FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

興福寺阿修羅像は、圧巻だった。 別物だった。
この像のお陰で、普通の仏像を見て退屈する理由が、分かったような気がする。

奈良に都が移ったのが、710年。 (良は、にならって、都を作る)
今は、2010年だから、1300年経った。
今年いっぱい、平城遷都1300年祭が行われている。


大仏を見に行った。(撮影が、可能と思われたので)
近鉄の奈良駅から歩いた。 
京都との違いは、土地にゆとりがある。 歩道も広いし、芝生の公園が、あちこちに。

奈良公園に入っている。 真っ直ぐ行くと南大門。

10年5月30日 (2)

南大門。 鎌倉時代の正治元年(1199年)のもの。 国宝。
一目、古いと感じた。 柱が折れて、落ちてきそう。

10年5月30日 (3)

金剛力士立像。 国宝。 高さ8.4メートル。
解体修理したら、中から、いろんなものが出てきた。
その中の書きものに、運慶が中心になって作ったことが書いてあった。

10年5月30日 (4)

大仏殿。 江戸時代に再建。 国宝。

10年5月30日 (5)

大きさは、東本願寺の御影堂にかなわないが、形が美しい。

10年5月30日 (6)

大きさが実感できる。

10年5月30日 (7)

大仏。 奈良時代、国の平安を願って、聖武天皇がつくった。  ※ 中の撮影は、大丈夫だった。
でも、貴族や寺院は富み栄えたが、農民の負担は激増し、浮浪者や餓死者が後を絶たなかったそうだ。

10年5月30日 (8)

何度も火事で焼けた。
台座と袖、脚などの一部に、当初の部分が残っているだけ。 でも、それがあるため、国宝。
頭部は江戸時代の作。 

10年5月30日 (9)

大仏の下の方にある、蓮弁の模型。 仏教に関わる物が、書かさっている。

10年5月30日 (10)

虚空蔵菩薩像。 大仏の左側に。 江戸時代の物。 これでも大きい。

10年5月30日 (11)

大仏の高さは、14.7メートル。

10年5月30日 (12)

左奥に、広目天像。 この像はいつも、本尊の左側にあって、本尊を守っている。

10年5月30日 (13)

こんな表情。

10年5月30日 (15)

像は、何段にも分けて作られた。 像が先で、建物は後に。

10年5月30日 (14)

柱に穴があって、みんな通ってた。 昔、私も通った。 この穴に柱を入れ、太い柱を少し回転させるための穴。

10年5月30日 (16)

多聞天像。 大仏の右側に。

10年5月30日 (18)

こんな表情。

10年5月30日 (17)

右、前方から。

10年5月30日 (19)

如意輪観音菩薩像。

10年5月30日 (20)

顔は、芸術的には、高く評価されていない。

10年5月30日 (21)

昭和55年に、大仏殿の大修理が終わった。 その時の、落慶法要。 なお、東大寺も世界遺産。

10年5月30日 (22)

東大寺の後、興福寺を見た。 
五重塔は、1426年ころの物。 高さ50.8メートル。 木造塔としては東寺五重塔に次ぎ、日本で2番目に高い。
国宝。

10年5月30日 (23)

国宝館にあった、阿修羅像。 
日本でもっとも有名な仏像の一つと聞いていたが、存在感が違った。 

10年5月30日 (1)

他にも、仏像はたくさんあって、その説明を読んだ。 表情の意味が知りたかった。
あることが、分かった。
仏像の表情は、悟りの境地とか、弟子に何かを訴えているとか、仏教の世界の中の、表情だった。

人間が生きる中での、喜びや悲しみや希望など、自由に表現したものではなかった。
仏像を見て、今まで、少し退屈していた理由が、これで分かった。

※ 仏像に興味を持って、どういう種類の仏像だとか、研究心を持って見たら、もちろん退屈することはないと思うが。

阿修羅像の表情は、説明は読まなくても、仏像としての表情の他に、人間としての表情があった。
魅力の大きさは、そこにあると思った。

今まで仏像をたくさん見たが、感動したものがあったろうか。
広隆寺の半跏思惟像。 法隆寺の百済から伝わった像。
でも、これらは、仏像として、いいなと思ったレベルだったように思う、

