと、燃えた人たちがいたようです。 (字の色が変わった?)

チューリップ4
紋別市の小向の農道です。
チューリップ公園に行く途中です。
道路が温かいので、日向ぼっこをしているようです。
シマヘビですね。
フキの葉っぱを投げたら、草むらに隠れました。
そのまま寝ていたら、車にひかれてしまうので、よかったです。
ヘビ

すてきな名前です。
しかし、小さな、小さな岬です。
うっかりしたら、どこにあるか見つけることができません。
紋別市の、北浜町にあります。  表示も何もありません。

この写真は、岬の突端から、紋別港方面を写したものです。
岬

下の写真は、沙留の方を写したものです。
岬2

この岬は、何となく出っ張っている、という感じでした。
それでも、地図を見たら、紋別市で、どこかに岬の名前を付けるとすれば、ここかもしれません。
藻興部川上流。
氷のトンネルから、数㎞下流。
砂防ダムということですが、作るために作った、ということでしょう。
こういうものが、「いらないもの」ですね。
ダム


ダムに魚道があるため、ダム湖に魚がいるんですね。
釣っている人がいました。
天気がいいので、のんびりとした雰囲気です。
ダム2

ウエンシリ岳近くの道です。
これだけ山奥に入ると、舗装の道でも、時々ありますよ。
端から端まで、30㎝ほどです。
熊の糞

何日も経っている感じです。
2糞

以前、雄武の山の中を車で走っていたら、熊のウンチが見つかりました。
降りて見ました。
そうしたら、ウンチのそばに、オシッコで濡れた跡が、砂利道に点々と付いていました。
でも、見ているうちに、それは乾いていきました。
熊は、車の音で、慌てて、オシッコをしながら逃げたことが分かりました。
その時は、まだ近くに、熊がいたことになります。
神門の滝の近くでした。
滝上方面から見た、ウエンシリ岳です。  右端です。
そんなにいい形ではないですね。  ところが・・・。
しりうえん

ウエンシリ岳の麓に来ました。   左の小さな山に隠れています。
頂上まで、直線で、あと2㎞程です。  
少し行くと、氷のトンネルです。 まだ、ちゃんとは、出来ていないでしょうけど。
氷のトンネル

別の道を、少し車で走って、正面に見えるとこに移動しました。
少し、いい形になってきました。
うえんしり

10㎞以上、離れました。
貫禄十分の山になりました。  名前に負けていません。
天気が良すぎて、霞んでいます。
なお、興部の数㎞手前に、藻興部川が流れていますが、この川の源がウエンシリ岳です。
2うえんしりno3

満開になりました。
IMG_1075.jpg

地蔵さんです。
地蔵

下を見た景色も、いいですよ。
下界

お店が、あります。
時間が早いので、人が少ないですが、11時を過ぎたら、座る場所がなくなります。
花見る人より、食べる人の方が多い感じに。
お店

すき間無く咲いている。  そんな感じです。
満開

いくつかの色がありますね。
3色

雪が残っている山脈(やまなみ)も、きれいですよ。
あの山の向こうは、士別、名寄です。
山脈

ソフトクリームも、花の色です。
先っぽを、少し食べてからの写真です。
工夫して写真を撮らないと、美味しそうに見えません。
反省です。
ソフト

オシラネップ川。
すてきな響きの名前です。
( おら知らねっぷ川 では、ありませんよ )

滝上のそばの濁川から、渚滑川の下流から見て、左の谷に入ります。
しばらく走ると、上雄柏という地区を通ります。
ここは、作家の、小檜山博さんの出身地ですね。
おしらねっぷ

夏になったら、札幌や旭川から、多くの釣り人がやってきます。
おしらねっぷかわ

道のそばに、小さな池がりました。  ニジマスがいました。
中央少し上に、薄く、写っています。  下は、拡大してみました。 
分かりますか。
魚

にじます2

池のそばに、エンレイソウがいっぱい咲いていました。
葉っぱも、花びらも、何もかもが、3の数の植物です。

えんれいそう

無料で泊まれそうな、宿がありました。
釣り人の宿

今日は、天気がいいので、ドライブします。
行くところは、滝上とチューリップ公園。
そして、オシラネップ川とウエンシリ岳とウエンヒラリ岬です。

上の二つは花。
下の三つは、紋別地方にある地名で、すてきな地名ベスト3です。
自分で勝手に決めたベスト3です。

まず、オシラネップ川に向かいました。 8時前に。
途中に、馬がいました。
馬

渚滑川です。
やっと、暖かくなってきました。
つり

フライで釣っています。
他にも3名いるのですが、釣れている様子はありません。
川の、中央付近にいます。
慣れていないと、少し、危険ですね。
つり2
木のてっぺんに、とまっています。
鳩より、少し大きいでしょうか。
はやぶさ

飛んだら、すばしこくて、写せません。
近くに、もう一羽います。   巣もあります。
近づいて写真を撮ったりすると,攻撃されますよ。
今は、ハヤブサを見ることは、めったにないですね。

