FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

暑い一日だった。
蝉が、今が夏とばかり、盛んに鳴いた。
それでも、山の上の風は、涼しかった。

有珠山に登ると言っていたが、正確には、、外輪山だった。
有珠山そのものは、登山禁止になっていた。

登山口に向かっている。  登山口は、ここ

10年8月6日 (1)

10時前に出発。 広葉樹林の中の道。 どこまでも歩きたくなる道。 伊達のKさん。
木々の間を、時折風が通る。 それが、心地いい。

10年8月6日 (3)

木の花。 初めて見る。

10年8月6日 (2)

小さな谷を通ったり、変化のある道。

10年8月6日 (4)

花には、時々出会うだけ。

10年8月6日 (5)  10年8月6日 (6)

外輪山展望台を目指している。

10年8月6日 (7)

40分ほど登ったら、初めて噴火湾が見えた。 洞爺湖町の方向。

10年8月6日 (8)

蝉の鳴き声は、暑さを増す。

10年8月6日 (9)

ネジバナ。

10年8月6日 (10)

1時間10分ほどで、着いた。 見晴らしがいい。  この辺りは、昔は虻田町。 今は、洞爺湖町。 
黄色の丸は、昨日夕方いた、道の駅あぷた。

10年8月6日 (11)

道の駅あぷた。 去年も停泊した。 酒飲むぞ~って電話来たので、伊達に動いた。 

10年8月6日 (24)

伊達の市街地。 遠くは室蘭。

10年8月6日 (12)

室蘭。 煙の近くに、白鳥大橋がうっすらと。

10年8月6日 (26)

お地蔵さんに、一度聞いてみたい。
「もし歩けたら、どこに行きたいですか」「何をしたいですか」と。
「お経を唱えるのが私の務め」、と言うのかな。

10年8月6日 (13)

一番高い所は、東屋の所。   地図では、ここ

10年8月6日 (14)

洞爺湖が見える。 遠くの山は、羊蹄山。
※ 昨夜、3人で飲んだ。 来年の夏、羊蹄山に登ることを約束した。

10年8月6日 (15)

洞爺湖町。 大きな温泉街は、こっち側で、山のかげにある。

10年8月6日 (16)

有珠山。 円い穴は火口。 銀沼火口。

10年8月6日 (17)

洞爺湖側。

10年8月6日 (18)

有珠山は、火山活動が活発な、活火山。 この100年に4回、大きな爆発がある。
最近は、2000年の噴火。  その時の噴火(YouTube)    ※ 有珠山の噴火は、この記事に。 

10年8月6日 (19)

山の斜面。 木がない。

10年8月6日 (20)

洞爺湖の左側の山に、建物が見える。

10年8月6日 (27)

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ。 1泊2万円以上。 以前、サミットが行われた。 

10年8月6日 (21)

洞爺湖町。

10年8月6日 (22)

外輪山の稜線をずっと行くと、ロープウェイの終点の近くに着く。

10年8月6日 (29)

下の写真が、その場所。 人が見える。

10年8月6日 (28)

伊達市。

10年8月6日 (30)

トイレがあった。  展望台になっている。

10年8月6日 (31)

ススキも、秋に向けて準備。

10年8月6日 (32)

昭和新山は、近くにある。 羊蹄山は富士山だ。

10年8月6日 (33)

この後、途中まで別の道で、下山した。

10年8月6日 (34)

有珠山の外輪山からは、四方の風景が見えた。
噴火湾と町並み、洞爺湖、有珠山、みんな見えた。 天気にも恵まれた。

この風景を、子供たちに見せたいねと、Kさんと話した。
子どもの時に、風景に感動する経験をしていたら、大人になって、そんなもの見て何になる、とは言わない。

※ 今日、1日のアクセス数が、初めて900を越えました。(956)
  感謝です。

※ 今日は、広島原爆の日。 65年経った。   関連ブログ なぜ広島に 他
   吉永小百合が朗読する、人間を返せ(エムズの片割れ)


【道の駅】   伊達、歴史の杜     ここです
        下の果物などは、夜、Kさんからの差し入れ。

        IMG_973kkkkl7.jpg

【明日の予定】  日高に行って、牧場と馬を見る。

【今日の歌】   地平線(YouTube)   初めてです。


【ブログランキング】  国内旅行3位、旅行全体で8位です。  
             クリックするバナーは、左の一番下にあります。気に入った所がありましたら、よろしく。
スポンサーサイト