興福寺の阿修羅像は、人間の像として見ても美しく、他の仏像とは比べられない、質の高いものに感じた。
五重塔で例えれば、室生寺や、瑠璃光寺の塔のような、存在だった。


東金堂の中も見た。 こんな像が。

10年5月30日 (24)

近くの、猿沢池。 カメがいっぱい。

10年5月30日 (25)

小路を歩いた。 普通のお土産屋さんは、のぞいても、楽しくはない。
こう言う所は、隠れた穴場。 

ここのお店も、個性的なものがいっぱい。 値段は高いが、欲しい物が見つかる。
息子に、水筒をプレゼントした。
私が先日買ったものに、似ている。 絵は、ここのオリジナル。 奈良公園の鹿の絵。 全て質の高いデザイン。

10年5月30日 (26)

春鹿酒造で、酒を飲んだ。 400円で、お猪口1杯ずつ、5種類。 おまけの1杯と、奈良漬けも。
泡の出るお酒が、美味しかった。

10年5月30日 (27)

この人がいる間と思って、いそいでシャッターを切った。

10年5月30日 (28)

楽しめる店が、あちこちに隠れている。

10年5月30日 (29)

せんとくん。 可愛くないとかで、もめた。 それが、大きな宣伝効果になった。
私も好きでない。 
決める過程で、市民が参加できなかった。 そこに大きな問題。

マスコット・キャラクターを決めるのに、どうして、彫刻家に依頼したかが分からない。
当然、デザインの専門家になると思うが。 (競作には、なっているが)
※ 見えないところで、何かが決まって行くと、知られては困ることがあるのではと、疑いたくなる。

10年5月30日 (30)


今日は、大仏殿の中を、自由に撮影できたことが、うれしかった。

そして、阿修羅像を見て、いろいろ考えることが出来た。
それが、良かったでしょうか。


【道の駅】       同じです。

【明日の予定】     道の駅は動きますが、明日からの準備をしたい。
            見る時間は、無いかもしれない。


【ブログランキング】  国内旅行3位、旅行全体で8位です。  
             クリックするバナーは、左の一番下にあります。気に入った所がありましたら、よろしく。
スポンサーサイト



京都を離れたら、大きな都市には入らない。
必要なものは、今のうちに準備と思うので、見学の時間がなくなる。

駅のそばのビッグカメラに行ってきた。
気付いたら、午後の2時だった。
鞍馬寺は無理なので、帰る途中にある、太秦の映画村に寄った。

旅人さんのコメントを読んで、はたと、自分も考えた。
この10日ほど、有名な所をたくさん見た。
感動はどうだったのか、振り返ってみた。

考えてみたら、京都に入る前の、生野の道の方が面白かったようにも思う。
これは、何なんだろう。
京都は、第一級の観光地なのに。

明日は奈良に行くが、明後日から、元の旅に戻る感じがする。
誰も行かない所を歩いているのが、自分の旅かなとも思う。

今日は、映画村で、遊んできた。 京都の見学の最後。


映画村の中の、どこででも、映画の撮影はできる。

10年5月29日 (35)

平日だが、人はいた。 映画の撮影を期待したが、今日は予定がなかった。

10年5月29日 (1)

ここの中村座では、いろんな催しがある。 この後、2つ見る。

10年5月29日 (2)

幕末に関わるものがあった。 近江屋で、龍馬は襲われた。

10年5月29日 (3)

伏見の池田屋ですね。 ここでも龍馬は襲われたが、お龍の機転で助かった。
※ 数年前に行ってきた。 京都市が、当時の物ではないと言ってるのに、まだ建物を展示している。

10年5月29日 (37)

いろんな小路がある。 中も、それなりの雰囲気。

10年5月29日 (4)

吉原通り。

10年5月29日 (6)

