FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

     ※
野球をラジオで聞いてます。
阪神戦しか、入りません。
応援実況。
阪神の選手の名前しか、出てきません。

初めて聞く、三木市を自転車で散歩しました。
この町の何かと、関わりがあったのか。
歴史的建造物群に指定されていない、古い街道がありました。
指定されてないと、どんな状態なのか。
そんなのを見てみました。  (7時20分)

     ※
知らない町を歩いてみたい」って歌で言うので、歩いて見た。
道の駅で、地図をもらった。
情報は、街道があることと、城の跡があることの二つ。

車は、観光協会の駐車場に。
少し行くと、こうだ。 アーケード
街道の雰囲気はない。

_MG_1815.jpg

見えてきた。
どこも、こうではないが、半分くらいこんな感じ。

_MG_1817.jpg

ここは、湯の山街道。  ここ。
16世紀に、秀吉が、三木市から神戸市にある有馬温泉へ、戦傷者の治療のために整備したとあった。

保存地区でないからか、電柱が残っている。

_MG_1820.jpg

江戸時代には、大きな陣屋が置かれ、参勤交代の通り道として利用されたほか、各地からの湯治客の往来で賑わった。

_MG_1825.jpg

何で秀吉なんだ、と思った。
後で、分かった。

この建物(左側)では、藍染めが展示してあった。

_MG_1828.jpg

誰もいなかったが、見てきた。

_MG_1829.jpg

この蕎麦屋で、昔の雰囲気は、おしまい。
街道は、広い道になっていた。
ここまで、2㎞くらいかな。

雰囲気がよかったので、入った。

_MG_1830.jpg

蕎麦屋の横にに、こんなトイレが。

_MG_1831.jpg

お地蔵さん。

_MG_1832.jpg

建物の中は、古民家風になっていた。
全部、新しく作ったという。

細い。 美味しかった。 上品な感じ。

_MG_1835.jpg

日本酒の好きな人なら知っていると思うが、ここは、酒米の山田錦の産地だった。
日本では、ここが中心。

_MG_1836.jpg

ここは、稲見酒造といって、有名なようだ。
試飲が出来るが、入らなかった。

丸い玉があるが、杉玉といって、新酒が出来たときに、下げるそうだ。

_MG_1837.jpg

三木城址があるというので、行って見た。
街道のそば。
小高い丘の上。

上って、説明を読んでるうちに、思い出した。
秀吉が兵糧攻めにした城があることを。
でも、これ以上は、何も知らなかった。

ここの城主に、別所長治とう城主がいた。 
13歳でなった。 5代目当主。

22歳の時、信長・秀吉側に味方しなかったため、攻められた。
毛利氏に味方した。
2年間、この城にとどまって戦ったが、兵糧攻めで負けた

誰も、助けには来なかった。
原城といっしょだ。

長治は、家臣と領民の命を救うことを条件に、自害することを秀吉に申し入れた。
1580年1月17日、一族と共に自害した。 23歳。
一族と共にだから、子供も家族もみんなだ。

最後は、原城とは違うが、悲惨な結末。
山の上には、城の跡は何もない。

_MG_1842.jpg

辞世のの石碑があった。

今はただ うらみもあらじ 諸人の いのちにかはる 我身とおもへば

〈追記〉 うらみというのは、毛利へのうらみだろうか。
     自分の、見通しや戦略の甘さに、気づいたのかな。

天草四郎も別所長治も、若い。  天草四郎のブログは、ここ。
何が足りなかったんだろう。

風林火山の武田信玄も若かった。
でも、軍師の山本勘助や、優秀な重臣がいた。
その辺が、違うのか。
テレビドラマの内容だが、勘助の考えた戦略は、生半可のものではなかった

_MG_1841.jpg

歴史的建造物群保存地区でない場合は、他の所も、三木市に近いと思う。
この三木市の湯の山街道にも、街道の標示が、いたるところにあった。
街道に思いを寄せている人が、この町にいることが、分かったかな。
でも、今の状態から、指定を受けることは、もう不可能でしょうか。

指定されてないと、保存のための補助とかを受けられない。
今日見た、三木市の街道に残ってた古い家は、個人の力で残して来たんでしょうね。
その人達の思いは、深いですよ。


_MG_1816.jpg_MG_1818.jpg_MG_1821.jpg_MG_1822.jpg_MG_1823.jpg_MG_1824.jpg_MG_1833.jpg_MG_1840.jpg

【今日の道の駅】   いながわ   兵庫県猪名川町  場所は、ここ。
             大阪に近い。

【温泉】     有馬富士温泉 山花乃湯  600円   ここ。

【明日の予定】   京都に近づきます。


《今日の歌》    生きている悲しみ(エムズの片割れ)

スポンサーサイト



akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。