山奥の谷間の川に、異様な風景があった。
温泉の石灰華が、ドームのように盛り上がっていた。

10年前に経営者が変わり、昔の秘湯の雰囲気は薄らいだが、湯治場として温泉は続いていた。

午後4時頃に、道の駅あぶた に着いて、ブログの準備を始めていた。
「今日は、酒を飲まないで、文をちゃんと書くぞ」って、気合いを入れて。

その心構えが良かったのか、「酒飲むぞ~」って電話が入った。
伊達のKさんからだった。
酒は明日飲む予定だったが、網走時代の友人が来ると言う。
一緒に飲むことになった。

そんなことで、ブログは次の日に。

※ 今は、6日の7時半。 いい天気。 
  これから、Kさんのお家で朝食。 道の駅から近い。
  その後、有珠山の外輪山を登る。

  記事の続きは、午後3時頃からでしょうか。 温泉に入るから、もっと遅くか。
  晩は、また飲むので、今日のブログは、遅れるかもしれない。

※ 8日の日、日高山脈の最南端、アポイ岳に登ります。
  由布院で知り合った、Tさんが案内してくれます。
  高山植物の宝庫です。 (カンラン岩の山のため)

二股ラジウム温泉は、長万部の山奥にあった。  場所はここ

駐車場のそばに池があった。 ブクブクと、水が出ていた。 (お湯かも) お地蔵さんと洞穴も。

10年8月5日 (1)  10年8月5日 (2)

ホテルの名前は、二俣らぢうむ温泉。

10年8月5日 (13)

石灰華のドームは、温泉に入らないと見られない。 入浴料1000円。 高い。

10年8月5日 (12)

温泉は、川のふちにあるので、下りていく。

10年8月5日 (3)

父さんのお尻の写真も撮ったけど、お願いして、湯船に浸かってもらった。

お湯は、湯華で濁った感じ。 大量に含んでいる。
それが流れて、くっ付いて、固まって、後ろのようなドームが出来た。

10年8月5日 (10)

石灰華の厚い所は、25㍍。(町の調査で)
川は、左のずっと下。

10年8月5日 (7)

左の方。 階段状になっている。

10年8月5日 (5)

下は川。 急な斜面。

10年8月5日 (9)

Wikipediaには、下のように書いてある。

『ラヂウム温泉』を名乗っているが、温泉法に基づく分類では放射能濃度が基準に達しておらず、放射能泉では無い。

10年8月5日 (6)

ビンを温泉に浸けておくと、湯華がくっ付いて、置き物のようになる。 売っていた。

10年8月5日 (8)

内風呂。 上の露天風呂も、ここも、混浴。 
女の人もいた。 上の男の人と、「おばあちゃんだね」と話した。 それ以上の会話はない。

10年8月5日 (11)

昔は、こうだった。  これが消えたのが、残念。

温泉pp

伊達への途中にある、道の駅とようらに向かった。

下の写真は、道の駅の中。 豊浦町は、ボクシングの内藤大助の出身地。

10年8月5日 (14)

去年の11月、亀田興毅に負けて、今はチャンピオンではない。
負けたと言っても、打ちのめされて負けたのではなく、判定。 攻めたのは内藤。

10年8月5日 (15)

いいなと思った写真を少し。

10年8月5日 (16)

いい表情。

10年8月5日 (17)

10年8月5日 (18)

10年8月5日 (19)

ここに来た時の写真。

10年8月5日 (20)

ボクシングをやめてはいない。

10年8月5日 (21)

湯の華のドームは、河原と谷の斜面にある。
場所的に、個人の所有に出来るのかなと、思う。 ※ 斜面は、個人の土地かな。

こういう自然のものは、町などの、公共機関の所有になればいいと思う。
そうすれば、どのようにするかに、多くの人の意見が反映される。


【道の駅】     だて歴史の杜

【明日の予定】   有珠山に登ります。  伊達のKさんと一緒に。


【ブログランキング】  国内旅行2位、旅行全体で5位です。  
             クリックするバナーは、左の一番下にあります。気に入った所がありましたら、よろしく。

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。