花魁(おいらん)。

10年5月29日 (5)

10年5月29日 (7)

お化け屋敷の中を撮りたかったが、それはできなかった。

10年5月29日 (8)

10年5月29日 (9)

10年5月29日 (10)

このような、説明のツアーも。

10年5月29日 (11)

中村座での忍者ショー。  空中を忍者が飛んだ。

10年5月29日 (12)

10年5月29日 (13)

10年5月29日 (14)

10年5月29日 (15)

この人が客席に来て、一人の女性に、突然刀を突き付けた。
舞台の上の敵は、「そのお姉さんは、関係ない」と叫んだ。
下の人は、こう怒って、笑わせた。

「何だと、この人がお姉さんだと。 どこがお姉さんだ」
「昔は、お姉さんだったかも知れないが」

10年5月29日 (16)

10年5月29日 (17)

衣装を身に着けた、子供さん。 何千円かで、昔の格好が出来る。 そして、村の中を歩く。

10年5月29日 (18)

映画の撮影の手順を、実際にやっていた。

10年5月29日 (19)

戦いの場面は、刀の使い方を、ゆっくりやって確認する。 その後、スピードをつけてやる。
本番では、負ける方が勝ってしまい、大笑い。

10年5月29日 (20)

中村座。

10年5月29日 (21)

南京玉簾をやっていた。 隣の人は、お母さんかと思っていた。
可愛い子供さんだったので、この母さんからこの子か、とか思っていたら、お母さんではなかった。
さらに、この人は、男だった。

10年5月29日 (22)

先日こんなことがあった。
東山に行く時、京都駅からバスに乗った。 満員だった。

途中のバス停から、お年寄りが乗った。 
一人の高校生が席を立った。 甘いマスクをした、身長170㌢位の男の子だ。
席を譲った。
いい風景を見たと思って、うれしくなった。

※ 今の高校生の悪口は、いくらでも言える。 
  どれだけ言っても、誰にも反撃されない。 楽な、人の批判だ。
  その子らを育てたのは、自分も含めた今の社会であることを忘れて。

そうして、しばらくして、気付いた。
通路に立っている、さっきの男の子を見た。 スカートをはいていた。 
男の子でなく、女の子だった。 心の中で、謝った。

最近、女の人と男の人を、時々間違う。

10年5月29日 (23)

10年5月29日 (24)

10年5月29日 (25)

上手だなあと思った。 こんなの書きたい。

10年5月29日 (26)

大岡越前や、遠山の金さんを撮影するところ。

10年5月29日 (27)

座ってる女の人は、ここに座っていたら、その気になっちゃう、と言った。

10年5月29日 (28)

テレビや写真で見るより、実際は狭い。

10年5月29日 (29)

去年の春に来た時も、写した。 さらし首。

10年5月29日 (30)

遠山の金さんをやった人達。

10年5月29日 (31)

日本橋を半分過ぎたら、こうだった。

10年5月29日 (32)

映画の撮影ごとに、塗り替えると言う。

10年5月29日 (33)

今、こんなのを撮影。 ここで働いている人たちも、映画の中に出てくる。

10年5月29日 (34)

5時少し前。 間もなく、終わり。

10年5月29日 (36)

出口で撮影。

10年5月29日 (38)


こういう所に来て、一番面白いのは、芝居です。
今日は、伊賀忍者ショー。

自分とは違う誰かになりきって演じるのは、面白いかもしれないと、思います。
子どもの時の劇しか、自分はやったことがない。 チャンスがあったら、やってみたいですね。

そう言えば、わらび座を思い出しました。
今年の講演の情報を、知りたいです。
過去に、小野小町もやった。天草四郎、鶴姫もやった。

大きな夢に向かって生きた人間って、誰でしょう。
きっと、そう言う人を選ぶと思います。
すぐに、思いつかない。


【道の駅】      同じです。 ガレリアかめおか

【明日の予定】    奈良に行ってきます。 

【今日の歌】     久しぶりに、鶴姫伝説(YouTube)   いい曲です。

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。