FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

那智の滝は、見上げる高さだった。
水は、天から落ちてきた。
高さ133㍍。 普通の滝の3倍はある。 1段の滝では、日本一。


熊野川。 途中で撮影。 どこも、砂利の河原がきれい。 それが印象かな。

10年6月10日 (1)

熊野詣は、熊野本宮大社、新宮にある熊野速玉大社、そして、熊野那智大社にお参りするのが一般的だったそう。
昔、長い旅をしてきた人は、那智山の入り口である、大門坂の前に立ったら、どんな気持ちになったでしょうね。

10年6月10日 (2)

平安衣装の人がいた。 写真をお願いした。

10年6月10日 (3)

夫婦杉。

10年6月10日 (4)

左にあるのは、富気王子跡。 熊野古道にある、最終王子。

10年6月10日 (5)

大門坂は、熊野古道の中で、一番いい状態で残っていると言われている。

10年6月10日 (6)

大阪から中学生が、修学旅行に来ていた。 
2人の女の子が、みんなから遅れた。 その子たちと、時々話した。

10年6月10日 (7)

表参道。

10年6月10日 (8)

もう遠くない。

10年6月10日 (9)

ここを上ったら、大社。

10年6月10日 (10)

下に、2人の女の子が見える。 ちゃんと歩いた。

10年6月10日 (11)

熊野那智大社。 ここは、拝殿。 京都から歩いて来て、ここに着いたら、涙が出るね。
きっと、足は豆だらけ。 私は、草鞋で1日20㌔は、無理。

10年6月10日 (12)

拝殿で手を合わせたが、22㌔歩いた日の方が、拝む時気持ちが深かった感じがする。

建物はいろいろ。 本殿は、拝殿の後ろに。

10年6月10日 (13)

少し前まで、中学生で賑わった。 

10年6月10日 (14)

中学生の中には、高い所からの風景に感動している子がいた。
歩いてきたから感じるのかな、とか言いながら。 めんこいことを言ってた。

間を通って、滝の方に。 

10年6月10日 (15)

青岸渡寺(せいがんとじ)。 信長が焼いて、秀吉が再建したとあった。 

10年6月10日 (16)

古いっていう表情。 

10年6月10日 (17)

人々は、神に願い、仏にすがった。 今の時代は、どうなっているのかな。

10年6月10日 (18)

※ 私の神社のブログを他の人のと比較し、それを1例にして、散々に書いてくれたブログを発見した。
  何の目的があって書いたのか。 気付いたから書いただけなのか。
  こんな人間もいるのか、と思った。
  
※ 上とは別に、どんなブログにしていくかは、ずっと考えている。
  むずかしい。
  
滝は、向こうの下に。

10年6月10日 (19)

こんな絵が、道の途中に。 履物は、草鞋だ。 
花山上皇がいるんだが、左から3番目でいいのかな。

10年6月10日 (20)

三重塔。

10年6月10日 (21)

三重塔の2階から撮影。 一目、大きいと感じた。

10年6月10日 (22)

塔の中に、こんな絵が。

10年6月10日 (23)

那智の滝は、神社の本尊になっていた。 だから門があるのか。

10年6月10日 (24)

急な石段。

10年6月10日 (25)

真ん中の隙間に、滝はある。

10年6月10日 (26)

滝に手を合わせる場所がある。

10年6月10日 (33)

ここの滝の特徴として、岩肌がきれいだった。

10年6月10日 (28)

そこを、いい感じで流れ落ちる。

10年6月10日 (29)

上の出口。

10年6月10日 (30)

展望台があることに、すぐに気付かなかった。 300円かかる。

10年6月10日 (32)

大きな滝。 133㍍。 風で霧のようなしぶきが飛んでくる。
※ 情報誌には、霊気を感じますよ、とあった。

10年6月10日 (31)

※ 北海道の天人峡の羽衣の滝は、何段かに分かれていて、270㍍。 上の方は遠くて、見えにくい。

大きくなる。 FC2ブログでは、この大きさが限界。

10年6月10日 (37)

車道を通って、戻った。

10年6月10日 (34)

いい風景。 滝は、上だけ。
途中で会った、女の人3人組の車が停まった。 乗らないかいと言ってくれたが、遠慮した。 
また会うかもしれないね、と言って別れた。 

10年6月10日 (35)

途中から、古道を歩いた。 上の人たちが、車を置いて上がっていた。
言った通り、また会った

10年6月10日 (36)


【停泊場所】     大門坂駐車場

【明日の予定】    市場のセリの見学  新宮で少し(佐藤春夫記念館かな。 大きな浮島もある)
           三重県に入る。


【ブログランキング】  国内旅行2位、旅行全体で5位です。  
             クリックするバナーは、左の一番下にあります。気に入った所がありましたら、よろしく。
スポンサーサイト



akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。