FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

     ※
由布姫の墓に、お参りしてきました。
また、晩年勝頼と住んだという、高遠城にも行ってきました。
そこで、思いがけなく、この地が絵島(えじま)ゆかりの地であることを知りました。(7時54分)

     ※
今朝までいた道の駅に、中山道の中間地点の標示があった。
東海道が、雨で川を渡れないと予想したとき、中山道を通ることがあったようだ。 

今日は、由布姫
お墓は、伊那市高遠町の建福寺に。

もう一つ山を越えた、天竜川の上流です。
地図を見ると、峠はない。 たくさんのトンネル。
これは、走りやすい。

どうも、道路の整備状況は、県によって大きな差がある。
山の中の木曽に来てからも、今日の伊那も、家の軒先をかすめて走ることはない。
この差は、どうして生まれるのかな。
もしかして、政治家?  書きすぎるとまずいから、これ以上は・・・。

伊那市に入ったら、が降ってきた。
高遠まではあと少し。
建福寺から数キロ離れた道の駅に、まず行った。
今晩停泊できる雰囲気かの確認。 ネットの状況も。 大丈夫。
ダメだったら、今晩は諏訪湖の予定だった。

雨は止まない
ところが、この雨は止みました。
どこでだと思いますか。

建福寺の近くの駐車場に車を止めた。
雨は、まだ降っている。
ここから、寺は200㍍程。

傘を差して、車がやっと通れるような細い道を上り始めた。
カメラは、バックに入れて。
最後に左に曲がったら、建福寺が見えてきた。   場所は、ここ。
境内に入ると、左奥に、説明板のある墓が見えた

雨が止んだのは、その時です。
私は、手に花を持っていた。 
由布姫が、気を遣ってくれたと思いましたね。

これが、由布姫の墓です。
が、ありました。
私の花は、真ん中に置きました。
雨で水が溜まっていた。

長い年月が経って、文字は読めませんでした。

_MG_2401.jpg

左に説明板があって、下のように書いてある、とあった。
亡くなったのは、1555年の11月6日。
勝頼10歳の時、この地で。 この時25歳。
※ 16歳で、勝頼を生んでいる。

   _MG_2410.jpg

説明板に、由布姫は勝頼の母とあった。
由布姫の紹介はいつもこうなるが、勝頼が由布姫の子供だと思うんだが、仕方ないか。
勝頼の母だから、このように注目されるんだし。

_MG_2402.jpg

周りは、こんな感じ。 
隣には、ここを治めた保科家の墓もあった。

_MG_2409.jpg

高遠町の街外れの小さな山の上に、高遠城の跡があった。
建物とかは、何も残っていなかった。
城の取り壊しにあったため。(明治5年)

_MG_2415.jpg

山の上は、広く平。
写真の辺りに、本丸があった。 
昔はなかった木が、今はいっぱいに。

_MG_2420.jpg

信玄の五男が、1831年、織田軍とここで戦った。 負けた。
風林火山の武田家は、ここで終わりを遂げる。
その五男の霊を祀っている。

_MG_2421.jpg

木が邪魔をして、高遠の町全体を見下ろせない。
写真の、右の方に中心街が。
由布姫や勝頼が見た風景です。 家並みは違うが。

_MG_2424.jpg

近くに、歴史資料館があるので、行ってみた。
由布姫や勘助については、何もなかった。 保科家についてが、ほとんど。

その隣に、「絵島囲み屋敷」があるという。
絵島って、何だか分からない。 聞いた。
この人について、私は知らなかった。
名前を聞いたことがあるだけ。

そうこうしているうちに、思い出した。
あの歌だ。
手仕事屋きち兵衛の、「風の桜衣(はなごろも)」だ。
あれは、この人を歌った歌だ。
「今日の歌」に、以前載せた。 いい歌だ。

高遠の桜は、江(絵)島の切なさと哀しみが染め上げた、と歌っている。
    これです。  風の桜衣(エムズの片割れ)
高遠城の桜は、名所となっている。

_MG_2430.jpg

絵島は大奥のトップにまでなった。 しかし、絵島・生島事件というので、ここに流された。 
  ※ 詳しくは、ここに。
   
この小さな家のこの部屋で、涙も涸れ果て、静かな日々を送った。

_MG_2432.jpg

絵島事件は、大奥の勢力争いでもあったようです。

昨日書いた、明日の予定に、何か見つけたいと書きました。
絵島に出会いました。
ネットで、絵島の浮世絵図とか探しましたが、見つけられませんでした。

由布姫については、分からないことが多い人です。
でも、私は、井上靖が書いて、内野聖陽と柴本幸が演じた風林火山が好きです。
柴本幸は、父親が柴俊夫、母親は真野響子です。 大きな目は、柴俊夫そっくり。
由布姫と柴本幸は重なります。   柴本幸についてのブログ


【今日の道の駅】   南アルプスむら長谷  場所は、ここ

【明日の予定】    諏訪市に行きます。 由布姫ゆかりの地があります。
※追記  小坂観音堂 高島城   
         浅間温泉玉の湯ホテルで、きち兵衛のCDを買う。(連絡取れた)


【今日の歌】     安曇野(エムズの片割れ)  手仕事屋きち兵衛です。 CDの売ってるホテルが分かりました。 明日連絡取って見ます。 浅間温泉です。  

スポンサーサイト



akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。