FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

変わった雰囲気の所を歩いた。
暑い一日。 
危険な所に、4ヶ所行った。  どこも、修行の場だった。 

今いる所は、薩摩半島の付け根。 近くの、ずっと地面の下を、九州新幹線が通っている。 トンネルで。

朝までいた、道の駅樋脇。 レストランが安かった。(汁粉は100円、定食600円)
いい所だったので、紹介。

10年2月20日 (28)

飲める温泉が無料で汲める。         足湯。

10年2月20日 (25)  10年2月20日 (26)  

倉野磨崖仏が一つ。(レプリカ?)      駐車場は、建物の裏に。

10年2月20日 (27)  10年2月20日 (29)

県道39で、いちき串木野市へ。  何の花だろう。

10年2月20日 (30)

ここは、冠岳花川砂防公園。          この地図の、真ん中辺りに来ています

10年2月20日 (31)

この辺りは、山岳仏教発祥の地だという。 また、徐福伝説があると。 何のことだ。

IMG_9934kmnbg.jpg

上の写真の反対側。 下流方向。 弘法大師の像。

10年2月20日 (33)

中国風の庭園が広がっていた。 徐福伝説との関係で、こうなっていた。 山の上に岩が見える。

10年2月20日 (34)

冠嶽神社。                     護摩岩と仙人岩。 登ることになる。

10年2月20日 (35)  10年2月20日 (36)  10年2月20日 (37)

中国庭園、冠嶽園。

10年2月20日 (38)

この建物は、平成に入って、市が建てたもの。 4億円で。
まだ20年経ってないのに、建物の柱の下が、腐り始めていた。 最低100年持つように建てられないのか。

10年2月20日 (39)

こういう建て方をするから、箱物を作りたくて建てたんでないかと、思ってしまう。
建てる理由は、いくらでも見つかる。
今は、管理費用の問題があり、市はもてあまし気味。 (説明を聞いた)

※ 最初に紹介した砂防公園は、県の管理。

10年2月20日 (40)  10年2月20日 (41)  10年2月20日 (42)

緑が豊かになり、花が咲いたら、いい所だ。

IMG_9957nnbm.jpg

中は、展示室。 中国の、古いお金など。

10年2月20日 (44)

この人が、徐福。 市が、この人の伝説の信頼性が高いと考え、この辺り一帯が、中国風になった。

※ 徐福伝説
   秦の始皇帝の命を受けた徐福は、今から2200年前、日本に上陸した。
   不老不死の秘薬を求めて、各地をさまよった。
   長崎に上陸して南下し、串木野の冠岳にたどり着いた徐福は、山からの景色の美しさに感動し、冠を山に捧げた。
   冠岳の名前は、これに由来している。
   その後、ここは山岳仏教の聖地となり、この冠嶽園の地には、17の末寺を有した頂峰院という寺があった。

10年2月20日 (45)

冠嶽神社。 蘇我馬子が建てたと言われている。 用明天皇の時代。(推古天皇は、この2代後)

10年2月20日 (46)

神社の参道に。 誰の像かは分からない。

10年2月20日 (47)

こんな建物。                    神社の隣は川。 ずっと砂防公園。         小さな神社が。

10年2月20日 (48)    10年2月20日 (49)  10年2月20日 (50)

坊主墓。 平安時代からのがあった。

10年2月20日 (51)

像があった。 表情がいい。

10年2月20日 (52)

今にも、涙がこぼれ落ちそう。 そんな目。  眼に何か別の石が、埋まっていたのかな。 初めて見る表情。

10年2月20日 (53) 

コンクリートに、石を張り付けてある。 自然に見えるように。  

10年2月20日 (54)

ここから、不動尊洞に行く。 木の根っこや、鎖につかまって登る。

10年2月20日 (55)  10年2月20日 (56)

小さな洞窟。 左の崖を、上に行くことができる。

10年2月20日 (57)

小さな像が、睨んでた。

10年2月20日 (59)

かわいい。                        崖の上。

10年2月20日 (58)  10年2月20日 (60)

虚空蔵洞に向かった。 仙人岳の中腹にある。

IMG_0003mmnk.jpg

奥行き10㍍の洞窟。 人間が彫った感じ。

10年2月20日 (2)

大山祇(おおやまずみ)神社とある。 総本社は大三島にある。 鶴姫は大山祇神社の総本社の娘。
                                         ※ 関連ブログ   大山祇神社    鶴姫伝説

10年2月20日 (3)

洞窟の中から撮影。 こうやって、遊ぶ。  

10年2月20日 (4)

砂防公園の、上の方から下を。 今の時代は、砂防ダムより、植林。(山づくり) 山が海を作る考えも。

IMG_0010ccxzs.jpg

橋の欄干。

10年2月20日 (6)

ダムの壁。                    山道を少し入ったら、田んぼの跡が。

10年2月20日 (7)  10年2月20日 (8)

下の神社に戻って、別の道を、仙人岩へ。 途中から、斜面は急になった。

10年2月20日 (9)

頂上付近は、木がない。 真っ直ぐは登れないので、左に迂回した。

10年2月20日 (10)

仙人岩。 少しの油断も出来なかった。
座れる場所を、やっと見つけた。 立っては動けない。 岩の先端は、少し先。 

IMG_0038bbvhj.jpg

いいながめ。 公園が下に。

10年2月20日 (11)

全体は、こう。 

IMG_0033mmnbh.jpg

他の山。 しばらく景色を眺めていた。

10年2月20日 (13)

下山の時は、カメラをリュックにしまった。 用心して下りた。 こういう所は、初めてだった。


護摩岩に向かった。 近い。

10年2月20日 (15)  10年2月20日 (16)

柵があるから、安心。

10年2月20日 (17)

反対側の風景。

10年2月20日 (18)

小さな祠。                                                 右が、仙人岩。                      
10年2月20日 (19)  10年2月20日 (20)  10年2月20日 (21)

祠の中。

10年2月20日 (22)

こんな顔。   目も牙も、左右違う。

10年2月20日 (23)

少し休んで下山。 

10年2月20日 (24)

見る所がたくさんあったので、退屈しなかった。
今回の情報は、北薩摩地方の情報誌に載っていたもの。 300円で買っていた。
人は、けっこう来ていた。 小さな子供をつれたお母さんも。(近くかな)


【停泊場所】    冠岳花川砂防公園の駐車場。   ここです

【明日の予定】   冠岳に登ります。 他の小さな山も。

【今日の歌】    早春賦(YouTube)  ギター。 村治佳織です。


【ブログランキング】   3位です。 感謝。  高橋といっしょです。
             クリックするバナーは、左の一番下にあります。 気に入った所がありましたら、よろしく。

スポンサーサイト



akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。