FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

アイヌコタンのお店で、エゾモモンガの彫り物を探した。
 ※ akkamui21のアッカムイは、エゾモモンガのこと。
ほとんどの店にはなかったけど、最後にやっと見つけた。
とっても、気に入っている。

明日、雌阿寒岳に登る。 しうさんも登る。
寺の石段を登るのも面倒そうだった人が、西別岳を登って、山に目覚めたのか。
大変な山ではないし、天気予報は完璧。
多くの人が登る。 心配なことはない。 登山口は、野中温泉。

さあブログを書くぞと思っていたら、夜の阿寒を歩くよと、しうさんが言ってきた。
はいよって歩いて、またブログが、中途半端で終わりそう。
(その通りになって、次の日の朝に)


雌阿寒岳に登るため、今日は阿寒に。
途中、展望台から雄阿寒岳が見えた。
左に見える山が、雌阿寒岳。

10年9月9日 (1)

2つ湖が。 パンケトーは小さくしか見えていない。  ここです

10年9月9日 (2)

10年9月9日 (3)

温泉街に向かった。 橋の欄干に、コロポックルがいた。
※ コロポックルは、蕗(ふき)の下に住む小人。
左に、ホテル鶴雅が見える。 高級ホテル。

10年9月9日 (4)

ここが目的地。 アイヌコタン。 コタンは集落の意味。 今はお土産屋さんが、集まっている。

10年9月9日 (5)

阿寒湖畔には、ここ以外にもお土産屋さん街がある。 北海道の観光地で、一番多いように思う。

10年9月9日 (6)

今は、フクロウの時代。 昔は、熊。

10年9月9日 (7)

私は、エゾモモンガの彫り物を探した。 店に入って聞くが、無い。 おもちゃの様なのは、たまにあるが。

10年9月9日 (8)

モモンガはデザイン化しにくいので、作る人が少ないという話を聞いた。

10年9月9日 (9)

これは、コルポックル。 もちろん、伝説。

10年9月9日 (10)

体重500㌔の熊のはく製。
阿寒の山の中に、600㌔の熊がいると言う。 このお店で何かを買ったら、写真をくれるとあった。

10年9月9日 (11)

店に聞いて歩いていた時、あるお店が、売ってる店を教えてくれた。
それは、ホテル街のお店だった。

10年9月9日 (12)

入り口の、シマフクロウ。

10年9月9日 (13)

ここが、鶴雅。 鶴雅グループの中心。 詳しくは、「あかん遊久の里鶴雅」。
北海道じゃらんの行った宿泊満足度調査において2006年度に第1位を獲得している。 他にも、多くの賞を。
昔、職場の旅行で1度だけ行った。 
これも昔の話だが、オウム事件の犯人が、一時ここで働いていたことがある。

10年9月9日 (14)

えぞりす、というお店で売っていた。
キーホルダーだったが、ペンダントにしてもらった。

10年9月9日 (25)

鶴雅のルームキーに、この作品が付いていると、教えてくれた。 デザインは色々で。
裏に、akkamui21と日付と阿寒湖を掘ってもらった。

IMG_44pp0099832

夕方、まりも温泉にいった。 途中、阿寒湖を見に。 見えるのは、遊覧船乗場。

10年9月9日 (15)

阿寒湖。 マリモで知られている。

10年9月9日 (16)

モーターボートが、静かな湖に向かった。

10年9月9日 (17)

ここがマリモ温泉。

10年9月9日 (18)

木のマリモがあった。

10年9月9日 (19)

のぼせちゃうから、がいいですね。

10年9月9日 (20)

ここは、手湯。

10年9月9日 (21)

マリモの唄の歌詞が。   こんな曲。 マリモの唄(YouTube)

10年9月9日 (22)

足湯が、あちこちにある。

10年9月9日 (23)

マリモ。 小さいのがビンに入って、安く売っている。

10年9月9日 (24)

夕食は、しうさんの車に呼ばれた。 マリリンと3人で食事。(?)
夜に、散歩。 急に寒くなって、セーターを着て。
こんな猿がいた。 人間の表情。

10年9月9日 (26)

10年9月9日 (27)

アイヌコタンの入り口。

10年9月9日 (28)

夜は、また別の雰囲気。 もう少ししたら、10時。 フクロウが、飛び出して来そう。

10年9月9日 (29)

