FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

比叡山麓にある曼珠院詩仙堂に、紅葉を見に行ってきました。
京都市街とは空気が違う、静かな佇まいでした。
曇ってはいましたが、そのなかで鮮やかにモミジは、輝いていました。


昨日の大原は、世を離れた人が、そっと住んだ場所だった。
今日行く所は、修学院利休などがあり、昔貴族の別荘があったところ。

京都駅から、地下鉄で御所のそばの今出川駅まで行った。
近くに息子は住んでいるので、そこから一緒に、叡山電鉄の始発駅、出町柳まで歩いた。

地図では、こう。

IMG_1319mmmp.jpg 

御所の北面沿いを歩いている。 御所の中は広い。 夕方歩く。

9年11月29日 (1) 

鴨川はここで分かれる。 
左は加茂川。(字が変わる) 鞍馬寺の方から来てる。
右側は、高野川。 大原や、比叡山の方から。

この橋を渡ったら、出町柳の駅。

9年11月29日 (2)

修学院の駅で降り、曼珠院に向かった。 紅葉の状態がいい。

9年11月29日 (3)

一つの枝だけが、真っ赤。 こんなのがあるとは・・・。

9年11月29日 (4)

曼珠院の前。 綺麗な苔だった。

9年11月29日 (5) 

曼珠院
ここは、竹内門跡とも呼ばれる門跡寺院(皇族・貴族の子弟が代々住持となる別格寺院のこと)。
国宝の黄不動画像や曼殊院本古今和歌集などがある。

9年11月29日 (17)

真っ赤に紅葉している木が、何本かあった。 これが、本物の紅葉かな。

9年11月29日 (6)

砂に模様をつけた、枯山水の庭だった。 

9年11月29日 (7)

この後行く、有名な詩仙堂より、こっちの庭の方が良かった。

9年11月29日 (9)

伊勢物語。
後小松天皇は、一休さんのお父さん。
※ 一休さんは、この天皇のご落胤と言われている。 (落胤・・・天皇の隠し子のようなものかな)

9年11月29日 (10)

古今和歌集。 (この辺りは写真OK。  ほとんどは、撮影禁止)

9年11月29日 (11)

中の様子。 桂離宮に似てると言われている。

9年11月29日 (12)

谷崎潤一郎が贈ったという鐘。 

9年11月29日 (13)

上の方の木と、同じかな。

9年11月29日 (15)

小さな庭だけど、これもいい。

9年11月29日 (16)

曼珠院の紅葉は、十分に良かった。

詩仙堂に向かう途中。 なかなか。

9年11月29日 (18) 

詩仙堂の建物。 庭から撮影。

ここは、江戸時代初期の文人、石川丈山の山荘跡だそう。 寺でもある。

9年11月29日 (19)

人が多くいた。 庭のまるい刈込の木が、目立ち過ぎていた。

9年11月29日 (20)

紅葉は、全体で、それなりの状態だった。 わるくはない。

9年11月29日 (21)

白いススキのようなのが、いいでしょうか。

9年11月29日 (22)

いいですね。

9年11月29日 (23)

この木に、多くの人が注目。 色が混ざっている。

9年11月29日 (25)

同じ木で、この枝は、赤が強い。 初めて見た。

9年11月29日 (26)

詩仙堂は、庭全体の紅葉が良かった。 そんな感じだった。

戻るときに、この木が。
クロガネモチと名前がああった。 区民の誇りの木と、表示されていた。

9年11月29日 (27)

ここは、一乗寺の駅。 こんな電車が走っている。

9年11月29日 (28)

薄暗い中、御所の中を通って、今出川の駅に向かっている。

9年11月29日 (29)

今日見た紅葉は、良かった。
京都の紅葉を追うのは、これで終わりにします。

今日は、動きません。
これからのコースと、冬に向けての準備をします。

※ このブログの文は、30日の朝書いていた。
  その時、ある人が訪ねてきた。
  余市の道の駅で、コーヒーをご馳走になった人。
  京都に、もう何日もいるという。

  午後から、亀山を案内してくれる。
  出かけない予定だったが、行ってきます。

  しばらく話していたので、ブログは遅くなりました。


【道の駅】   同じです。 ガレリア亀岡。 ここは、温泉もある。

【明日の予定】   動かない。

【ブログランキング】  国内旅行6位です。 

ランキング
スポンサーサイト



大原の里に行ってみた。
今回は寂光院に。
京都駅から、バスに乗った。 道が混んでいるので、1時間近くかかった。

バス停からは、15分ほど歩く。
寂光院は、下の写真の少し山の中にある。
美しく紅葉している木に、時々あった。

9年11月29日 (2)

