キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
車のメンテナンスのため、見学できたのは1時間ほど。
懐かしい、以前乗ってたサーフで、金森赤レンガ倉庫群に。

函館を通る時、必ず寄るのが、「RV BIGFOOT キャンピングカーステーション函館」。
部品の注文もあるので、北海道を一回りして、本州に渡る前に、また寄る。

下の車が、昨年3月まで乗っていた車。 会社で使っている。
函館はお祭りだが、今日の昼間は、行事は無い。
赤レンガ倉庫群に向かった。 一昨年見たが。

10年8月4日 (1)p

函館で見る所は、下の4ヶ所の他に、五稜郭がある。 少し離れている。 ※ 関連ブログ 五稜郭他
また、立待岬が、函館山の裏側に。   ※ 関連ブログ 立待岬

朝市は、函館駅のすぐ側に。  オレンジの○。   ※ 関連ブログ 朝市他
ピンクは、昨日歩いた、元町公園。

赤レンガ倉庫群は、黄色。

IMG_958ppllkkp4

昔は倉庫だったが、今はお店。

10年8月4日 (2)

金森(かねもり)洋物店がこの地域の起源であり、現在は、金森商船株式会社が管理・運営をしている。
そのため、金森赤レンガ倉庫群と言うことが多い。

10年8月4日 (3)

この辺りから、元町公園にかけて広く伝建地区。

10年8月4日 (4)

煉瓦(れんが)の建物は長持ちする。 楽に100年以上。 ローマには、2000年以上前のもある。
古くなったら、再生可能。 こういうのは、地球にやさしい。

10年8月4日 (5)

幕末から明治にかけて建造されている。

10年8月4日 (6)

こんな現代風の建物も。 

10年8月4日 (7)

函館山。

10年8月4日 (8)

歩いて楽しい所。

10年8月4日 (9)

この辺り一帯は、ウォーターフロントと呼ばれる。 海に近い場所の意味かな。

10年8月4日 (10)

何気ない場所にも、ベンチが。 お店が中心だが、買い物をしなくても楽しい。

10年8月4日 (11)

景観を含め、全体がコーディネートされている。 専門の職業はあるのかな。

10年8月4日 (12)

左に行ったら、昨日の坂。 歩いて10分ほど。

10年8月4日 (13)

中心の通りはここでしょうか。

10年8月4日 (14)

倉庫と倉庫の間の通り。

10年8月4日 (15)

お店の中の雰囲気を、時々撮影。 大きな顔をしては撮れない。 さっと撮る。

10年8月4日 (16)

お店は、アクセサリーや、ガラス物、食べ物屋さんが多いでしょうか。

10年8月4日 (17)

倉庫の中の、通り。

10年8月4日 (18)

アクセサリーのお店。

10年8月4日 (19)

ここも通り。

10年8月4日 (20)

さっきは、右上からこっちを撮影。

10年8月4日 (21)

いい表情ですね。 

10年8月4日 (22)

ここはお菓子。

10年8月4日 (23)

以前来た時、このボートに乗った。

10年8月4日 (24)

オルゴールのお店。

10年8月4日 (25)

こんなのが。

10年8月4日 (26)

中庭のような所に、足湯。

10年8月4日 (27)

窓に飾られていた。

10年8月4日 (28)

足湯。 別方向から。

10年8月4日 (29)

この通りと海との間に、赤レンガ倉庫群はある。

10年8月4日 (30)

再び足湯。 どっちから見てもいい。

10年8月4日 (31)

函館に来たら、烏賊という言葉が、目につく。 
最初、「からすぞく」って何だったべ、って分からなかった。 何てことない「イカ」のことだった。
※ イカの口は、トンビと言いますね。 イカは、カラスともトンビとも、関係あるのか?

イカ飯を食べた。
最近、普段、酒は飲んでない。 ただ、体が疲れたな~って時に、飲みたくなる。
飲んだら、すぐ眠くなった。

10年8月4日 (32)

歩いて楽しい街って、どこにあるでしょう。
まず、京都。 小樽、長崎。 そんなにないですよ。

函館は、朝市・レンガ倉庫・坂の元町へと、ずっと歩ける。
魅力大きな街でしょうか。


【停泊場所】   長万部の少し南の、海に近い空き地。 (最初、倶知安と書いたのは間違い)

【明日の予定】  長万部(おしゃまんべ)辺り。 場所は見つかってない。
         ※ 若い女の子が、あなたはどこの出身ですかと聞かれ、「おしゃまんべ」ですって、いいづらくないかな。
           そんなこと言ったら、長万部の人に、叱られれるか。       

【ブログランキング】  国内旅行2位、旅行全体で5位です。  
             クリックするバナーは、左の一番下にあります。気に入った所がありましたら、よろしく。
スポンサーサイト

コメント

懐かしい、いいとこでした。

函館は仕事で何度も参りました。
機械のトラブルを一応処理し、経過待ちで時間がありましたので摩周丸そばの桟橋まで行き夕焼けの函館山を見ていました。
海越に函館山、中腹から真っ直ぐ下りる坂道、ケーブルカー、旧公民館などすばらしい景色に見とれました。
ふと気がつくと直ぐ近くのレストランの客達の目が私に集中しているのに気づきました。
自殺でもするかと思ったのでしょうね。 疲れていました。 この街はとっても美しい街ですが、私にはいろいろ苦い思い出も多くつらいとこです。

Re: 懐かしい、いいとこでした。

その町で過ごした人にとっては、その町の良さは、風景や町並みだけでは決まらない。
そういうことなんですね。
函館は、私にとって、忘れられない町です。
大事な思い出がある。

どこかの町に、苦い思い出は、誰にでもあります。
そのことを、心の中で、どう整理したらいいのでしょう。
人生ってそういうものだって考えたら、少し楽になるかもしれません。

いつか、穏やかな気持ちで、函館の町を歩けたらいいですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/1018-b8d3e411

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。