FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

昨日、富岡城から見た、小さな砂嘴はこれ。 名前は、巴崎。
ハマジンチョウという花の群生地だそう。 咲いてるのは、この時期。

10年2月7日 (18)

※ 砂嘴は、さしと読む。 砂が堆積して形成された、嘴 (くちばし)の形をした地形。
    北海道の、野付半島が有名。   砂嘴(Wikipedia)


※ 富岡半島は、島が砂洲(さす)でつながっている。  
    函館も、ここと同じつくり。   砂洲(Wikipedia)


巴(ともえ)崎の付け根に、向かった。

そこは、小さな港だった。  遠くに富岡城。   ここ

10年2月8日 (1)

10年2月8日 (2)

巴崎の砂嘴は、このように伸びていた。 先端は見えない。  海は、巴湾。

10年2月8日 (44)

道は、外海の方にあった。 そっちを歩いた。 この後行く島、通詞島が見える。

10年2月8日 (3)

普賢岳。 今日も、雲で上が見えない。    ※ 全部の山をまとめて、雲仙岳。

10年2月8日 (4)

向こうから、歩いてきた。

10年2月8日 (5)

中間くらいまで来た。 細くなった。  ハマジンチョウの花は、見つからない。

10年2月8日 (7)

先端が見えた。

10年2月8日 (6)

先端までは、大分距離があるので、戻った。

林芙美子の文学碑に向かった。
近くに頼山陽公園があり、そこに車を置いた。  この辺り

この辺り全体が、公園として整備されていた。  島をつないでいる、砂洲の部分。

10年2月8日 (11)

反対側。                       こんな道も。

10年2月8日 (12)  10年2月8日 (10)  

いろんな花。

10年2月8日 (8)  10年2月8日 (9)  

そうして、この花が。 ハマジンチョウ。

10年2月8日 (13)

こんな花。 いいですね。  ※ 県指定の天然記念物

10年2月8日 (14)

漢字で書くと、浜沈丁。   ※ 沈丁花とは、種類が違うみたい。

IMG_8252ddfgs.jpg

頼山陽の碑。                   石碑の左半分。 右は、頼山陽の顔。 似てる?

10年2月8日 (15)  IMG_8255jjjjn  IMG_8175lllm

林芙美子の文学碑は、岡野屋旅館にある。 すぐ近く。

10年2月8日 (16)

途中寄り道した。 海に出てみた。

10年2月8日 (17)  10年2月8日 (18)

                           さっき行った砂嘴の先端が、目の前。

10年2月8日 (19)  10年2月8日 (20)

山の上に、富岡城。 向こうの島が、砂洲で繋がった。

IMG_8265ppkon.jpg

10年2月8日 (22)

途中に、こんなのが。 誰のかは、分からなかった。  海は、豹変する。

10年2月8日 (23)

どこを歩いているか分からなくなって、人に聞いた。 案内してくれた。
文学碑は、玄関前の小さな庭にあった。

昭和25年4月21日、長崎の西の茂木からここ富岡港に来た。 そして、この旅館に1泊する。
『天草灘』という作品の取材旅行だった。  (関係ないが、私が生まれる4か月前のこと)
その時の部屋は、今も残されており、宿泊が可能だそう。

IMG_8274ccvb.jpg

うまく表現できないが、この人の文はいい。  ※ そう言いながら、放浪記はまだ読んでいない。

IMG_8272nnmbh.jpg

石碑の下には、こんな文が。 読めないとこがあったので、調べてみた。 写真の下に。

10年2月8日 (25)

「天草灘」より抜粋

 私は、暫く、呆んやりと窓を見つめてゐた。鉛色の水平線が、窓の外で高くなったり、低くなったりしてゐる。
 「天草は、おはじめてですか?」
彼女が聞いた。
「いいえ、もう十一ニ年前でしたが、一度来た事があります。富岡の松木さんと云う雲丹屋さんで、美味しい雲丹を買った事がありました」
「今夜は富岡でお泊りですか」

※注 雲丹は、ウニのこと。

私を案内してくれた人が、旅館の人を呼んでくれたが、誰もいなかった。
林芙美子は、次の年の6月に、心臓麻痺でなくなる。 47歳だった。

駐車場に、戻った。

10年2月8日 (27)  10年2月8日 (28)

通詞島に向かった。

10年2月8日 (37)

塩づくりが見られる期待があった。

10年2月8日 (38)

間もなく、苓北町をでて、天草市。       橋を渡ったら、通詞島。

10年2月8日 (39)  10年2月8日 (40)

釣り人がいた。 鹿児島市から。 釣れてない。

10年2月8日 (29)

島を一回り。  通詞は、通訳のこと。 昔その仕事の人が、この島に住んでいたそう。
釣り人が教えてくれた。

10年2月8日 (41)

塩をつくる工場。 休みだった。

10年2月8日 (30)

途中に、塩のお店もあったが、猫がいっぱいいたので、寄らなかった。 野良猫がどこにでもいる。

10年2月8日 (42)

もう少しで、一回り。

10年2月8日 (43)

防波堤があって、たくさんの釣り人が。

10年2月8日 (31)

小さなアジ。 15㌢くらい。 アジは、大きくても小さくても美味しいという。 だから人気。

10年2月8日 (32)

撒餌。(まきえ)

10年2月8日 (33)

この人と話していた。 仕掛けは、こんなの。

10年2月8日 (34)

そのうち、みんなでおしゃべり。 
寝そべってる人が、女の人の旦那さん
福岡で働いていたが、退職して、苓北町に来た。 住みやすいという。

釣りをながめて、延々とおしゃべり。 楽しかったな~。(2時間以上)

IMG_8300sssad.jpg

話の後半は、旦那さんと。 苓北町で、町づくりに関わっているという。 
農産物をどう売るかということを中心に。 (都市への、販売ルートをどのように作るか)

町づくりがうまくいったら、若者が住むようになる。
そうなるといいねって、話は終わった。


問題です。 下の写真に、何がいるか分かりますか。 

IMG_8295bbbng.jpg

ヒントを言ったので、答えはいいですね。

今日は暑い1日でした。 23度くらいあったかな。 夜の8時でも、18度。
北海道の5月の、天気のいい日。 いや、6月かな。



【停泊場所】   おしゃべりしていた岸壁の駐車場。   ここ

【明日の予定】  南に向かいます。 牛深から、鹿児島県に。
         迷ったんですが、観光地でない方に行くことにしました。
         海を渡るのは、10日になりそう。

【今日の歌】   池上線(YouTube)   西島三重子  この人も、昭和25年。 私より1日おそい。

          池上線(YouTube)   原曲。 若い時に歌ったもの。 これが一番いい。

          池上線(YouTube)   チェウ二と西島三重子、両方。 エムズの片割れ。 音がいい。 西島三重子の方が好き。   

           

【ブログランキング】  7位です。

ランキング

スポンサーサイト



akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。