FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

夕方になりました。
全体に、花が少ない感じがしました。

駅の周りは、とてもいい感じ。  ※ ミニチュアの世界みたい。
1小清水

エゾキスゲです。
こしみず2

濁りのない色が好きです。
こしみず3

これは、少しきつい色の、エゾスカシユリ。
でも、このように、緑に混ざって、広く見渡したら、なかなかいい。
緑に負けない濃さが、いいのか。
こしみず4

往年の面影は、ありませんでした。
  ※ 夏休みに、盛り返すことは、あるのでしょうか。
スポンサーサイト



左の先っぽが、能取岬です。    読み方は、のとり岬です。
            ※ 能取湖は、のとろ湖と、読みます。  これが正しいようです。

岬に行く途中、アサリを掘って遊べるとこが、今も、ありました。  砂浜です。
昔来たことがありました。  10年以上昔、娘が小学生だった頃。
5人くらいで。   かわいい小さなアサリだったな。
のとろ1

何もありません。  花も咲いていません。   荒涼とした感じ。
のとり2

中央後方が、能取湖。  手前は海。
のとり3

国道に戻らないで、海岸沿いを走って、網走の市街に出ました。
サロマ湖 ワッカネイチャーセンターです。
写真にはあまり写っていませんが、かなりの人です。
大型バスが2台ほど。   乗用車が30台くらい。
1わっか

貸し自転車があり、それで遊ぶ人が多かったです。
私は、自分ので。

今年、初めて見る花がありました。
エゾフウロです。
わっか2

やさしい感じの花。  色も形も。
わっか3

ムシャリンドウです。(武者竜胆)
わっか4

このように、狭く開いているところがある。
わっか5

自転車用道路は、何㎞もある。  10㎞くらいか。
わっか6

エゾカワラナデシコ。  名前も姿も完璧。
わっか7

髪の毛の先まで、自分の身なりに気を遣っている。  そんな感じです。
わっか8

この花は、6月16日のブログ、「がんばるは なんて言うなよ 草の花」 の候補の一つです。
問題があるとすれば、美しすぎる感じが少ししますが。
アヤメは、自分が美しいということを知っているので、候補から外しました。

ここは、小清水原生花園より花も多く、よく整備されていました。
だから、訪れる人の数は、比べものになりません。
小清水原生花園は、あれほど、有名だったのに。

それから、近くに、「鶴雅」のホテルがあるので、それも、プラスになっているでしょうか。
三里浜キャンプ場です。
この後行く、ワッカ原生花園と比べたら、全体が整備されていない。
展望台への階段も、ボロボロ。

作った後、お金をかけていない感じ。  ここも、原生花園なんですけど。
1サロマ湖

右が、サロマ湖。  左は、オホーツク海。
2サロマ湖

記念碑がたくさんあった。
3サロマ湖

環境を整備したらいいのに、と思いました。
この地域は、昔、サロマ湖の漁業を発展させるために、すばらしい努力をしました。
    ※ 国語の教科書で、紹介された。

家は、どこも立派なわけですし。

「華湖」 の 「華湖丼」
        ※ 初めて文字を大きくしました。 色も。
浜佐呂間で ドライブイン華湖 に寄りました。

「くちコミ ドライブマップ 北海道」に、載っていたので。
もともと寄ることは、ありましたが。

その旅行誌には、以前、旅の師匠と言わせてもらった、「SOTOのしうさん」が、たくさん記事を載せていたので、買って読んでました。  情報満載です。

華湖丼 はこんな感じ。  1000円。    ご飯が、もう少し冷めていてもいい。
はなこ

おいしかった。
1942年。 湧別町のポント浜に、機雷が二つ流れ着いた。
そのうちに一つが、移動中爆発した。
見物人を含めて、112人が亡くなった。

慰霊碑があると聞いていたんですが、見つけれなかった。
海岸線が、工事中で、近づけなかった。

湧別港よりサロマ湖側の、砂浜。
港の展望台からの写真。 (良くわからないので、あとで、差し替えます)
ゆうべつ

湧別町芭露の郷土史に機雷の写真が載っていました。 (6章 戦争の影響 に)
  
      ※ クリックしたら、出てきます。
              リンクさせたって言うのかな。  初めて覚えました。
海岸線を南に降りることにしました。

コムケ湖の海とつながる部分です。
魚を釣る人が、ひとりもいません。    天気が良くないからか。

ここの湖は、カキが捕れます。(養殖)
他の所より、小さめで、色が白っぽく、まるい感じです。
大味でなく、おいしい。

年中、鳥がいます。
こむけ1

コムケ湖側。
この近辺は深いので、子どもを連れてって遊ぶ、という場所ではありません。
こむけ2

全体は、こんな感じ。
地図

コムケ湖のキャンプ場。
周りに遊べるところがないので、そんなに、混まない。
キャンプ場

シブノツナイ湖。    少し離れたとこにある。
冬、ワカサギが釣れる。   たくさんは、釣れない。
二つの湖の間に、昔、飛行場があった。
しぶのつない

二つとも、湖というより、沼っぽい。
   ※ 一般的に、5㍍以上深かったら、湖と言うそうです。

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。