FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

昭和が、だんだん遠ざかって行く。
豊後高田の昭和の町で、自分にとっての懐かしい昭和を探してみた。


最近、昭和の町が、時々ある。 豊後大野市の、稲積鍾乳洞にもあった。
ただ昔の物を並べても、退屈な感じがした。

広い、無料の駐車場があった。 適当な所から、見始めた。    この地図の真ん中辺り、全体
最初はこうだ。 古い家が、並んでるだけだ。 

10年4月18日 (1)

それらしい感じが、少しはするけど。

10年4月18日 (2)

看板が、昔の雰囲気だ。 店の中から、ギターの生演奏が流れてきた。 古い演歌だ。

10年4月18日 (5)

昔のおもちゃが売っていた。 肉屋さんなど、普通のお店もある。

10年4月18日 (6)

こういう展示館が、時々ある。
ここまで見て感じたのは、通りの中の、3分の1位が、はっきり昭和の雰囲気になっていた。
その他は、看板だけが、昭和。
つまり、通り全体が、昭和にコーディネートされているのでは、なかった。
写真を撮る場所は、探さないと見つからなかった。

由布院は、全てが、昔の雰囲気。 今風のセンスを取り入れて。 
大きく違っていた。
 
10年4月18日 (4)

全体を楽しむのは諦めて、自分にとって懐かしい物を探すのに、専念した。
展示館には、ポスターがよくあった。

10年4月18日 (3)

※ 美空ひばりの、伊豆の踊子(YouTube)  動画は見つからない。 画像です。
※ 山口百恵の伊豆の踊子(YouTube)  山口百恵はいい。
※ 関連ブログ 天城峠~旧天城トンネル・伊豆の踊子の歩いた道~ 


昔銀行だった所に入った。 昔のお金が展示。  100円で、両替してくれるとあった。

10年4月18日 (8)

国東半島の、どこかの寺の仏像。 こんな表情の写真が撮りたい。
トリミングも(切り取り)の仕方が、私が考えるのと、まったく同じ。
※ 他の人の写真を見て、いつもそうはならない。

10年4月18日 (7)

ここは、良かった。 出会いの里。

昭和の町を、どういう考えで作るかだけど、こう思うんですね。
題材を昭和にして、自分たちで、一つの作品を作る。
だから、古いものをただ並べてもダメ。

10年4月18日 (9)

ここなら、歩きたくなる。

10年4月18日 (10)

昆虫のお店。

10年4月18日 (11)

この大きなカブトムシが、本物かどうかが分からない。 他のお客さんと見た。
そーっと、一人が触った。 動いた。 本物だった。 角の先までなら、10㌢以上ある。

10年4月18日 (12)

この店も、いいな~って、しばらく眺めていた。

10年4月18日 (13)

日曜日なので、人はいた。

10年4月18日 (14)

ここでは、給食がメニューにあった。  
※ 給食は、市町村によって、差が大きい。 給食費を払わない人がいると、その分、質が落ちる。

10年4月18日 (28)

昭和ロマン蔵と言って、有料の展示館があった。 3カ所回って、800円。 高い。

建物の外に、古い車があった。

10年4月18日 (15)

懐かしい車だ。 私は、昭和48年に、この車を買った。 初代のサニー。 色も同じ。
大学の4年の夏に、アルバイトをして、中古のを買った。
昨年、道を走っているのを見た。

10年4月18日 (16)

お腹が空いたので、だんご汁定食を食べた。 野菜が多いので、これに。 
だんごは、太い太いうどん。 幅、4㌢くらいあった。

10年4月18日 (17)

おもちゃなどの展示。 
作った人間が考えるほど、見る人間は、感動しない。 

10年4月18日 (18)

レコードをクリックしたら、歌が流れます。

10年4月18日 (19) ※ 短いけど、動画のはここに

10年4月18日 (20) 

10年4月18日 (21) 

展示数は、6万点とあった。

10年4月18日 (22)

このポスターが好き。 これは、YouTubeから消えた。 相合傘のに、浅丘ルリ子が

10年4月18日 (23)

今の子供たちと、どこか違う。 何だろう。
この写真は、昭和30年代となっていた。 私もその頃、小学生。 貧しいけど、楽しかったな。 

10年4月18日 (24)

昔の家の中。

10年4月18日 (25)

私の家にも、円いテーブルがあった。 もぐって遊んだ記憶がある。(私の記憶は、4歳から)

10年4月18日 (26)

買わなかったが、懐かしいものが売っていた。 ポンポン船と、火薬がパチパチ鳴る鉄砲。 

10年4月18日 (27)


