FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

別府にとって、由布院の背中は、遠くなってしまった。
そういうことだった。

道の駅ゆふいんから見た、由布岳。 昨日行った。 
黄色の所まで行って、引き返した。 でも、あの場所で、樹氷を見た。 綺麗だった。

10年4月8日 (1)

峠を越えて、別府の街に下りて行った。
街のあちこちから煙が出ていると思ったら、それは湯気だった。
調べたら、別府温泉は、源泉数・湧出量とも、日本一だった。

別府観光のメインは、地獄めぐり。
別府温泉には、別府八湯と言われる、8つの温泉街がある。
その中の、鉄輪(かんなわ)温泉街に、地獄は多くあった。

地獄は全部で8つあり、共通観覧券は、2000円。(高い)

10年4月8日 (19)

最初に見たのは、海地獄。 湯気が見える。          ここです

10年4月8日 (2)

池もあり、環境が整備されている。 
こんなのが8つ見られるなら、2000円でもいいかなと、思った。

10年4月8日 (3)

お湯の池が、地獄だった。 乳白色の混ざった、ブルー。 

10年4月8日 (5)

98度。 驚くことに、この小さな池が、深さ200㍍。
1200年前の、鶴見岳の噴火で出来たそう。 湯気が時々、襲ってきた。

10年4月8日 (4)

温泉熱で、熱帯性の睡蓮(すいれん)を育てていた。 地獄より、こっちがいい。

10年4月8日 (8)

睡蓮の花は、夜になったら閉じるので、睡蓮と呼ぶそう。

10年4月8日 (10)

いろんな睡蓮は、初めて見る。

10年4月8日 (7)

葉に切れ目がある。 これが、睡蓮の葉の特徴という。 蓮(はす)との違い。

10年4月8日 (9)

燃えるように、輝いていた。

10年4月8日 (6)

これは、外に咲いていた、ツツジか何か。 圧倒される。

10年4月8日 (11)

茶色の池もあった。 もちろん熱い。

10年4月8日 (12)

こんな感じ。 いい。

10年4月8日 (13)

次は、鬼石坊主地獄。

10年4月8日 (17)  10年4月8日 (14)

熱い粘土質の泥が、ブクブクと沸いていた。

10年4月8日 (15)

10年4月8日 (16)

3つ目の、山地獄。 岩の隙間から、蒸気が出ていた。

10年4月8日 (18)

次の所に歩いていたら、歌碑があった。 万緑は、山全部緑と言うような意味。
湯けむりは、確かに、この歌の感じ。  ※ 昌子と言う人は、知られた人ではない。

10年4月8日 (20)

4つ目の、かまど地獄。

10年4月8日 (21)

小さな青い池。

10年4月8日 (23)

お湯の中に、緑があった。

10年4月8日 (22)

こんなのも。 

10年4月8日 (24)

これで、4つ見た。 二つ目から物足りない。 1つだけ見たら400円。 その価値は、全くない。

この建物は、秘宝館。 意味ありげな雰囲気だ。 昔の歓楽街。

10年4月8日 (25)

次の鬼山地獄にも、熱い池があった。 となりで、ワニを飼っていた。 口を開けたまま動かない。

10年4月8日 (28)

6つ目の、白池地獄。 

10年4月8日 (29)

少し離れた所に、車で動いた。

血の池地獄の庭に、ランが咲いていた。 ランは、睡蓮の温室にもあった。

10年4月8日 (30)

こういう所。

10年4月8日 (35)

血のように赤くはないが、赤い池。 ここでも、深さは30㍍。 小さいのに深い。

10年4月8日 (33)

温度は、75度。

10年4月8日 (31)

10年4月8日 (34)

シャクナゲのよう。

10年4月8日 (32)

ここは、8つ目。 最後の所。 間欠泉だ。 竜巻地獄。

10年4月8日 (36)

30分ほど待ったら、噴き出してきた。

10年4月8日 (37)

この状態が、6分くらい続いた。 上の岩がなければ、20㍍くらい吹き上がるそう。 でも、見た感じは10㍍かなと。

10年4月8日 (38)

もちろん、熱湯。

10年4月8日 (39)

アナウンスでは、高さなど日本一と言っていたが、そうかなと思った。
北海道の鹿部の方が、吹き出す勢いや高さがあると思うんだが。  それは、このブログ。 鹿部の間歇泉
※ どうして吹き上がるかも、書いてあります。

急に弱くなって、お終い。

10年4月8日 (40)  10年4月8日 (41)

別府は、見せる観光から、脱却していなかった。
お土産屋さんを通って、中に入り、地獄を見る。 出る時も、同じ道。
観光客から、どのようにお金を集めるかに、知恵のほとんどを使ってきた。

大きな観光資源のない由布院は、昭和40年代から動いた。
町ぐるみで毎年夏に、映画祭や音楽祭を開催した。
歓楽街の雰囲気を排して、女性が訪れたくなるような環境整備を続けてきた
その結果、数多くの調査で、九州の温泉の第1位に選ばれるまでに、なった。

このまま行ったら、地獄を見るのは、観光客ではなくなるかもしれない。
良かった地獄は、海地獄。 2番目と最後が、まあまあ。 他は、ひどい。
※ 最後の所のお店の人が、今は、由布院にかなわないと言った。 
  聞いたわけではないが、温泉の話をしていて。

温泉の質がいいので、10年後には、変わっているかもしれない。
由布院・黒崎より、温泉を大事にした形で、変貌すればいいのかな。

別府の全部は見てないが、そんなことを感じました。


【停泊場所】   血の池地獄のそばの、駐車場。   ここです

【明日の予定】   山の中の秘湯か、国東半島に向かうか、どちらか。

【今日の歌】     遠い悲しみ(YouTube)   とんぼちゃん。  メロディも編曲も、みんな懐かしい。
            一瞬の夏(YouTube)    西島三重子。  いいですよ。
           一応、ゴッドファーザー(YouTube)  まだ曲名は分からない。 画像もいい。 


【ブログランキング】  国内旅行1位、旅行全体で3位です。 3位が2日続いている。 こういうのってあったかな。
                                          (週間IN 330 月間IN 460)  
            クリックするバナーは、左の一番下にあります。 気に入った所がありましたら、よろしく。

スポンサーサイト



akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。