このような道を歩いた。  

9年11月29日 (3)

大原の里、という雰囲気だ。

9年11月29日 (9)

紅葉を目的に、みんな来ている。

ここを上ったら、寂光院の本堂。

9年11月29日 (4)

これが本堂。 平成12年の火災で全焼した。 これは、復元したもの。

この寺が開かれたのは古く、聖徳太子が父の用明天皇を弔うために建てた。 

9年11月29日 (5)

本堂の右側の庭。  紅葉は、まあまあ。でも、庭全体は綺麗だ。

9年11月29日 (6)

左の木は、千年姫小松と呼ばれていたが、火災で弱り枯れてしまった。

9年11月29日 (8)

この松は、平家物語に登場する松だそう。

9年11月29日 (13)

本尊も火災で損傷し、別に保管していた。 これは、新しい。

9年11月29日 (7)

この人が、健礼門院徳子。
平清盛の娘で、高倉天皇の皇后。 そして、安徳天皇を産む。

壇ノ浦で平家は、義経に負ける。
この人は、助けられるが、我が子安徳天皇は亡くなる。

平家一門と安徳天皇を弔い、この地で過ごす。

9年11月29日 (15)

この人は、健礼門院につかえた人。 崇徳天皇の寵愛を受けたが、出家してここに来た。
大原女のモデルの人。 あのような服装をしていた。

9年11月29日 (14)

1枚撮らせてもらった。 いいポスターはなかった。

9年11月29日 (16)

この寂光院は、秀頼や家康に大事にされたため、今に残った。
小さな寺だったが、大原の里に似合うものだった。

戻るときに撮影。 こんなお店が。

9年11月29日 (17)

途中から見た、大原の家並み。

9年11月29日 (18)

帰り、バス停で、東山の寺全体がライトアップしていると聞いた。
そっちに向かった。

着いた時は暗くなっていた。
知恩院も高台寺も、入場するため、人が並んでいた。

円山公園で、大道芸をしている人がいた。
面白かったので、30分ほど見た。

9年11月29日 (19)

ここは、三年坂。 みんな清水寺に向かっている。
この坂を上ったら、清水寺まで、長い行列が出来ていた。

9年11月29日 (10)

清水寺に着いた。 三重塔。 

9年11月29日 (20)

これは、庭園の池。 水面に写っている。

9年11月29日 (21)

人の数は半端でなく、確認していないが、数万人は今晩集まったと思う。(追記 確認しました。 数万人です)

境内全体がライトアップされていた。 幻想的な雰囲気だ。 (紅葉の美しさと言うより、光の芸術だ)

9年11月29日 (22)

清水の舞台。

9年11月29日 (25)

市街地の左の方。 京都タワーが見える。

9年11月29日 (23)

右の方。

9年11月29日 (11)

和服姿の人もいた。 京都に似合うと言っていいでしょうか。

9年11月29日 (26)

音羽の滝。

9年11月29日 (27)

帰りに下から撮影。

9年11月29日 (12)

七時半ころ。 ここは、三年坂の下の二年坂。 まだ、多くの人が向かっていた。

9年11月29日 (28)

京都駅に行くのだが、バス停は混んでいて乗れない。 50分ほどかけて、歩いた。

京都駅。 8時半ころ。 この後、息子と近くの店で、焼肉を食べた。 

9年11月29日 (29)

10時半ころの電車で、亀岡に帰ったが、居眠りして亀岡駅を通り越してしまった。
ここは、隣の「なみかわ」という駅。 次の電車を30分待った。
車に戻ったら、12時を過ぎていた。

9年11月29日 (1)

ライトアップした紅葉は、幽玄と言うか、そんな雰囲気だった。
紅葉とは、別のものを見ているように感じた。

室生寺で出会った高校生が言った、光を透かして見た時の紅葉の美しさ、それにはかなわないでしょうか。
それでも、わるくはありませんでしたが。

寝不足が続きます。  ※ 今日歩いた歩数は、28200歩でした。


【道の駅】    同じです。

【明日の予定】   修学院離宮を考えていたのですが、日曜日で休みでした。
            近くの、曼珠院に行きます。 京都は、最後になるでしょうか。
            昼間の紅葉の、いい写真を目指します。

【ブログランキング】   国内旅行5位です。 ありがとうございます。

ランキング

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。