FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

天草に入ったのは、1月31日。 大矢野島で、天草四郎のメモリアルホールを見た。
それが、スタートだった。

数日で通り過ぎるかと思ったら、11日いることになった。
天草四郎の歴史と、豊かな自然が、そうさせたと思う。
また、多くの人と関わり、思い出もいっぱいできた。

今日の牛深が、天草の最後。   ※ 牛深・・うしぶか


停泊場所から、撮影。 向こうは、フェリーターミナル。
ここで、昨夜は、たくさんの雷を聞いた。

10年2月10日 (1)

反対側。 山の上は、雲の中。 遠見山の展望台に行きたいが、これならダメだ。

10年2月10日 (2)

海にハイヤ大橋が架かっている。 見に行った。 変わった橋だった。
どこから写真を撮るかが、むずかしい。

10年2月10日 (3)

正面は、フェリーターミナル。 右に橋。
左にある船は、「はくつる」。 水産庁の船。  ※ 違法操業などを監視、又は取り締まる船。

※ 富岡ビジターセンターのUさんの友人が乗ってると聞いていたので、見に行きました。
  人がいたら、声をかけようと思っていましたが、いませんでした。

10年2月10日 (4)

ハイヤ大橋の下から、写真を撮ってみた。 設計は、イタリアの建築家だそう。
橋そのものが、とにかく目立った。

まるで龍というか、橋に動きを感じた。

10年2月10日 (5)

どう写真を撮るか、久しぶりに考えましたよ。 

IMG_8390vvblm (1)

橋の他に何かが写る。 それをどう入れるか、そこが難しい。
※ 曲線と直線の組み合わせ、空間のバランスとかが、写真の善し悪しを決めるのか。 何かがあるんですね。
※ 望遠で撮るのと、近づいて同じ大きさで撮るのとは、全く別の写真になる。

一句できました。
「ハイヤ橋 海にまたぐ 牛深の龍」   まあまあでしょうか。

IMG_8390vvblm pp

右の大きな建物は、うしぶか海彩館。

10年2月10日 (10)

こういうのを、回流型水槽というそうだ。 
泳いでいなければ生きていけない魚は、これがいいんでしょうね。 

10年2月10日 (8)

ミニ水族館のように、たくさんの魚がいた。 直売所やレストランもあった。
冬だから、観光客は、ほとんどいない。

10年2月10日 (9)

牛深の町全体を見るため、牛深公園に向かった。 山の中腹にある。
雨が降ってるので、どうしても霞む。 これ以上登ると、雲の中。

向こうに見えるのは、下須島。  横に見える橋の中間あたりから、橋が分岐して、向こうの島に伸びている、

10年2月10日 (13)

上の写真の右の方。 上の写真の左にも、街並みがある。
牛深は、天草市牛深だが、合併する前は、単独で牛深市。 元々大きい。

10年2月10日 (14)

牛深には、せどわ集落があるという。 家が密集していて、通路が狭いそうだ。
この辺りかなと思って撮影。  真ん中の道以外は、細そう。

10年2月10日 (15)

梅の花でいいですね。 濃い赤です。 牛深公園には、水仙もあった。

10年2月10日 (11)

昨夜の雨で、花びらは、傷んだ。

10年2月10日 (12)

橋を渡って、下須島に行くことにした。 ゆるやかに、登る。

10年2月10日 (31)  10年2月10日 (32)

ハイヤ橋は、湾をまたいでいる。

10年2月10日 (33)

橋の真ん中に信号があって、左折した。

10年2月10日 (34)

ぐるぐる回って、下に。

10年2月10日 (35)  10年2月10日 (36)  10年2月10日 (37)

戻るとき。

_MG_7540mmmll

3時前のフェリーに乗った。  向こうから、こっちの船に来た。

10年2月10日 (18)

フェリーから、橋。

10年2月10日 (19)

牛深ハイヤ節というのがあるそうだ。
※ 九州では、南風のことをハエの風と呼ぶ。 ハエがハエヤになり、ハイヤへと変わった。
※ こんな曲だった。  ハイヤ節(YouTube)  海彩館の前で踊っている。 調子のいい曲だ。

これは、踊っている像。
※ 向こうの足の浴衣が、はだけていたので、気を使ってこっちから撮影。

10年2月10日 (17)

フェリーの中。 客は、10人くらい。

10年2月10日 (20)

ハイヤ大橋は、ほんとうに、牛深の自然に溶け込んでいたのか、そんなことも考えてみた。 答えは、分からない。

IMG_8468bbbvvv.jpg

10年2月10日 (21)

戸島。 人家は見えなかった。

10年2月10日 (24)

島の近くで釣り。 遊びでなく、仕事のよう。

10年2月10日 (23)

長島の蔵之元港。 鹿児島県長島町。

このフェリーは、国道389号線を走っている。
この国道は、大牟田からフェリーで島原半島に渡り、更に、天草に渡り、今、長島(鹿児島)に渡った。

10年2月10日 (25)

車に戻る。 

10年2月10日 (26)

マンモスが、お出迎え。  どうして、マンモスなのかは、分からない。

10年2月10日 (27)

このフェリーで来た。 小さい。

10年2月10日 (28)

今は、ここの道の駅。 長島。

10年2月10日 (29)

以前コメントをいただいた方が、私の車を訪ねてきた。 私と、全く同じ車に乗っている。
一度目は挨拶に来て、2度目は、奥様と一緒に車で来た。

仕事の関係で、電気関係を含めて、改造は自由自在。 私の車よりずっといい。
旅に出たら、寂しくなる時があるという。 そこを何とかしてあげるのが、私の役割。
たくさんお話しした。 デコポンと、この島で作っている焼酎を頂いた。

夜中に、さっそくお湯割りで、ごちそうになった。 黒霧島も美味しかったが、これもいい。
明日もまた、二日酔いだ。 だから、行動が午後になる。

デコポンは、甘い。

10年2月10日 (30)

別の話。
旅をしていると、パンフレットが大量に手に入る。
私は、場所が変わった時に、全部処分している。 保存しきれないから。

だから、天草を出た時、天草の資料は手元からなくなる。
天草を振り切って、気持ちを切り替える。

捨てきれないものが、たまに出る。
それは、象潟や、忘れえぬ女、そして、鶴姫、天草四郎だ。

でも、基本的には、過去を忘れて、新しいものに向かう。 
それが、基本姿勢。

長島町の魅力を探してみます。



【道の駅】    長島

【明日の予定】  この島

【今日の歌】   ビリーブ(YouTube)  フェリーの中で聞いた。 NHKのテレビ。



【ブログランキング】  10位です。

ランキング

スポンサーサイト



akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。