見張ってる感じ。

10年9月9日 (30)

阿寒は、夜も昼も、歩いている観光客が目立った。
歩かなくなった観光地は、次第に寂れる。
そんな感じがするでしょうか。


【停泊場所】     阿寒温泉駐車場   ここです

【明日の予定】    雌阿寒岳に登ります。

【ブログランキング】  国内旅行6位、旅行全体で17位です。  
             クリックするバナーは、左の一番下にあります。気に入った所がありましたら、よろしく。
スポンサーサイト



朝、北見から戻る。 今日のお昼のおにぎりと、たくさんのおかずを頂いて。
小清水峠からの、屈斜路湖。

10年9月8日 (2)

目黒工芸店。
このお店では、渓流釣りを含む、山の中のトレッキングをやっている。
しうさんがそれを知っていて、根室で教えてくれていた。
昨日の予定だったが、雨だったので今日に。

午前中は釣り。 こんな恰好で。 途中から、道なき道を山に入った。

10年9月8日 (3)  10年9月8日 (4)

摩周湖の伏流水が流れている。 イワナが釣れる。

10年9月8日 (5)

しうさんも釣れた。 しうさんは、案内の人と一緒に。

10年9月8日 (6)

たまに、ヤマベが釣れる。 小さいから、放した。

10年9月8日 (7)

アメマスが釣れた。 少し大きい。 網ですくってくれた。

10年9月8日 (8)

たくさん釣れて、ごきげん。 ほとんどは、イワナ。 

10年9月8日 (9)

水は冷たく澄み切っている。 みんなで葉っぱで飲んでみた。

10年9月8日 (10)

店の主人は、小さな網でアメマスをすくった。 これは後で刺身になる。
40㌢までの網なら、それで魚を獲っても問題ないという。

10年9月8日 (11)

たくさん釣ってお店に戻った。
お店に、こんな写真があった。 エゾモモンガ。
数年前まで、お店で飼っていたという。 見てみたかったな。

10年9月8日 (12)

釣った魚は、料理してくれた。 塩焼、天ぷら、マリネ。
北見でいただいたおにぎりといっしょに、食べた。
贅沢な食事だ。 

10年9月8日 (13)

食べきれなかった魚は、包んでもらって、車の冷蔵庫に入れた。
車に戻る時、エコミュージアムの芝生に、こんなのが。

10年9月8日 (14)

午後から再び山に入った。
こんな看板があった。
木は、看板を木の傷だと思って、包み込もうとする。

10年9月8日 (15)

この近くに、キンムトーと第2硫黄山がある。

10年9月8日 (16)

熊の足跡。 左は、後足。 大きい。

10年9月8日 (17)

とりあえずここまで。 続きは別の日に。


10年9月8日 (18)


10年9月8日 (19)


10年9月8日 (20)


10年9月8日 (21)


10年9月8日 (22)


10年9月8日 (23)


10年9月8日 (24)

キンムトー(沼湯)

10年9月8日 (25)


10年9月8日 (26)  10年9月8日 (27)


10年9月8日 (28)

マダラスズ。 とにかく小さい、スズムシ。 ここと、阿寒の、地熱のある所にしかいない。

10年9月8日 (29)


10年9月8日 (30)


10年9月8日 (31)


10年9月8日 (32)


10年9月8日 (33)


10年9月8日 (34)


10年9月8日 (35)


10年9月8日 (36)


10年9月8日 (37)

ISO3200、シャッタースピード30秒で撮影。
しかし、たくさんの星は写らなかった。
ところが、パソコンで、コントラストを強調する作業を繰り返したら、星が湧き出てきた。
肉眼で見えた感じの所で、やめた。

天の川も鮮やかに見えた。 人工衛星が何度も通り過ぎた。 まさに、満天の星空だった。

10年9月8日 (1)


10年9月8日 (38)

夕食をしうさんに御馳走していただいた。 最初の料理、ツブ。 コリコリと新鮮。
ビールも飲んで。 カスベの煮物は、軟骨が美味しい。
秋刀魚のはらわたは、苦くてしょっぱい。 たまらない。

DSCbllb00975.jpg

                               
                               混浴です。  足湯ですが。
                               いい一日だったねって、星空を見ながら。

DSC0097pp4.jpg  DSC00978.jpg


【停泊場所】   川湯

【明日の予定】  阿寒

 

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。