ずっと昔ですが、ハヤブサの剥製が家にありました。
眼光が鋭い、そんな鳥でした。
はやぶさ2
山のてっぺんに、何かが写っているのですが、小さくて見えません。
写真をクリックして、大きくしたら、見えますよ。
祠1

望遠で、写してみました。
三角の岩のてっぺんに、小さな祠が建っています。
この岩は、麓まで続いています。
祠2

トリミングして、拡大した写真です。
祠のそばに行ったら、きっと危険を感じますよ。
麓から道があるので、一度は行ってみたいと思うのですが・・。
祠3

麓にある地蔵さんです。  八地蔵かな
さん地蔵
小さな山に登っていく、山道です。
少し寒いせいか、動物が出てきません。 鳥も。
ミツバやウドが、道の両側に、時々あります。
山道

高いところからの景色です。
渚滑川流域です。 酪農地帯です。
山の向こうは、オホーツク海です。
見下ろして

ウドです。 少し細いです。
これから、ウドの季節がやってきます。  酢味噌和えにしたら、美味しいですよ。
うど

函館のキャンピングカーステーション(ビックフット)から、書類が送られてきました。
車庫証明等を送れば、手続きは終わります。

予定より少し遅れていますが、あと10日はかからないでしょう。

なお、テレビは、15インチになりそうです。
少し小さくなりますが、大きな問題ではありません。
小さいと、電気をたくさん使わないという、良さもありますから。

エゾサンショウウオの、子どもですよ。
オタマジャクシと違って、頭が小さいですね。
頭のひらひらは、えらでしょうか。   魚の子どもに、少し似ています。
さんしょううお

akkamui21は、アッカムイ21と読みます。
メールアドレスや、ブログのURLに使っています。

初め、akkamuiにしようとしたのですが、先に使っている人がいたので、21世紀の21を付けました。

アッカムイは、エゾモモンガのことです。  
かわいい、小さな動物です。  空を滑空するように、飛びます。

アイヌ語で、アは、子ども。カムイは神様の意味です。
アッカムイは、子どもの守り神という意味になります。
紋別の山にもいます。

旅をしていて、私は子どもたちを脅かす不審者ではありませんよ、
という、意思表示にもなります。  何せ、守り神ですから。

車に名前を付けるとすれば、アッカムイ号、となるのでしょうか。

あと、道の駅から道の駅へとキャンピングカーで移動するのが、
木を渡り歩くモモンガに、似ているかな、とも思っています。

akkamui21は、自分では、とても気に入っています。

ももんが
   目が愛くるしい。

6年国語の教科書(教育出版)の上に、「美月の夢」というお話しが載っています。
主人公の美月が、夢について考えます。
いろいろあって、最後に、下のようにまとめます。

    いろんな所へ行くことだって、すてきな夢だ。
    いろんなものを見て、いろんな人に出会いたい。
   今は、それが、美月の夢だ。

私の夢と同じではないか。  驚きました。
ただ、私の夢には、おいしい酒とか、純粋でない部分が、混ざっていますが。

なお、一般的に夢は、職業やスポーツ選手などで表現されます。
作者の長崎夏海さんは、そのことに思うことがあって、このお話しを作ったようです。

タンポポとトキシラズが咲いています。
まもなく、刈られてしまうのですが。

ときしらず

寒かったので、車で散歩しました。
暖かいときは、自転車ですよ。  山に向かうこの道は、農道です。
名前の分からない鳥です。
鳩より小さい。
tori.jpg

とり

滝上の芝桜です。
満開に近づいています。
平日で、気温6度。  夕方。  人はあまりいません。
芝桜

渚滑川です。
濁川より、少し下流です。
釣りの季節が、やってきます。
<br /> <br />log-imgs-21.fc2.com/a/k/k/akkamui21/20080513025837s.jpg

鹿が遠くにいます。
近くで、撮影したいものです。
鹿

気になるラーメン屋さんがあったので、行ってきました。
湧別町にある、「ゆうらく軒」です。

湧楽座という、お芝居をするような建物の中にありました。
湧別町の街の中です。

塩味で売っているので、それを食べてみました。
普通より、少しおいしいというレベルに感じました。
強い個性はありません。  品の良い味です。

感動するようなものには、簡単に出会えないと思っているので、
がっかりはしませんでした。

遊楽館



仕事の関係で、今日は北見です。
鴻之舞を通って行きました。
山に入ると、周りは真っ白です。 気温は、マイナス2度です。
鴻之舞

遠軽に抜ける上原峠です。  
道路に雪はありませんでしたが、北見手前のルクシ峠には、シャーベット状の雪が少しありました。
5月10日で、この景色です。
峠上原

ブログの写真のほとんどは、DoCoMoのサイバーショット携帯で写しています。
ブレ防止が付いているので、楽です。

カメラを使うと、バッテリーの減りが早い感じがします。

下の写真は、パナソニックのルミックスで写しました。
ルミックスは、ISO 6400で 撮影できますが、使ったことはありません。
連休の愛別のダムの写真は、ルミックスです。

