FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

紋別市に昔からあるラーメンです。  老舗です。
少し、和風っぽい味がします。
紋別に来て、昔ながらのラーメンを食べたいと言う人がいたら、ここを紹介しています。
最近、味が、以前より弱い感じがします。 
さっぱりしているというか。
海苔が少し大きすぎますね。 載せるとこは、もっと端っこですよ。
それから、おからがサービスで付いてきました。
(写真、左上)
五十番no3

今日(17日)は、いろんな所へ行きました。
少し疲れて、最後にラーメンを食べました。

スポンサーサイト



オホーツクタワーの方の、港の駐車場にありました。
高さや、窓の位置のバランスなどが、少し気になりますが、品がいいかなと思います。
後ろに窓が2つあります。
ここに、2段ベッドがあることが、分かります。
今日は、ここに泊まるのでしょうか。
キング
 
下は、ユーロスター(DUO)です。
キングより、10㎝ほど背が低いので,スマートに見えると思います。
窓の配置も,気に入っています。

ユーロスター2
                                                                                                                       
紋別と湧別の間です。
R238から、1本山側の道に入って、写しました。
コムケ湖の全景が見えるのは、この地点だけですよ。(道路では)
コムケ湖

国道を走っている車が、遠くに見えます。
昔、駅があった場所です。
温泉があります。  チューリップの湯です。
ここは、中湧別といわれる地区です。
道の駅

以前、この街に3年間いました。
この「珍竹林」という居酒屋で、たまに飲みました。
道の駅から、歩いて1分です。  この夏に、一度は行きたいな~と思っています。
ちんちくりん

上湧別に一番人が集まる季節です。
2時過ぎに行ったのですが、人、人、人、でした。
チューリップ1

いろんな色の、また、いろんな種類のチューリップが、咲いていました。
チューリップ3

上湧別には、この公園の他に、道の駅の温泉、また、冬のクロスカントリーがあります。
この町に新しい物の何かをと、燃えた人たちがいたようです。 (字の色が変わった?)

チューリップ4
紋別市の小向の農道です。
チューリップ公園に行く途中です。
道路が温かいので、日向ぼっこをしているようです。
シマヘビですね。
フキの葉っぱを投げたら、草むらに隠れました。
そのまま寝ていたら、車にひかれてしまうので、よかったです。
ヘビ

すてきな名前です。
しかし、小さな、小さな岬です。
うっかりしたら、どこにあるか見つけることができません。
紋別市の、北浜町にあります。  表示も何もありません。

この写真は、岬の突端から、紋別港方面を写したものです。
岬

下の写真は、沙留の方を写したものです。
岬2

この岬は、何となく出っ張っている、という感じでした。
それでも、地図を見たら、紋別市で、どこかに岬の名前を付けるとすれば、ここかもしれません。
藻興部川上流。
氷のトンネルから、数㎞下流。
砂防ダムということですが、作るために作った、ということでしょう。
こういうものが、「いらないもの」ですね。
ダム


ダムに魚道があるため、ダム湖に魚がいるんですね。
釣っている人がいました。
天気がいいので、のんびりとした雰囲気です。
ダム2

ウエンシリ岳近くの道です。
これだけ山奥に入ると、舗装の道でも、時々ありますよ。
端から端まで、30㎝ほどです。
熊の糞

何日も経っている感じです。
2糞

以前、雄武の山の中を車で走っていたら、熊のウンチが見つかりました。
降りて見ました。
そうしたら、ウンチのそばに、オシッコで濡れた跡が、砂利道に点々と付いていました。
でも、見ているうちに、それは乾いていきました。
熊は、車の音で、慌てて、オシッコをしながら逃げたことが分かりました。
その時は、まだ近くに、熊がいたことになります。
神門の滝の近くでした。
滝上方面から見た、ウエンシリ岳です。  右端です。
そんなにいい形ではないですね。  ところが・・・。
しりうえん

ウエンシリ岳の麓に来ました。   左の小さな山に隠れています。
頂上まで、直線で、あと2㎞程です。  
少し行くと、氷のトンネルです。 まだ、ちゃんとは、出来ていないでしょうけど。
氷のトンネル

別の道を、少し車で走って、正面に見えるとこに移動しました。
少し、いい形になってきました。
うえんしり

10㎞以上、離れました。
貫禄十分の山になりました。  名前に負けていません。
天気が良すぎて、霞んでいます。
なお、興部の数㎞手前に、藻興部川が流れていますが、この川の源がウエンシリ岳です。
2うえんしりno3

満開になりました。
IMG_1075.jpg

地蔵さんです。
地蔵

下を見た景色も、いいですよ。
下界

お店が、あります。
時間が早いので、人が少ないですが、11時を過ぎたら、座る場所がなくなります。
花見る人より、食べる人の方が多い感じに。
お店

すき間無く咲いている。  そんな感じです。
満開

いくつかの色がありますね。
3色

雪が残っている山脈(やまなみ)も、きれいですよ。
あの山の向こうは、士別、名寄です。
山脈

ソフトクリームも、花の色です。
先っぽを、少し食べてからの写真です。
工夫して写真を撮らないと、美味しそうに見えません。
反省です。
ソフト

オシラネップ川。
すてきな響きの名前です。
( おら知らねっぷ川 では、ありませんよ )

滝上のそばの濁川から、渚滑川の下流から見て、左の谷に入ります。
しばらく走ると、上雄柏という地区を通ります。
ここは、作家の、小檜山博さんの出身地ですね。
おしらねっぷ

夏になったら、札幌や旭川から、多くの釣り人がやってきます。
おしらねっぷかわ

道のそばに、小さな池がりました。  ニジマスがいました。
中央少し上に、薄く、写っています。  下は、拡大してみました。 
分かりますか。
魚

にじます2

池のそばに、エンレイソウがいっぱい咲いていました。
葉っぱも、花びらも、何もかもが、3の数の植物です。

えんれいそう

無料で泊まれそうな、宿がありました。
釣り人の宿

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。