FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

「凌げ斜里岳」    ※ 凌ぐ(しのぐ)~超えるという意味
これは、斜里高校の校訓。
斜里岳に登ってみて、斜里岳を凌ぐには、努力や知恵や根性がいることが分かった。
あらためて、いい校訓だと思った。

滝のような川を、ずっと登った。 
川の右と左を、交互に進んだ。  その度に、川を渡った。
足が濡れるのを気にしたのは、最初だけ。

危険な所が、いっぱいあった。 足を踏み外したら、滝を滑り落ちる所も。
鎖があったらいいなと思った。 

登りは、3時間50分。 下りは別ルートで、3時間30分。
簡単には登れない所が魅力。 百名山に恥じない山だった。


清岳荘の駐車場に向かっている。
途中から、砂利道。  斜里岳が見えた。
今日は、エゾリスに出会った。 ひょいひょいと走って、道を横切った。

10年8月28日 (1)

清岳荘に着いた。  場所はここ。  
車は20台くらい。 それとバスが2台。 これには、斜里町の小学生。
      
10年8月28日 (2)  

見晴らし台から、オホーツク海が見えた。 霞んでる。

10年8月28日 (3)

7時40分出発。 昼のおにぎりは、レストランで昨晩作ってもらった。
初め、少しだけ、林道を歩いた。 小さく斜里岳。

10年8月28日 (4)

山道を歩いてたら、道は川に下りた。 この後、川が無くなるまで、川に沿って歩いた。

10年8月28日 (5)

途中から、川は滝になった。 

10年8月28日 (6)

川は、何度渡ったか分からない。

10年8月28日 (7)

時々、滝の縁を登った。 水に中の石は滑らなかったが、苔のある石は、滑った。

10年8月28日 (8)

つかまる所が無い場所もあった。 1年に1人か2人は落ちるなと、思った。

10年8月28日 (9)

ハヤチネウスユキソウの早池峰山も、川に沿って真っ直ぐ登ったが、そんなに危険はなかった。 ※ 関連ブログ  早池峰山

10年8月28日 (10)

川は細くなって、8合目。 この滝は、左を登った。 木とかにつかまって。

10年8月28日 (11)

木のない場所が見えた。 まず、あそこに行くようだ。

10年8月28日 (12)

「危ないなあ」って、時々止まって登ったので、あんまり疲れていない。
ただ、暑いので、汗は噴き出た。

初めて、下の方が見えた。
下山は別の道にと、決めていた。
山を越えてから下ることは、後で知った。 黄色の○を通ってから、一気に下る。
黄色の○の山の、右の谷を登って来た。

10年8月28日 (13)

やっと川がなくなって、9合目。

10年8月28日 (14)

馬ノ背に着いた。 左の山に登って、右の頂上へ行く。

10年8月28日 (15)

左の山の上から。

10年8月28日 (17)

頂上は向こう。 雲の動きは速い。

10年8月28日 (18)

頂上に、人がいる。

10年8月28日 (19)

頂上には、右から回り込むように行った。

10年8月28日 (20)

11時半に着いた。 30人位人がいた。

10年8月28日 (21)

遠くに山が見える。

10年8月28日 (22)

正確には分からないが、摩周湖の方にある山。

10年8月28日 (23)

左下から、右の山の上を通って来た。

10年8月28日 (24)

小学生が着いている。 全員ではないが、頂上にやって来た。
※ 野球かサッカーなどの運動をしていたら、十分登って来れる。 元気な子は、大人より速い。

10年8月28日 (25)

オホーツク方面は雲。 左に知床がある。 見えない。

10年8月28日 (26)

こんなのがあるので、斜里岳の上の方は、岩っぽく見える。

10年8月28日 (27)

食事をして、12時5分に下山開始。 向こうに行って、左に下りる。

10年8月28日 (28)

少し下って、向こうの山を登る。 それから下る。 遠そうに感じた。

10年8月28日 (16)

下山は、地元斜里の人達と一緒に。 3人。
竜神の池。 湧水が出ていた。 きれいな池ではなかった。

10年8月28日 (29)

登っている。

10年8月28日 (30)

この道を、ずっと行く。 楽な下山ではなさそうだ。

10年8月28日 (32)

人が見えた。

10年8月28日 (31)

こんな道は、歩いて楽。 おしゃべりしながら。

10年8月28日 (33)

コケモモの実。 甘酸っぱく、眠気の覚める感じ。 たくさん食べた。

10年8月28日 (34)

小学生が、私たちの後を来ている。 先頭グループは元気がいいから速い。

10年8月28日 (35)

あと数分で、やっと頂上に。

10年8月28日 (36)

頂上は、熊見峠。

10年8月28日 (37)

大変な下りが続いた。 登るとしたら、2時間くらいかかりそうな坂。

10年8月28日 (38)

頂上が見えた。 雲が薄くなってきた。

10年8月28日 (39)

木につかまって、転ばないように。

10年8月28日 (40)

この場所からは、登りも歩いた。

10年8月28日 (41)

私は、川の中を歩いた。 冷たい水が、心地いい。

10年8月28日 (42)

川の中で転んだら、カメラをダメにする。

10年8月28日 (43)