サイバーショット


なお、日常的に使っているのは、キヤノンのKISSデジタルです。
これに、シグマの200ミリまでのズームレンズを付けています。
機能を十分に、使いこなせていません。
失敗できないときは、いつも、全自動。(笑)

このカメラを車に積んでおいて、熊など、決定的な写真を撮ってみたいナーって、思っています。

なお、今日の、雪で白い山の写真は、KISSで写したものです。

5月の雪
雪が降りました。  暦の上では、夏だというのに。
遠くの山が白くなりました。

風が付いて、吹雪になりました。
桜の花びらが、雪と一緒に散りました。
桜吹雪です。(?)

夏になったり、冬になったりするので、風邪を引いてしまいました。
はやく、治さなければ。

ご飯をどうするか。 それが、問題です。

炊飯器で炊くと言うのが基本なんですが、発電機がどこでもは使えないと言われているので、別の方法を考えています。

一つは、パックのご飯を利用する、です。
もう一つは、圧力釜で炊く、です。

どちらが良いかを、検討しています。
自分は、普段、玄米と雑穀米などを混ぜたのを食べています。

これを続けるためには、圧力釜で炊くしかありません。
問題が起きます。鍋を洗うことです。フライパンをきれいにするようには、いきません。水を結構使います。

玄米の入ったパックはあまりありません。
あっても、高いです。

現在、考えている方法は、
パックのご飯を食べて、雑穀米等は粉にして、団子にして、焼いて食べたりすれば、それで、いいかなと考えています。

水を少なく、エネルギーを少なく、生活しなければなりません。

車にあるエネルギーは、280ワット分の電気です。
走行充電と、130ワットのソーラーパネル2枚で、作り出しています。

小さな発電機を付けるかどうかは、後での検討課題としています。

圧力鍋を購入して、どうなるかを試してみようか、現在、思案中です。

一番小さいので、内径が、18㎝です。(ステンレスで)

ごはん、洗濯、インターネットの3つは、特に大きな問題です。

どう乗り越えるかを考えるのが、また、楽しいわけです。

ホーマックで小さいスコップを見つけました。
ケースにしまうと、何だか分かりません。
ケースに

3つにたためます。
約20㎝です。
アルミなので、軽いです。
折って

伸ばすと、こうなります。 何とか、スコップの格好になります。
キャンピングカーには、いろんな物を積むので、本格的なスコップは積めません。
全長、50㎝です。
使い物になるかどうかは、使ってみなければ分かりません。
でも、素手で土を掘るよりは、楽でしょう。
伸ばして

同じ山道を、また車で走りました。
何か、新しい発見があるかなと思って。

山道に入る手前で、キツネに会いました。
キタキツネです。  小さくて、見えないかな。  畑の真ん中より下に。
きつね

水たまりがあったので、のぞいてみたら、サンショウウオの卵がありました。
細長いのが、らせん状につながっている感じです。
カエルとは違うので、すぐ分かります。
写真の上半分の、水の中に。

たまごサンショウウオ

ギョウジャニンニクがありました。
たくさんはありませんでした。
少し採って、晩に、卵とじをして食べました。
明日は、人には会えません。
ainunegi.jpg

川を眺めたら、小魚が泳いでいました。
7月になったら、釣りに来ます。
昨日は、山鳩が、「デデ、ポッポー」という感じで鳴いていましたが、
今日は、聞こえませんでした。

今日は、5月4日です。
夕方、近くの山道を車で走ってきました。

すぐに、熊出没の看板がありました。
まだ、1㎞も走っていません。
DSC00060.jpg

しばらく走ったら、1本の満開の桜の木がありました。
離農した家の、すぐ側にありました。
よく、木が歴史を見つめている、と言われるけど、そんな感じで立っており
今年もまた、花を咲かせていました。
DSC00062.jpg

ミツバです。 自然のは、背が短く、味が濃いです。
味噌汁に入れて、食べました。
春の味です
DSC00063.jpg

蜂屋のラーメンです。
中学生の頃から食べており、慣れ親しんだ味です。

旭川に来て、食べないことはありません。

旭川には、2店あり、今回は5条の支店です。

若い人が、作っていました。 見慣れない顔です。
油の量と、麺の固さが、いつもと違いました。
少し固め、油が多い、という感じです。
味は、大丈夫でした。

携帯で、写真を撮ったのですが、他にも写している人が、二人いました。

ラーメン

京都にいる息子に送る、お土産のラーメンです。
丸いのは、アイスです。
蜂屋の蜂は、蜂蜜の意味です。
戦後、蜂蜜を入れたアイスを作ったのが、蜂屋のスタートです。

アイスは、黄色っぽく、濃厚な感じの味でした。
それ以上詳しくコメントできる舌は、持ち合わせていません。
でも、美味しかったですよ。
hatiya.jpg

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。