FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

     ※
トムラウシ山で遭難事故がありました。
夕方から、遭難の時刻と場所、走行ルートを調べてみました。
だいたい分かりました。
情報源の中心は、読売新聞のネットの記事です。
※毎日新聞からも。

ヤフーの地図を、直接貼り付ける方法が分からないので、写真に撮りました。
これから、それの整理です。
今日は、遅くなっても、事故の経過や問題点をまとめてみたいと思います。

今は、東大沼のキャンプ場の駐車場にいます。


山の好きな人の年賀状に、よく、トムラウシ山の頂上での写真がある。
北海道で一番高いのは旭岳なのに、トムラウシ山です。
旭岳は、ロープウェーを使うと、誰でも登れます。
しかし、トムラウシ山は、トムラウシ温泉の方から、5・6時間かかる。
この山を目指す人は、ほんとうに山の好きな人だ。

今回のツアーは、18人。 客15人。ガイド3人。
名古屋や広島の人達。
このパーティーで亡くなったのは、8人。
※ トムラウシ山で単独の人が一人と、美瑛岳で一人亡くなった。
※ 全体では、10名。

18人のパーティの日程は、14日の朝に旭岳温泉を出発して旭岳に登り、16日にトムラウシ山に登って、トムラウシ温泉に着く予定だった。2泊3日。
※追記 白雲岳、忠別岳にも登って。

トムラウシ山の北に、16日の朝スタートする、ヒサゴ沼がある。

_MG_3919no7.jpg

14日の朝、ロープウェーに乗って、旭岳・トムラウシ山の縦走はスタートした。
旭岳には、ロープウェーの終点から、姿見の池の側を通って行く。
点線が、登山道
若い頃、登ったことがある。3回。

_MG_3928no7.jpg

次の日の15日には、予定通り、ヒサゴ沼に着いていた。
見づらいが、点線の登山道が見える。

_MG_3932no7.jpg

18名は、下の地図の避難小屋に泊まる。

_MG_3926no7.jpg

ヒサゴ沼。

hisagonumano7.jpg

16日朝、出発予定は5時だった。
強風が止むのを待っていたが、ガイドの判断で、5時半頃スタート
※追記 この日の、行動日程は11時間。悪天でなくても、大変なコース。

上の方の写真の点線を歩く。
ここでのガイドの判断が、全てを左右することになる。
※ ガイドの判断の材料は何だったのか、については後ほど。

スタートした後、強風は止まない。20メートル以上。
※この風は、大人でも立っているのがやっと。
  3年程前の台風で経験した。校舎の周りの木が、何本も倒れた。
も降っていた。 横殴りになる。
気温は、10度以下っだたと予想されている。

服装が十分ではない人がいた。(報道で言ってる)
ということは、雨を通さないカッパなどは、全員着ていなかったと予想される。

出発して、2・3時間後には、体温を奪われて歩みが遅くなる人が続出する。
体を濡らした人から、先に体温を奪われていく。

出発して約5時間後の、午前11時前には、下の写真の北沼の近くまで来た。
この時、一人の女性が低体温症で動けなくなった。さらに1時間後には、別の女性が意識不明になった。

参加者の中から、救助要請を求める声があがった。
でも、実際に救助要請する最初の電話は、午後4時前だった。
4時間以上後だ。
ここでの判断も重要だった。

_MG_3937no7.jpg

上の写真の北沼の近くにテントを張った。
3人のガイドのうち2人と、男女5人計7人が、ここでビバークすることにした。

残りの11人は、トムラウシ山の山頂は目指さないで、山を迂回するように、上の写真の左の点線を通って下山するコースを歩き始めた。(そう見られている。間違いないと思う)
この時、12時頃と予想される。
※追記 トムラウシ山の近くは、四つん這いで歩いたと言う。(男性の証言)

この11人の中にも、体力を消耗する人が出てくる。
男性1人が、上の写真の、トムラウシ山の左下の分岐点で、動けなくなった。
距離から考えて、午後1時頃か。

さらに、そこから2㎞先の、前トム平で、女性4人が動けなくなった。
一番下の地図に、この場所が載っている。

下山を始めた11人のうち、5人が動けなくなった。
さらに下山を続けることが出来たのは、6人。

_MG_3943no7.jpg

6人は下山を続け、午後4時前に、五合目付近にたどり着いた。
下の地図では、前トム平の下の方で、川を渡って少し下っている辺りか。

この頃には、6人のうち、ガイドを含めた3人が衰弱していたという。
道警への最初の電話は、この頃だった。
ガイドが電話した。 上にも書いた4時前。

誰もが体力の消耗が激しかったから、最後は、みんな散り散りになってしまう。

上の少し後の4時半頃、北沼近くのテントでビバークしていた7人の中のガイドから、メールで、「7人下山できない」と救助要請が道警にあった。
さらに、30分後の5時頃に、「4人くらいダメかもしれない」と連絡が。
道警側からも、この後連絡を取っているが、午後11時18分には、電話に応答しなくなったと言う。

tomurausino7.jpg

救急車は、上の写真の登山口で待機していた。

真夜中の午後11時30分頃、最初の1人が下山してきた。
6人のうちの1人だ。やっと、たどり着いた。
※ この人は、男性。
※追記 18時間歩き続けた。

その1時間半後の、午前1時頃に2人。 これで、3人が下山。
※追記  同時にかは分からないが、女性と男性。19時間以上歩いた。
6人のうち、自力下山したのは5人。
5人目の人(男性)が下山したときには、午前4時45分。
夜が明けていた。
※追記 この人は、23時間以上かかった。

