キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小野町は、雄勝のように熱心ではなかった。
でも、他とは違う伝説だった。 墓に、菊の紋が入っていた。

あぶくま洞は、感動ものだった。
鍾乳石、石筍が、山ほどあり、地底に広がる幻想世界だった。


道の駅ばんだいに、フリースッポトがあり、ネットが使えるとあったので来た。
でも、パソコンの設定がうまくいかず、諦めた。(方法は、ネットで調べたが)
※ 使用する場所が、道の駅の中だったので、車が離れすぎていたかも。

どうしようもなくて、10㌔ほど走って、会津若松のネットカフェへ。
4日分あるので、記事は簡単に。 (19日夕方)


【追記】 20日の朝です。 FC2と繋がりました。 一安心です。
     昨夜書けなかった所は、書いていきます。



この滝は、乙字ヶ滝。

10年 7月19日 (21)

滝の形が、乙の字だという。 幅100㍍。 落差6㍍。 川は、阿武隈川。

10年 7月19日 (22)

芭蕉の句碑が。  1689年6月16日に来ている。

  五月雨の 滝降りうずむ 水かさなり     ※ うずむ~うずめる

10年 7月19日 (23)

橋から。

10年 7月19日 (24)

小野町の通り。  小町の生誕の地としての伝説がある。

10年 7月19日 (25)

都から来た小野篁(たけむら)と、地元の愛子(めずらこ)の間に、小町は生まれたという。
鬼石を見に行った。

10年 7月19日 (16)

途中で会った人が、愛子の墓を教えてくれた。  五輪塔が墓。

10年 7月19日 (17)

墓に、菊の紋があるのは、珍しいといった。

10年 7月19日 (18)

鬼石は山の上の方。

10年 7月19日 (19)

小野篁は、子供の小町を連れて、都に行った。

愛子神社。

10年 7月19日 (20)

鬼石。 この石の上に立って、見送った。 また、帰りを待った。

10年 7月19日 (11)

小野篁の館跡。 駅のそばに。

10年 7月19日 (12)

伝説については、ここに

おのにいまち(小野新町)駅。

10年 7月19日 (13)

小町温泉。

10年 7月19日 (15)

ここで生まれたとあった。 ※ もちろん、すべて伝説。 資料は無い。

10年 7月19日 (14)

小野町から10㌔ほどの所に、あぶくま洞はあった。 昔、石灰岩を掘った。 洞窟が見つかって、掘るのはお終い。

10年 7月19日 (7)

夏休みに入っているので、観光客が多い。

10年 7月19日 (6)

ここから入る。

10年 7月19日 (8)

人で、渋滞した。

10年 7月19日 (9)

ストロボをたくと、こうなる。 こんなには、明るくない。

10年 7月19日 (10)

広い空間に出た。

10年 7月19日 (1)

こんなの見たことあったろうか。

10年 7月19日 (2)

圧倒される量の、鍾乳石。

10年 7月19日 (3)

ストロボ使用。

10年 7月19日 (4)

こうですからね。

10年 7月19日 (5)

軽く、ライトアップしている。 写真より、少し薄い。

10年 7月19日 (26)

ここの鍾乳洞の長さは、600m。(人がはいれる部分)

10年 7月19日 (27)

何かに、見えてくる。

10年 7月19日 (28)

別の場所。

10年 7月19日 (29)

満足して、道の駅ばんだいに。 遠い。 郡山市内。 以前の職場に、この町から来た人がいた。

10年 7月19日 (30)

磐梯山。 昨年の秋に登った。   ※ 関連ブログ 磐梯山

10年 7月19日 (31)

※ ネットカフェの狭い所で、こんな感じで作業。 私のパソコンは、FC2以外は繋がる。

DSC009nnbbvv43.jpg


【停泊場所】    ネットカフェの駐車場になると思う。

【明日の予定】   鶴ヶ城かな。  去年通ったけど、寄らなかったから。
          近々、吾妻山に登る予定。

          ※ 次回の記事の更新は、3日後くらいでしょうか。 もっと、北の町で。

【ブログランキング】  国内旅行3位、旅行全体で7位です。  
             クリックするバナーは、左の一番下にあります。気に入った所がありましたら、よろしく。
スポンサーサイト

コメント

あぶくま洞

あぶくま洞は、幻想的で、魅了されます。涼しくて、今時分は一番いい観光地でしょう。この間の大雨の影響で、山口県の秋芳洞は全部水に浸かってしまいました。その後のニュースは、まだ聞いていません。
 もう福島県に入られたのですね。早いですね。福島県棚倉町は、柳川藩の藩換えの場所でした。藩主の立花家が少数の部下とともに20年ほど暮らしたところ。要するに、失脚した場所で、20ねんほど経ち、元の柳川の地に戻りました。日本歴史上、珍しいそうです。関が原の戦で破れ、臥薪嘗胆に徹し、徳川幕府に認められ、再封されたのです。どんな場所か、わたしは知りません。その付近を訪ねられたときは、ちょっと寄られてみてください。一応城下町の風情が残っているようです。
 しかし、真夏日が続いています。暑さに用心してください。那須岳は涼しいところでしたか。

Re: あぶくま洞

中は、寒いくらい。

棚倉町ですね。 調べてみます。

山の上は、ちょうどいい。 風は、そよ風に感じる。


お久しぶりです

ようやく繋がりましたね。
今日は会津若松ですか。昨秋に行った初めての東北旅行の出発点です。鶴ヶ城しか行けなかったのですが飯盛山の方にさざえ堂という変わった建物がありますので行って見てはどうでしょうか。

Re: お久しぶりです

普通に書けるということは、ありがたいです。
鶴ヶ城に行って、幕末を少し勉強してきます。

さざえ堂を調べてみます。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/1002-57080d7f

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。