FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

午後、沙留・豊野・秋里の山の中を走りました。
私の好きな、昔からの、ドライブコース。
                   ※沙留の、沙留中学校の所から、入っていく。
秋里で、親子の馬に会いました。
車から降りて、しゃがんで、馬に話しかけたら、親子そろって、近づいてきました。
馬1

やさしい目だと、思いませんか。    こっちの心が、読み取られそうです。
馬3

親と、同じ目です。
4馬

写真に気を取られて、会話が少し、雑になりました。
馬は、退屈そうに、離れていきました。

「最近、ニンジン、食ってるか」 とか、「親子いっしょで、いいね」 
とか、言うことは、いっぱいあったのに。

失敗でした。  
馬の気持ちを、ちゃんと考えていなかった。

  ※こんな目をされたら、馬の肉は、食べられない
    ※ ニンジンをお土産に、もう一度行くのがいいかな。
スポンサーサイト



ヒオウギアヤメが、満開です。   やさしい色の花です。
一気に、咲きました。
ヒオウギアヤメ

ハマナスも咲いて、こんな感じ。  沼のそば。
あやめとはまなす

沼には、蓮の花が咲いていました。
IMG_2956.jpg

この花の名前は、分かりません。
          ( 30日 追記 コウリンタンポポ と言うようです。 渡来種)
赤い花

6月が終わります。
多くの花が咲き、鳥が子育てを、終えました。

6月は、1年の中で、最も、命みなぎる月だったように、感じます。
昨日、夕方、北見からの帰り。  上藻別から、滝上に抜ける、峠。

峠に入りかけた、その時でした。

50㍍ほど先、 道路右端、 黒い物が動いています。
車を静かに停め、動物から目を離さないで、カメラの用意をしました。

シャッターを押すまで、およそ、3秒。
押したのと、藪に入ったのが、同じタイミング。

カメラを確認したら、写ってはいませんでした。

たぬ8

タヌキより、少し丸っこい感じがしました。
熊の子どもにすれば、少し頭が小さい感じ。

90㌫は、タヌキでしょうか。    また、失敗しました。

夕方は、動物の動きが、活発になります。

一番、撮りたいのは、熊です。
ブログの題が、「撮りましたよ」 の時は、熊ですからね。

今年中での可能性は、3㌫くらいでしょうね。

まず、タヌキの写真を、きっちり撮りたいです。     化かされないように。
初めて、行ってみました。  釣りの同僚に勧められて。
美味しい方でしょうか。

昔、札幌にあった、糸末の味に似ていました。
糸末は、ある時期、人気がありました。

甘い感じの白味噌です。  スープと野菜のバランスもちょうど良い。
スープが透明でない、そこが好きです。
亭あっぱれ

問題点が、2つありました。
  一つは、スープが、少しぬるかったです。
     チャーシューとシナチクが、冷たかったです。それも、関係しているかな。
  二つ目は、スープが、少し、どろっとしていました。
     何に、問題があるのか、分かりません。

醤油が、さらっとしていて、美味しいかも知れません。
もう一度、行ってみます。
同僚が、見晴台があるから、行ってみたら、と言うので、行ってみました。
湖の、北見側にある山を、車で上っていきました。

少し霞んでいましたが、遠くまで、見渡せました。

右寄りが、雌阿寒岳。    (説明板がありました)
うっすらとしか、見えませんが。
1見晴台

これは、雄阿寒岳。
2見晴台

北見市街地です。
3見晴台

洞窟を見た後、寄ってみました。   同僚が釣りをしているので。
きれいな湖です。
1富里湖

ダム湖百選に、選ばれてます。    百選って、何でもあるんですね。
2富里湖

こんな感じで釣ってます。
以前紹介した、智恵文沼より、水がきれいです。
急には深くなっていないので、危ない感じはしません。
3富里湖

釣れました。  すぐにです。  ヘラブナです。  
25~26㎝。   立派な大きさです。
4富里湖

こんな風に、寄せてきます。   背中からのシャツが、お洒落です。
富里湖5

大きいのは、網の中。  4匹います。
6富里湖

小さいのは、このように。
7富里湖

釣り師は食べたりしません。
最後に、みんな放してあげます。 「げんきでな」って。 

富里湖は、良く整備されており、すばらしい環境でした。
キャンプ場もありました。
洞窟への途中です。

シマヘビです。  天気がよいので、温かい道路で、日向ぼっこ です。
色つやが良く、美しいヘビした。

  ※5月18日のヘビは、あれは寝ていました。
      力を抜いていたため、しなびた感じでした。
      蕗の葉っぱで、起こしたら、一瞬に、張りとつやが、戻りました。

急に飛びかかってこないか、少しだけ、心配。
へび1

へび2

優しい目です。   赤い舌が写っていたら、完璧でした。

通る、バイクや車は、よけて通りました。
北見に用事があったので、途中寄ってみました。

北見市の美里(みさと)地区にあります。
ルクシ峠を下りたら、右に曲がります。

しばらく行ったら、下の、看板。    ここから、5.5㎞。
どうくつ標示

車は、ここまで。   降りて、橋を渡っていきます。
山を登っていくと、5分ほどで、着きました。
どうくつ2

こんな、感じ。   右の穴は、小さく、すぐ行き止まり。
どうくつ3

左に入ると、二つに分かれます。  これは、左側。
広さは、6畳くらい。
どうくつ4

右側。  広さは、2畳くらい。
どうくつ5

説明板。   これを読まなかったら、ただの、穴ではと、思ってしまいます。
ミニ洞窟です。
どうくつ6

こんな風に、使っていたのかな。
どうくつ7

北見、紋別方面では、洞窟は、ここだけですね。
洞窟を見に行く、途中です。
ここの畑の、道路側だけ、咲いていました。

紫色なので、種類は、メークインでしょうか。
畑一面に咲いたら、花畑に、負けません。

まもなく、見頃がやってきます。
メークイン

いも2

道路と、芋畑の間に、ひまわりが植えてありました。

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。