この時は、もうヘリコプターでの救助は始まっており、最初の犠牲者は、ヘリで収容されていた。

※ この頃、単独で登山していた男性の遺体が、南沼の近くで見つかっている。南沼は、分岐点辺りか。

読売の記事に、こんなのがあった。

仲間とはぐれ、1人で下山したという女性は、「途中で座り込む人もいた。途中から2人で行動していたが、相手が歩けなくなった」と振り返った。

上の文から考えると、この女性の後には、あと2人います。
午後11時半頃に1人、午前1時に2人ですから、この人は4番目に下山した人ですね。
※追記 4番目です。

ここで、亡くなった人は、どこにいた人かと言うことだが、上に6人のうち自力下山できたのは5人という表現をしているから、後の1人は助かっていますね。
※追記 助かりました。女性です。(ヘリで救助の写真がありました)

と言うことは、命の危険にさらされていたのは、
北沼でビバークしていた7人の中の4人と、分岐点で動けなくなった男性1人。それと、前トム平で動けなくなった女性4人。 計9人です。
犠牲者は8人ですから、この中で、1人助かっています。
テントに残った人が、助かる可能性が高いように思う。
テントから出て動けなくなったら、体は一気に冷えていくと思うから。

男女の人数が分からなかったが、亡くなった方と助かった方の名前が発表されているので、それで分かった。

参加者は、男性8名(3名はガイド)と女性10名。 計18名。
亡くなった方は、男性2名(ガイド1名)と女性6名

ガイドの男性が1人亡くなっているが、この人は61歳。
ガイド3人のうち、二人は30代。
今回のコースを経験しているのは、1人だと言う。
その1人が、下山に付き添ったと考えていい。
それは、61歳の方だ。 
「ガイドを含めた3人が衰弱した」とあった。(上にも書いた)


今回の遭難事故について、いろんな声があるので、いくつか紹介します。

ヒサゴ沼を出発するとき、風が強いと感じた。ガイドは出発すると言ったが、無謀だと思った。(朝の4時半過ぎ、5番目に下山した男性。自力で最後に下山した人)

参加者の技術や体力に差があって、隊列が長くなって、はぐれそうになったことがある。(このよう な企画に参加したことのある女性。70歳)

このような企画は、見知らぬ人ばかりのため「きつくて歩けない」と言い出しにくい雰囲気になる。(登山家 田部井淳子 69歳)

帰りの飛行機の時間が決まっており、天候が急変しても、日程を変更しにくい面がある。(男性)

ひと夏に、2・3回あるかないかの、ひどい暴風雨だった。(山岳ガイド この人も、今回ツアー客を連れて、トムラウシを目指していた。事故のあった前日の15日に引き返した)

中高年の人は、体熱をつくる能力や体内の異変を察知する力が、若い人より衰えている。(登山医学界理事の方)


まとめ

ガイドが、ヒサゴ沼の山小屋を出発するときの判断材料の中に、上にも指摘があった、帰りの飛行機の時間があったのは確か。それをどれだけ気にするかの大きさは、社長の日常の姿勢によると思う。社長はインタビューで、そういうことはないと言っているが、それは嘘。

なぜ、もっと早く電話をしなかったのか。客がガイドに要請しているのに。客が勝手に電話してもよかったと思う。意識不明の人が出ているんだから。
救助要請したら、遭難とみなされ、山小屋を出発するときの判断の誤りは当然指摘される。でも、今となっては、全員の命を守ることの方が大事だと判断することは、そんなに難しいことではなかったように思う。この時点でパニックになっていたのか。

最初の異変があった午前中に電話していれば、その日に救助は始まった。そうしたら、亡くなった8名のうちの多くは助かったと思われる。

※追記 スタートして2・3時間後か少なくても北沼辺りで、ヒサゴ沼の避難小屋に戻るという判断がありましたね。それなら、みんなで助け合って全員戻れた。火を焚いて体を温めることができた。体力のある人が、まだ残っていたし。救助隊にとっても、まとまっていてくれた方が助けやすい。

疑問が一つ。
救助の最初の電話は、午後4時前。
ヘリはすぐに出せなかったのか。
風速20㍍を越えたら、飛ぶのは無理か。
ヘリが飛んだのは、次の日の未明からのようだ。

責任者の判断が、人の生死を左右した。
残念な事故です。

亡くなった方のご冥福を祈って、ここまでにします。


今日は、この事故がなぜ起きたか、それを詳しく知りたかったので書きました。
東大沼の写真は、明日載せます。

北海道の夜は、平地でも寒いです。
もうすこしで、5人目の人が下山した時刻になります。
夜は、寒くて長いです。


【今日の道の駅】   道の駅でなく、東大沼のキャンプ場。  この辺り

【明日の予定】     決まっていません。
※追記 先日のブログに、私が通ったコースを追いかけてきいきてるKameさんのことを書きました。そのKameさんは、20日の14時に、大間から函館に渡ります。16時前に函館に着きます。そのあと、今私がいる東大沼のキャンプ場に来ます。今晩(20日)は外で焼き肉です。必要な物は積んでます。

《今日の歌》      無しにしましょう。


スポンサーサイト



akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。