FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

過ごしやすい日には、なりませんでした。
暑いです。

午後2時。 海に行くか、山に行くか、を決めました。
海にしました。  山の方が、きっと暑い、と想像したからです。

それで、港で、カレイ釣りをすることに、しました。
場所は、オホーツクタワーに、割と近いところです。
旭川ナンバーの車が、いっぱいありました。

紋別の人間にとっての釣りは、暇つぶし、か、遊び。
旭川の人たちにとっては、立派なレジャー。  そこが、違う。
だから、紋別の人間には、港で、テーブルと椅子を出して、くつろぐ発想はない。

そんなことは、どうでもいいんだけれど、小さな竿を2本出して、釣りを始めました。
下の写真の感じです。  餌は、イソメ。
釣り1

初めの、1匹。 手のひらより小さい。       釣れ始めた。
釣り2          釣り3 
                                               ( ※ 初めて、写真が横に並んだ)                 
写した後も、10匹以上、釣れました。
釣り4

なんぼでも、釣れました。
じゃ、誰でもが釣れているかというと、そうでもない。

私の右隣は、まあまあ、釣れる。
左隣は、私が10匹釣ったら、1匹釣れる。  そんな感じです。
全体に魚が小さいので、短い繊細な竿を使っていた私が、良かったのかもしれない。
 ※釣り道具は、キャンピングカーに積み込んであるセットを、今日は、サーフに積んで  いた。  海釣りの竿は、短いのが3本ある。

釣れたのは、カレイ、コマイ、キュウリ、カジカ、など。

面白かったですね。
何人かで行って、誰が一番釣るかを賭けたら、もっと面白くなる。

港での釣りが得意でも、釣り師とは呼ばれないですね。
レジャーぽいからかな。
ヤマベ釣り、フナ釣りなどで、とっても上手だったら、釣り師ですね。

暗くなるまで釣って、やめました。   

9月の半ばになったら、サケを釣りますよ。

スポンサーサイト



昨日は、30度を越えました。   暑いです。

こんな日がないと、「今年は、夏がない」 と、すぐ文句を言うのですが、
暑い日は、やっぱり、大変。  慣れてない。

楽しみは、晩の、ビールだけ。
タコの刺身で、飲んだ。   
うまかったな~。

びーる

眠くなって、少しだけと思って寝たら、朝でした。 

今日は、過ごしやすそう。
釣りにでも行きたいが、午後から「集まり」があって、少しだけ挨拶がある。
これから、それを考える。

「人との関わりは、自分の出方しだいですよ」
「いい心の状態で、仕事ができたら、誰もが幸せ。 むずかしい こと だけど・・・」
そんなことを、言ってみることに、なりそうです。

明日は、いそがしいので、今日、近くのどこかに行きます。
海か、山か。
カラスの雛が、巣から落っこちたのは、6月10日でした。
その雛は、近くの木で、6月いっぱい過ごしました。

別の木に移動はしますが、何日も同じ木から、動けないでいることがありました。
親ガラスは、見守り続けます。
小ガラスのいる木に近づく人間は、誰でも攻撃します。

小ガラスです。    一度ここに留まったら、しばらく、動きません。
濁りの少ない鳴き方です。
からす1

親ガラスです。   カラスの方を見ていたら、攻撃はしません。
3秒目を離したら、「ソレッ」って、飛んできます。
からす2

私なんか、玄関から一歩出ると、親ガラスの1羽が、「カ~」って、一声鳴きます。
すると、どこかから、もう一羽が、戻ってきます。
攻撃態勢、完了です。

静かになったのは、2・3日前。
小ガラスが、やっと、勇気を出して、遠くの木に飛んで行きました。

親ガラスは、「甲斐性ない子だ」「勇気のない子だ」と思っても、3週間、見捨てないで面倒を見ました。

静かになって、一安心。

  ※ 今年は、卵を抱いているとき、静かだったので、巣を壊しませんでした。
    それが、失敗の元でした。 
     カラスにとっては、良かったんだけど。

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。