キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小野川温泉に、小町の、どんな伝説が残っているのか探した。
また、黒川温泉に何を学んだのかも。

温泉街の川をはさんだ向こうに、小町山公園があった。
橋を渡って、坂を登っている。

草木塔がありそうな感じ。 ここには、無かった。 ※ 一つ、文字の読めない小さな石碑があったが。

10年7月22日 (1)

小町由縁の宿とある。 ※ 由縁は、ゆかりのこと。

10年7月22日 (2)

木の下に、こんなことが書いてあった。 
これは、草木塔の考えですよ。 

10年7月22日 (3)

この建物は、甲子大黒天本山。
案内看板に、こう書いてあった。 

小野小町は「われ此処にて眞善美の心を得た」と、絶世の美人が心眼を開いた場所でもある。

このことが、何に書いてあるとか、根拠は書いていなかった。

※ 後で調べて分かったことだが、この建物の中に、草木塔はあった。

10年7月22日 (4)

温泉街の風景。 小さな温泉。

10年7月22日 (5)

右に、小町居所跡とあった。 左は、小町の宮か。(標示はなかったが、あることになっている)

10年7月22日 (6)

温泉街の北側の入り口に、足湯があった。 霊泉 小野小町とある。
※ この場所で出前を頼むと、どこの食堂も運んでくれる。

10年7月22日 (7)

温泉街は、こんな感じ。 黒川温泉に学んだはずだが、お店は普通だ。

10年7月22日 (8)

観光案内所 兼 休憩所。 足湯もあった。 人はいなく、案内地図も無かったが。

足湯などのサービスは、学んだ結果でしょうね。

10年7月22日 (9)

この感じは、少しいいですね。

10年7月22日 (10)

水が飲める。 いいデザイン。 歩いていて、寄ってみたくなるのは、この雰囲気。

10年7月22日 (11)

小町観音。 山の上から、移築したとあった。
せっかく作ったのに、ここに自転車を置いたら、ダメですね。 横の、ホースも。

10年7月22日 (13)

小野川温泉の中心街。 共同浴場、尼湯がある。

10年7月22日 (12)

尼湯。 200円で入ることができる。

10年7月22日 (14)

童話作家 浜田廣介の句碑があった。

 「旅の芭蕉さま 世が二度あらば ござれ小野川湯の宿に」

面白い句ですね。 芭蕉は、米沢まできたが、ここは通らなかった。

※ 浜田廣介の作品に、「泣いた赤鬼」がありますね。  ※ 関連ブログ 泣いた赤鬼

10年7月22日 (15)

尼湯の、左奥。  この辺りが、一番雰囲気が良かった。 黒川温泉から学んだと感じる。

10年7月22日 (16)

小野小町休み石があった。 こんな伝説が。

京の都より父をたづねて、幾山河。 小町は慣れね旅路に疲れ果て、病に伏しこの石にて休む。
三州峰の薬師のお告げの通り、ふと辺りを見渡せば、立ち上る湯煙を見たり。
近くに、こんこんと湧き出る、湯の川を見る。
小町、これに浴(あみ)すること、7日ばかり。
疲れは取れ、病は癒え、元の美人に立ちかえり、また、父と再会することも得たり。
爾来(じらい)誰言うともなく、この石を「小町の休み石」と言う。
この石に座れば、美人になると相言う。

10年7月22日 (17)

こんな感じ。
ここの坂を登っていたら、若い女性の方が、挨拶をしてくれた。
この町に、図書館はありますか、と聞いた。
合併して、今は、米沢市に行かないとないと言った。
小町について知りたいと、私は言った。

家の人に聞いてみると言って戻った。
女性の方は、この旅館の娘さんだった。
資料とかないか探してくれたが、なかった。

黒川温泉から学んだことは、形だけでないことを感じた。
学ぶ前から、あったかもしれないとも、思った。

10年7月22日 (18)

坂を登って上から。

10年7月22日 (19)

別な場所。 足湯があった。

10年7月22日 (20)

10年7月22日 (21)  10年7月22日 (22)

さっき行った、小町山の甲子大黒天本山。

10年7月22日 (23)

らっきょうかな。 干すことあるのか。

10年7月22日 (24)

詳しくは分からなかったが、上山に向かった。 郵便局で、局留めの郵便を受け取った。

かみのやま温泉駅。

10年7月22日 (25)

駅前商店街。
※ 以前ブログに、坂井泉水の目のことを書いたことがある。
  その中で、息子さんの目のことで苦労していた、同僚(お母さん)のことを書いた。
  その人の出身地が、この上山市。  ※ 上山~かみのやま  ※ 関連ブログ 坂井泉水の澄んだ瞳について

10年7月22日 (26)

蔵王山のリフトに向かうことにした。 
近くに、野草園があったので寄った。 花の勉強。

10年7月22日 (27)

オゼコウホウネ。 ネムロコウホネを、以前見た。

10年7月22日 (28)

10年7月22日 (29)

ベニバナ。

10年7月22日 (30)

カワラナデシコ。

10年7月22日 (31)

コスモス。

10年7月22日 (32)

じょうずに蜜を吸っている。

10年7月22日 (33)

キキョウ。

10年7月22日 (34)

マタタビ。

10年7月22日 (35)

園内の地図。

10年7月22日 (36)

これも、コスモス。(そう見えた)

10年7月22日 (37)

小町の伝説については、ネットで調べたが、上に書いた以上のことは分からなかった。
地元でも、まだ整理できてないようだ。

黒川温泉に学び、温泉の活性化については、まだ道半ばに感じた。
「人が、一つにまとまる」
これが一番難しく、ここを学ぶ必要がある。

貧しかった時代でも、温泉旅館は裕福だった。
地域住民と温泉旅館が一体となるのは、むずかしいことかな。
地域全体が豊かになる、を基本に据えた時、道が開けそう。


【停泊場所】     蔵王温泉街の近く。  この辺りに

【明日の予定】    蔵王山へ。


【ブログランキング】  国内旅行2位、旅行全体で10位です。  
             クリックするバナーは、左の一番下にあります。気に入った所がありましたら、よろしく。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/1005-1de7d319

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。