FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

夕方、隣の家に回覧板を届けに行った帰り、ギギッって、鳴き声が聞こえました。
道路の砂利の上に、蝉がいました。
もう、いっぱい鳴くだけの、元気はありません。

今まで、鳴き声は聞いてきましたが、姿を見るのは初めて。
夏によく見る蝉より、小さいでした。  5㎝くらい。
エゾ春ゼミ

スポンサーサイト



また、キツネに会いました。
車を停めたら、寄ってきました。
きつね1

運転席の方に来たので、 「ご飯、食べたのか」 とか、「お母さんは、どうしたの」 とか、聞きました。
後ろから車が来たら、一度見えなくなりました。
過ぎ去った後、また、戻ってきました。
きつね2

「お母さんのとこに戻るのかい」 とか話したり、
「もしかして、おまえがお母さんかい」 とか、話しました。
数分して、「おじさん行くから、おまえも行きな」 と、言ったら、
車が動くのと同じタイミングで、キツネも歩き出しました。
きつね3

毛並みもよく、めんこかったですよ。

動物との会話のポイントは、感情を込めすぎないことかな。  さらっとね。
「わたしは、あなたに、たいして関心はないんですよ」 ってね。

もしかして、餌がほしくて、来てたのかな。
遠軽町社名渕です。
小さな田んぼが、7枚ほどありました。
北見地方に田んぼがないときも、ここだけは、いつもありました。
今は、紋別方面では、ここだけ。
田んぼ

遠軽、社名渕、上原峠、鴻之舞 の順です。
鴻之舞にある石碑です。
「銀色の道」という歌があります。
「遠い、遠い、遙かな道は」 という歌詞で始まります。

昔、紋別と鴻之舞の間に、鴻紋軌道という線路がありました。
この歌の作曲者の、宮川泰という人が、この線路をイメージして、曲を作りました。
宮川さんは、少年時代、鴻之舞で過ごしました。

銀色の道


今日は、北見で会議がありました。
鴻之舞を通りました。

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。