FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

今日は、1日いっぱいずっと雨だった。
止んだのは、夕方の5時だった。
清泉寮のソフトクリームを食べるため、山の上まで上がった。
ekさんのお勧めだ。(コメントのekさん)
有名なようで、多くの人が来ていた。

食べてみた。 
冷たいのは分かるが、何が違うのかが分からない。
食べ終わったら、口直しの感じで、やっぱり水が飲みたくなる。

アイスも買った。 今食べている。 興部(おこっぺ)アイスとどこが違うんだ。
まて、興部アイスは美味しいから、同じでいいのか。
※ オホーツクにある興部町は、生キャラメル発祥の地。(ノースプレインファームで)


清泉寮で売っている。 八ヶ岳高原にある。
濃い霧のため、ライトを点けて走った。

10年6月26日 (4)

スタンドでもらった地図は、八ヶ岳高原だが、清里高原の方が、知られている。
また、この辺りは、単に、清里とも呼ばれているようだ。

ソフトクリームを、寮で買うのが不思議。

10年6月26日 (5)

ここには、農場がある。 キープ農場
ポールラッシュと言う人が開いた。 清里の父と呼ばれている。
信仰の元で、集団で暮した。 それで、寮と言う名前が残った。 そう思う。

この建物では、乳製品を中心に、お土産が売っていた。

10年6月26日 (6)

目の前の花も、霧で霞んでいた。

10年6月26日 (7)

清里には、お店などが、森の中に散らばっていた。  清泉寮の場所は、ここです

10年6月26日 (8)

清里は、30年ほど前に、ブームがあったそう。 その後、多くの店が閉まった。
美術館や、ミュージアムなどが、今でもある。
※ こんなので、人がたくさん呼べたら、商売は楽だ。

ここで、ソフトクリームが売っている。

10年6月26日 (9)

今朝は、この上にセーターを着ていた。 高度2000㍍にいた。

普通に美味しいという感じ。   他を知らないから、比べようない。

10年6月26日 (10)

これは、アイス。

10年6月26日 (11)

※ ソフトクリームが好きな人は、どんな見方をするのか、調べてみた。
  この文は、ここのアイスに批判的な人の文です。 参考までに。

   高評価が並ぶ中恐れ多いですが、正直私の口には合いませんでした。

   非常〜に魅力的な色をしているのに、舌にべっとりとまとわりつく粘り気はあまりに無添加とはかけ離れているとしか思えない舌触りで、
   甘さは手が滑って何かの材料が入り過ぎちゃったかと思うほどアンバランス。
   ちょうど練乳をそのまま舐めているように甘すぎるために牛乳のカケラも感じません。

   牧場の牛乳系ソフトではなく、かといってクリーミーなキハチ系でもなく。
   甘党にはウケる味かもしれませんが、ジャージーミルクを使用しているにしては乳脂肪分の濃さよりも増粘性ばかりを感じ、
   製造過程に疑問を抱く味でした。
   なんていうか・・マクド○ルドのソフトクリームみたい(←こちらの方がおいしい)。
   コーンは普通の日世のFLARE-TOP(フレアトップ)。
 
   ソフトクリームは大好きですが、牛さんに謝って珍しく途中で断念しました。
   知る人ぞ知る、だった頃は美味しかったのかもしれませんが、この味で何でそんなに有名なのか、
   期待度が高かっただけにさっぱりわかりません。

 なるほど。 こういう視点で見ることも出来るんだ。 奥が深い。

ここは、道の駅 南きよさと。 
花の森公園があったけど、花は少なかった。 

10年6月26日 (12)

道の駅の人が、花が見たいなら、ハイジの村がいいよって、教えてくれた。

途中山道を通った。 この辺りも、八ヶ岳高原。

10年6月26日 (13)

ここが、ハイジの村。 山梨県が運営している。
         ※ 今でも思い出すのは、宮崎県営の植物園。 悲しかった。
ハイジが出迎えてくれた。(右に)

10年6月26日 (14)

夏に向けての花が、咲き始めていた。

10年6月26日 (15)

ラベンダーはあるのかな。          ※ 美瑛セルブの丘、ラベンダー他

10年6月26日 (16)

ここは、バラ園。 バラ祭りは30日まで。 花の状態はよくない。 離れて撮ったら綺麗。

10年6月26日 (17)

種類によっては、いいのもある。

10年6月26日 (18)

バラの持つ雰囲気は、何でしょうね。 引き締まったイメージがあるかな。

10年6月26日 (19)

これもいい。

10年6月26日 (20)

ハイジのお話しの世界なのか。

10年6月26日 (21)

この花は、目立った。 名前は?

10年6月26日 (1)

まるくない、アジサイ。

10年6月26日 (2)

この花は、スキを見せない。 

10年6月26日 (3)

園内は広い。 どんな考えでデザインするのでしょう。

10年6月26日 (22)

バラは、華やかと言ってもいいでしょうか。

10年6月26日 (23)

コスプレと言うのか。 撮影していた。 お願いして、1枚。 なり切っていた。

10年6月26日 (24)

ここで、結婚式をあげることもできる。

10年6月26日 (25)

普通に見るアジサイより、色が濃かった。 

10年6月26日 (26)

この花だけの、ブルー。

10年6月26日 (27)

このアジサイは球のようで、大きかった。

10年6月26日 (28)

展望塔から見た。

10年6月26日 (29)

上から見て、こうだったんだと、分かる。

10年6月26日 (31)

高原の農場。 だらしなくない。 経営がまずくなると、ゴミだらけになる。

10年6月26日 (30)

いい風景。 ここで、普通に生活している。

10年6月26日 (32)