着いた。 3時45分。 なかなかの下りだった。

10年8月28日 (44)

斜里や清里は、真っ直ぐな道ばかり。

10年8月28日 (45)

道の駅の温泉に入った後に、撮影。 

10年8月28日 (46)


斜里岳は、手強い山だった。
網走から東に住んでいたら、毎日この山を見て生活する。
安定感のあるいい形をしている。

本当は、明日羅臼岳に登りたかった。
でも、熊が出ているので、しばらく登れない。  少し前から。規制された。

※ コメントに関わっての関連ブログ  熊の悲しげな眼
 

【道の駅】   パパスランドさっつる   

【明日の予定】  神の子池、裏磨周でしょうか。


【ブログランキング】  国内旅行4位、旅行全体で11位です。  
             クリックするバナーは、左の一番下にあります。気に入った所がありましたら、よろしく。
スポンサーサイト



美幌峠からの屈斜路湖は、素晴らしい。 絶景だ。
でも、それ以上の屈斜路湖があるという。
それは、藻琴山山頂から見られるという。 そう言われたら、行くしかない。


北見市の東陵運動公園。 網走管内中学校陸上大会新人戦。
上渚滑中の子供たちの応援に。
昨晩、メールで、新人戦があると連絡が入った。 女満別の道の駅から戻った。
手前は幅跳び。 その向こうで、100㍍が。 子供たちは、100㍍に。

10年8月27日 (1)

井上伝蔵のいた所に。 ※ 昨日のブログに地図がある。
案内板があるはずだったが、駐車場ができたためか、なくなってた。

10年8月27日 (2)

藻琴山に向かった。 カーナビは、山道の近道を案内した。 山道はいい。

10年8月27日 (3)

途中通った、東藻琴の花園は、母親の生まれた所。

IMG_2pppl453

途中から林道。

10年8月27日 (5)

8合目。 銀嶺水という湧水がある。 帰りに。 ここから、30分はかからない。

10年8月27日 (6)

登山道が、いっぱい。 ここのスタートは、3時40分。 遅い。 夕方になると、熊が動き出す。

10年8月27日 (22)

頂上が見える。

10年8月27日 (7)

初めて下界が見えた。

10年8月27日 (8)

頂上の10㍍となり。

IMG_25bbvvc06

屈斜路湖。 霞んでいる。 午前中の早い時間だったら、良かったか。

10年8月27日 (9)

右の方。 この湖から出る川が、釧路川。

10年8月27日 (10)

昔は魚がいなかったが、今はいる。 クッシーは見えない。  ※ クッシー(Wikipedia)
中島。

10年8月27日 (11)

川湯温泉。
昔、川湯山荘という、教職員のための宿があった。 補助が効いて2千円くらいで泊まれた。
安くなった分で、外で飲んだ。 かえって高くなった。

宿での食事の後、釧路出身の若い先生が、宿の若い女の子に、お化けの話をした。
まりも国道のおばけ、という話。 女の子は、怖いって泣いた。

以前、いつかブログに書きますねと書いたけど、まだ書いていない。

10年8月27日 (12)

頂上。 

10年8月27日 (15)

薄い雲が出てきた。

10年8月27日 (13)

向こうからの登山道もある。 私は、後ろの方から。

10年8月27日 (14)

和琴半島が見える。 ミンミンゼミの北限。(地熱で暖かい)

10年8月27日 (16)

大空町東藻琴。

10年8月27日 (17)

エゾリンドウ。 秋の気配。

10年8月27日 (18)

下山開始。

IMG_2ppkkmm534

下界。

10年8月27日 (19)

熊の足跡。 新しい。

10年8月27日 (20)

登る時、気付かなかった。 撃退スプレーを、右手に持った。 熊は、飛び出してくる可能性がある。
笛を吹いてるので、99%は近くにはいない。
熊が獲った獲物が近くにある場合、それを盗りに来たと、熊に思われる。
そんな場合は、特に危険。

10年8月27日 (21)

銀嶺小屋。

10年8月27日 (25)

10年8月27日 (23)

銀嶺水。 8㍑汲んだ。

10年8月27日 (24)

熊がかじって遊んだのかな。

10年8月27日 (26)

山でなく、丘が続く。

10年8月27日 (27)

明日登る斜里岳。 いい形。

10年8月27日 (28)

知床連山。 羅臼岳は、真ん中かな。

10年8月27日 (29)

間もなく日が沈む。

10年8月27日 (30)

高原展望台。 藻琴山の中腹にある。 ここからの景色も悪くない。  ここです

10年8月27日 (32)

薄暗い中で撮影。

10年8月27日 (33)

硫黄山が見えた。

10年8月27日 (31)

駐車場。 建物もある。

10年8月27日 (34)

全体は見られたけど、霞んでいたのが残念。 でも、圧倒される程の雄大な風景だった。
明日は斜里岳。 天気は大丈夫。
足に筋肉痛は、すっかり取れた。 張り切って登る。


【道の駅】    パパスランドさっつる   ここです。   

【明日の予定】   斜里岳に登ります。 百名山です。


【ブログランキング】  国内旅行3位、旅行全体で11位です。  
             クリックするバナーは、左の一番下にあります。気に入った所がありましたら、よろしく。

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。