情報誌に大きく載っていたので、行ってみた。
まあまあかな、って言う感じ。
見せてお金を払ってもらうのがメインになっている。 そこが、問題。 

京都三年坂由布院温泉黒川温泉大内宿に続く所は、どこなんだろう。
情報があったら、教えてほしいです。


【停泊場所】  宇佐神宮まで、あと3㌔くらいかな。 空き地。  ここです

【明日の予定】 宇佐神宮に行ってみます。 建物をきれいに撮りたい。


【ブログランキング】  国内旅行2位、旅行全体で6位です。
             クリックするバナーは、左の一番下にあります。気に入った所がありましたら、よろしく。
スポンサーサイト



中世の荘園村落が、昔のまま残っているという。 田染荘(たしぶのしょう)という。 そこに向かった。

夷谷温泉の近くの、見晴らし台。 真っ赤なツツジ。 
何かがあって、この花を染めたとか、そんな伝説があってもいいほど、赤い。
ツツジの季節がやってきた。

10年4月17日 (1)

無動寺。 石仏公園があるので、寄った。   場所はここ

10年4月17日 (2)

十六羅漢像だった。

10年4月17日 (3)

表情は、みんな個性的。 笑っているのか、泣いているのか。

10年4月17日 (4)

福真(ふくま)磨崖仏。 南北朝時代の物。 石の覆堂は、江戸時代。 無動寺の近くにあった。

10年4月17日 (5)

数㌔走ったら、磨崖仏の案内がある。 

10年4月17日 (6)

富貴寺の駐車場の近くで。

10年4月17日 (7)

ここが、富貴寺。 国宝の阿弥陀堂がある。  場所はここ

10年4月17日 (8)

大堂と言い、日本3阿弥陀堂の一つだそう。 他は、中尊寺金色堂。 平等院鳳凰堂
中に、入ることができた。  平安時代後期の建物。 この世に、極楽浄土を作ろうとしたのか。

10年4月17日 (9)

ネコとお話し。

10年4月17日 (10)

仁王像。

10年4月17日 (11)

座っているおばあちゃんと、いい天気だねって、しばらく話した。

10年4月17日 (12)

目的地の近くに、元宮磨崖仏。 室町時代とあった。
 
10年4月17日 (13)

ここが、荘園の里。  
場所は、豊後高田市田染小崎(たしのぶ おさき)。 ここです。 地図の中央部分。 印は、駐車場。

10年4月17日 (22)

上の写真の、右側。

10年4月17日 (23)

江戸時代の初めの頃の絵地図。 田んぼ、道、川、家の位置など、今も、絵地図と同じだという。
保存に関わっての何かを申請していると聞いたので、重要文化的景観の認定と思う。 
           ※ これに、認定されているのが、骨寺村

10年4月17日 (14)

写真を撮っていたら、私より年配の方に会った。 畑仕事をしていた。
ここについて、詳しかった。 しばらく話した。
   ※ 詳しいのには理由があった。 後で分かるが、豊後高田市の市役所に勤めていた方で、観光課にもいたことがあった。

山に上ったら、いい写真が撮れると、教えてくれた。 山には、修行のための道がある。
上からの写真。 緩い傾斜の棚田になっている。
黄色い花は、菜の花。 田染荘と読める所がある。 上に書いた方が作った。
田植えの時期になったら、もっと綺麗だ。

10年4月17日 (15)

山を下りて、上の写真の、奥まで歩いた。 そこから撮影。

10年4月17日 (16)

こんな道を歩いた。

10年4月17日 (17)

先ほどの方は、Tさん。 夕食を何度も誘われ、行ってしまった。
家の前の庭の一部。 瓦屋根の立派なお家だった。 20年前に、山の木を伐って、建てたという。

10年4月17日 (18)

観光課にいたことがあるため、国東半島全体について、詳しかった。
私の行った所は、すべて仕事で行っていた。
奥さんと3人で、夜中まで話した。 楽しかった。 
※ 冬、北海道に来ており、紋別でガリンコ号に乗ったという。
お酒も料理も、たくさん御馳走になった

次の日の朝も、朝食を頂いた。 ワラビなどの入った味噌汁だった。 美味しかった。
小さな花に、朝露が付いていた。

10年4月17日 (19)

ツツジ。 いい天気だ。 朝陽がまぶしい。

10年4月17日 (20)

Tさんの家の居間からの風景。 向こうの山まで、庭のようだ。 岩山の上から写真を撮った。(頂上よりは下)

10年4月17日 (21)

経済成長が激しかった時は、誰もが、前しか向いていなかった。
時代が落ち着いて、やっと、昔を大事にすることに、気が付いた。
ここの荘園の里も、もう大丈夫ですね。
10年後には、景観は、もっと良くなると思う。


【停泊場所】   荘園の里の駐車場

【明日の予定】  高田市の昭和の町かな。

【今日の歌】    朧月夜(YouTube)  菜の花をたくさん見たので。
  

【ブログランキング】  国内旅行3位、旅行全体で7位です。
             クリックするバナーは、左の一番下にあります。気に入った所がありましたら、よろしく。

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。