昨日は、探して探して、花はやっと見つかった。 ※ やっと見つけたのを、摘んでしまったり。
こういうのが、いい。
でも、今日は花でいっぱい。 これはこれで、またいい。


【道の駅】    にらさき    去年の秋にも来た。 ここです

【明日の予定】  身延山です。 真っ直ぐ、海に向かいます。


【ブログランキング】  国内旅行2位、旅行全体で6位です。  
             クリックするバナーは、左の一番下にあります。気に入った所がありましたら、よろしく。
スポンサーサイト



百名山を、1日に2つ登ったが、自慢できる感じではない。
苦労が少なかった。
しかし、日本を代表する、3000㍍級の山のほとんどが見えた。

最初は、霧ヶ峰高原。 頂上は、車山に。
車は、車山肩に停めた。            ※ 場所はここ
少し登ったら、この風景。 北アルプスが見える。

10年6月25日 (8)

山の部分を拡大。 右の方。

10年6月25日 (9)

左の方。

10年6月25日 (15)

車山の頂上の建物が見える。 道は、右に迂回するので、2㌔ほど。 40分。

10年6月25日 (31)

サクラスミレ。

10年6月25日 (1)

シロスミレ。

10年6月25日 (2)

10年6月25日 (3)

コバイケイソウ。 先日、花にはみえないな~、って言った花。

10年6月25日 (11)

近くで撮影できた。 花だった。

10年6月25日 (4)

大きくなります。 こんな花。

_MG_8llkkppp459.jpg

車山の頂上。

10年6月25日 (12)

1925㍍。 深田久弥は、こう言った。
「まだ、戦争の始まらない頃、私は霧ヶ峰で一夏を過し、遊ぶ山の楽しさを十分に味わった。
 もうとっくに焼けて無くなってしまったヒュッテの二階の、そこから真正面に乗鞍、御嶽、
 木曽駒の見える一室を私が占め、隣の部屋には小林秀雄君がいた」

10年6月25日 (16)

浅間連峰。 東の方に。

10年6月25日 (13)pp

木曽駒ケ岳。 この山を検討していたけど、上はまだ雪だ。

10年6月25日 (14)pp

八ヶ岳連峰。 右隅に、富士山が少し。 この時、富士山に気付いていない。(?)

10年6月25日 (17)

10年6月25日 (19)

富士山。 梅雨の時期に見えるのは珍しいそう。 右に広がってる町は、茅野市。

10年6月25日 (18)

南アルプス。 手前は、茅野市。

10年6月25日 (21)

仙丈ヶ岳

10年6月25日 (22)

分からない。

10年6月25日 (23)

この先、分からない。 乗鞍岳も、御嶽さんも。

10年6月25日 (24)

10年6月25日 (25)  10年6月25日 (26)

ここも頂上。 ここを少し降りたら、ロープウェーの駅があった。
登る人が少ない割に、頂上に人が多いと思ったら、これだった。

10年6月25日 (28)

この中に、分からない山がある。

10年6月25日 (29)

この後、花を探しながら降りた。 同じ花ばかりで、他の花は、滅多に見つからない。

美ヶ原高原に向かった。 車でずいぶん登った。 山の上が広く平らだった。

10年6月25日 (32)

こんな道を歩く。 山に登っているのかどうか、分からなくなる。

10年6月25日 (33)

美しの塔。  霧の日には、鐘を鳴らして道標。

10年6月25日 (35)

ホテルの少し向こうが、頂上。

10年6月25日 (42)

マイヅルソウ。 花の部分の長さは、3㌢ほど。 かわいい。 少ししかなかった。

10年6月25日 (5)

小さな花。

10年6月25日 (6)

7月に咲く、テガタチドリと思う。 2回見た。

10年6月25日 (7)

牛や馬が、放牧されている。 ある牛と話していたら、他の牛が寄ってきた。

10年6月25日 (36)

ここが、頂上。 1時間半ほど歩いた。 王ヶ頭と呼ばれる。     ここです

10年6月25日 (37)

ホテルがあるから、道がある。

10年6月25日 (38)

高原の周りは、どこも急な崖。

10年6月25日 (39)

高度2000㍍で、広く平ら。

10年6月25日 (40)

深田久弥は、こう言ってる。
「そういう高原の中で第一に挙げたいのが美ヶ原である。ここほどその条件にかなった所もないだろう。
(略)その高さに、広さを加えると、まさに日本一かもしれない。
 そのさまは尾崎喜八氏の、「美ヶ原溶岩台地」にみごとに歌われている」

10年6月25日 (41)

ここなら、子馬もすこやかに育つ。

10年6月25日 (43)

今日は、2つ登ったので、今年はこれで、百名山は5つ。
                   (開聞岳 大台ケ原山 乗鞍岳 と今日の2つ)
山に、まだ花は少ない。
7月に入って、山の雪が解けたら、高山植物も咲くでしょうね。


【道の駅】      美ヶ原高原美術館      ここです。 

【明日の予定】   天気が悪いから、どうしましょう。 建物の中か、穴の中か。

【今日の歌】     白い花(YouTube)  サクラスミレを見つけたので、撮影にじゃまな枯れ草を少し取り除いた。
                          その時、まちがって、花を摘んでしまった。
                          だから、上の写真は、茎を手で持って撮影。
                          ひっそりと咲いていたのに、悪いことをしてしまった。
                          この歌の中に、花を摘んでしまいたい、という歌詞がある。

            安曇野(YouTube)  手仕事屋きち兵衛さんです。
                          安曇野には先日いた。 今いる山の下は、安曇野。


【ブログランキング】  国内旅行2位、旅行全体で6位です。  
             クリックするバナーは、左の一番下にあります。気に入った所がありましたら、よろしく。

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。