FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

     ※
追記】 昨夜は、写真の整理が終わったときには、エネルギーが切れてた。それで、追記を書きます。

※追記 今日の楽しみは、頂上から周りの山を見ることと、高山植物の写真を撮ること。
大雪山のお花畑のことを、カムイミンタラと言う。
神々の遊ぶ庭、と言う意味だそう。

晴れる保証はなかったけど、7時半に旭岳温泉に向かった。
朝は曇りだった。 車で走っていたら、時々晴れた。
それで、ロープウェーに乗った。

※追記 8時40分 上のロープウェーの駅を出発。花の写真を撮りながら歩く。

ここは、姿見の池。 鐘がある。
昔、この山で遭難事故があって、これが作られた。

_MG_4614.jpg

天気が良ければ、ここに旭岳が写る。まだ雪が残っていた。

_MG_4611.jpg

トムラウシを見られる可能性があると思って、登り始めた。 ちょうど、9時。
少し登って下を撮影。
途中まで、半袖。 時々青空が見えた。

_MG_4621.jpg

6合目辺りから、急な登りになってきた。
14日の朝、あの遭難した人達も、この道を歩いた。

_MG_4624.jpg

山の稜線を登る。
ゆっくり登れば、そんなに疲れない。小学生も登っている。
降りてくる人と、何回もすれ違った。

_MG_4631.jpg

この辺りまでは、下を見ると姿見の池が見えた。

_MG_4634.jpg

ガスが濃くなってきて、上はさっぱり見えない。

_MG_4641.jpg

8合目。 10時5分。

_MG_4642.jpg

左右の斜面が急なので、落ちないようにしなければならない。

_MG_4644.jpg

上から、5人が大きな荷物を背負って降りてきた。
トムラウシから縦走してきたという。
山に1週間いたそう。

※追記 トムラウシ山を、だれもそう呼ばない。みんなトムラウシ

_MG_4645.jpg

9合目。 10時25分。 あと少し。

_MG_4649.jpg

頂上が見えてきた。 人でいっぱい。

※追記 この後もっと増える。

_MG_4651.jpg

頂上に着いた。 10時40分。

※追記 ちょうど、2時間歩いた。山登りする人にとって、旭岳は北海道で一番高いが楽な山だそう。

普段、こんなに坂を登ることはないから、疲れた。

_MG_4656.jpg

周りは、何も見えない。

_MG_4657no3.jpg

水を少し飲んで、おやつを食べた。
少ししたら、雲の切れ間から、青空が見えだした。
雲の動きは速いから、あっという間に、下のようになった。
右側の高い山は、北鎮岳って言ってたかな。

私は分からないから、他の人の地図を覗いていた。
地図と磁石を使って、調べている人がいた。

_MG_4662no2.jpg

_MG_4662no5.jpg

今気づいたんだが、携帯のナビってないのかな。
それを使えば、何でも分かる。道に迷うこともない。
右に曲がれって、言ってくれるかも知れない。

トムラウシや十勝連峰は、最後まで見えなかった。 残念。

_MG_4668no2.jpg

_MG_4668no5.jpg

頂上には12時少し前までいた。晴れるのを待った。
退屈だから、いろんな人と話した。

福島県から車で一人で来たという女の人は、トムラウシに登りたいと言った。
土日なら人が多いから、その日にするかも知れないと。
明日は、十勝岳に登るそう。
私が行った、福島県の雄国沼を詳しく知っていた。
※ニッコウキスゲがあったところ。  ここに

下の写真の人は、一人でトムラウシに向かった。
すぐ、霧の中に見えなくなった。

_MG_4669.jpg

下のおじいちゃんは、84才。
これから、愛山渓温泉に向かうという。
若い頃、元旦に、ここに来たことがあると言った。

私は「おじいちゃん、一人で大丈夫かい」って聞いた。
「疲れた時は寝る。ずっと寝てしまってもいい」と冗談を言った。

_MG_4670.jpg

12時前に、降りることにした。
降り始めたら、天気が回復してきた。
下りは、疲れないが足が痛くなる。

※追記 下る方が、坂が急に感じる。

途中で、12人のツアー登山者に出会った。名札を付けてるので、そう思った。
この人達も、お互いみんな他人なんだろうなと思った。
雰囲気でも、そう感じた。

※追記 同じことを、福島から来ていた人も感じていた。まったく会話がなかったって。

_MG_4676.jpg

1時間くらいで、姿見の池に着いた。

_MG_4679.jpg

噴煙をあげてるところがあったので、見てきた。
600年前の爆発まで、旭岳はもっともっと高かった。
その説明板があった。

_MG_4688.jpg

旭岳がだいぶ見えてきた。

_MG_4713no2.jpg

_MG_4713no7.jpg

トムラウシは、雪渓のずっと向こうに隠れている。

_MG_4716.jpg

花の写真は下です。
山は花が多い。 いっぱい咲いていた。

花の名前は、上に書いた福島の人が教えてくれた。
別々に降りてきたが、姿見の池で、また一緒になった。

※追記 せっかく教えてもらったが、半分以上忘れてしまった。調べるのに時間がかかった。

ミヤマリンドウ

_MG_4584.jpg

これは、?。  花なのかな。

_MG_4589.jpg

ハクサンチドリ

_MG_4598.jpg

ミヤマキンポウゲ

_MG_4612.jpg

エゾノマルバシモツケ

_MG_4617.jpg

コガネギク

_MG_4698.jpg

エゾコザクラ

_MG_4701.jpg

おなじ。

_MG_4706.jpg

チングルマ

_MG_4702.jpg

エゾツガザクラ

_MG_4703.jpg

_MG_4703no5.jpg

俵万智が大雪山に来て、この歌をつくった。(いつか、ブログに書いた)
「風吹けば 風吹くままにももいろの 首振るわせる コマクサの花」

※追記 私も考えた
「風吹けば なにを言っても 首振るばかりの コマクサの花」
どうでしょう。 ・・・?


そのコマクサです。もっときれいに写真が撮れないものか。技術とレンズが必要ですね。他に天気とかの条件も。

_MG_4685no2.jpg

_MG_4685no5.jpg

カムイミンタラ。素敵な響きです。
神々が遊ぶ庭。まさに、そんな感じのする花畑でした。


【今日の道の駅】    東川の駐車公園にいます。

【明日の予定】     決まっていません。 十勝の方に行きたいが、どっちから行くか。 面白いもにはあるのか。  東北が暑くないのなら、早めに戻ることを検討中。

※追記 天人峡へ行って、羽衣の滝を見てきます。縦に長~い写真に挑戦します。

《今日の歌》     君をのせて(YouTube)  麻衣というひとです。この人は、この曲を作曲した久石譲の娘さんです。

スポンサーサイト



akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。