キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
山を下りた時、ビールを飲みたくなかった。 飲めなかった。 食事もダメ。
疲れ切ってしまった。

利尻岳は、私の本で、登り6時間、下り4時間となっていた。
フェリーが着いてから、最終のフェリーが出るまで、10時間。
登山口まで、タクシー。 その時間もいる。

8時30分に登り始め、5時40分過ぎにやっと下山した。
後10分遅れたら、フェリーには乗れなかった。

きびしい山だったが、この山にしかない花を見た。


6時30分、鴛泊(おしどまり)行きに乗る。 駐車場から10分ほど歩いて、フェリーターミナルに。
ここからは、利尻・礼文の他に、サハリン行きもある。 ロシア人もやってくる。

10年8月19日 (1)

稚内港を出発。 予報通り、快晴。

10年8月19日 (2)

朝早いので、寝てる人も多かった。 登山者も多い。
ロシア人の女性が乗っていた。 まぶしそうな表情が、印象的。
紋別港で見たロシアの漁船員は、酒を飲んで目が赤く、少し頽廃的(たいはいてき)だったが、それとは違った。

おにぎりを1個食べた。 6個コンビニで買った。
アポイ岳の時、Tさんの奥さんが作ってくれた美味しさではないが。

10年8月19日 (3) 10年8月19日 (4) 10年8月19日 (5)

利尻島に利尻岳はあるが、利尻島そのものが利尻岳。

10年8月19日 (6)

途中からは、右側の稜線を登る。 

10年8月19日 (7)

利尻島は、観光地だった。 この時、8時10分。 港は人でいっぱい。

10年8月19日 (8)

登山口。 ここまでハイヤーで来た。   ここです

頂上まで、8.4㌔。  8時30分出発。

10年8月19日 (9)

甘露泉水(かんろせんすい)。  ここで、水を飲んだ。 広葉樹林の中を歩いた。

10年8月19日 (10)

五合目を過ぎた辺り。 9時50分。 視界が初めて開けた。 礼文島が見えた。 下の町は、沓形(くつがた)。

10年8月19日 (11)

鴛泊港。

10年8月19日 (12)

山の上。

10年8月19日 (13)

こんな花(実)が目立った。

10年8月19日 (14)

このリンドウが多かった。 名前は?

10年8月19日 (15)

頭を何回も木にぶつけた。

10年8月19日 (16)

午後の1時30分に、頂上に着く予定。

10年8月19日 (17)

11時50分。 8合目。 出発して、3時間20分。 7合目から8合目までが遠かった。 時間を使い過ぎてる。

10年8月19日 (18)

まだまだある。

10年8月19日 (19)

リシリブシでよさそう。 多くあった。

10年8月19日 (20)

10年8月19日 (21)

沓形港方面。

10年8月19日 (22)

山の向こうから、稜線の右の白い所(8合目)に上がり、左へずっと稜線を歩く。 左に避難小屋が見える。

10年8月19日 (23)

9合目に着いた。 12時40分。 女性が一人と、夫婦の方がいた。 夫婦の方は、ここで戻ると言った。

10年8月19日 (24)

頂上がどこだか分からない。

10年8月19日 (25)

3人の写真。 奥様が横を向いていた。 写真を撮ると言ったので、隣の人に声をかけてくれた。
もう1枚、撮ればよかった。

10年8月19日 (26)

時間が心配だが、頂上に向かった。 下に、9合目が見える。

10年8月19日 (27)

上から人が来た。 頂上までどのくらいか聞いたが、はっきりしない。 

10年8月19日 (28)

ここの隙間を抜けたら、上が見える。 ガレ場で、歩きにくい。

10年8月19日 (29)

後で知るが、まだ頂上は見えていない。

10年8月19日 (30)

10年8月19日 (31)

やっと見えた。 この時、1時40分。

10年8月19日 (32)

10年8月19日 (33)

着いた。 1時45分。  5時間15分かかった。 遅れたが、うれしい。  急いで写真を撮る。

10年8月19日 (41)

西の沓形。

10年8月19日 (34)

向こうから登って来た。

10年8月19日 (36)

礼文島が見える。

10年8月19日 (37)

急峻な岩場が多い。

10年8月19日 (38)

危険なので、行けない。 禁止。

10年8月19日 (40)

礼文島。

10年8月19日 (42)

遠くに、稚内。

10年8月19日 (43)

サロベツ原野。

10年8月19日 (44)

沓形港。

10年8月19日 (45)

鴛泊港。

10年8月19日 (46)

食事の時間は、10分ほどしかなかった。 おにぎり一つと、おかずを少しだけ食べた。 
足に「どうだい」と聞いた。
「今日は、2つ登りましたね」と言った。

10年8月19日 (47)

頂上には、9合目にいた女性も登って来ていた。
20分ほどいて、2時5分に下山。

10年8月19日 (48) 10年8月19日 (49)

頂上にいた2人の男の人に、リシリリンドウの場所を教えてもらっていた。
9合目への途中にあった。 見つけられないでいた。

10年8月19日 (50)

花を撮ったりしていたら、女性の方が下りてきた。 8合目まで、一緒に下山した。
女性の方は、鹿児島県の出水市から来ていた。 1万羽の鶴を見た町だ。

私は急ぐので、先に下りた。  ※ 女性は、上にいた2人の男性と一緒に下山。

7合目から、2時間ちょっとで下山した。 ずっと急ぎ足。 行者の感じだ。 時々飲む水が美味しかった。
途中で、タクシーに電話して、待ってもらっていた。
5時42分頃、着いた。 タクシーの運転手は、6時5分のフェリーに間に合うと言った。 安心した。
※ 間に合わなかったら、キャンプ場に泊まるつもりだった。 持っていた、小さなビバーク用のテントに寝て。

10年8月19日 (51) 10年8月19日 (52) 10年8月19日 (53)

多くの登山者に出会ったが、9割は、前日に島に入っていた。
日帰り登山は、みんな朝の5時頃出発していた。
利尻岳はそういう山だった。

利尻岳は、美しく毅然としている。 美しさは、利尻富士とも表現される。

10年8月19日 (54)  10年8月19日 (55)

10年8月19日 (56)

稚内に着いた。

10年8月19日 (57)

この夏の北海道での大きな目標は、利尻岳に登ることだった。
大変なのは聞いていたので、登頂出来たことはうれしい。

本当に疲れるとは、こういうことだって知りましたね。
最後の2時間がこたえた。

私にとっては、この山が限界。
まだまだ鍛え方が足りない。 そのことも知った。


【停泊地】    昨晩に同じ

【明日の予定】  稚内市内の散策
         阿蘇で別れたしうさんが、午後稚内に入る。 晩に食事。
         ※ 阿蘇のブログ   火振り神事 他    白蛇神社 他 

※ 昨夜、アクセス数が20万を越えた。 10万を越えたのは、この春。 早かった


【ブログランキング】  国内旅行3位、旅行全体で14位です。  
             クリックするバナーは、左の一番下にあります。気に入った所がありましたら、よろしく。
スポンサーサイト

コメント

利尻岳

お久しぶりです。最近忙しくて中々コメントが出来ませんでした。
利尻岳に登られたんですね、厳しい山というのは知っていましたが今のぼくの体力で10時間では登れないでしょうね。いい天気ですねかなり遠くまで見えたんじゃないですか。
このお盆休みで群馬の赤城山・榛名山・妙義山・本白根山に登って来ました。この中で、妙義山はとても厳しい山でした。中腹にある大の字という岩峰を周ってくるコースでしたが鎖場が七箇所ありかなり危険でした。本白根山は火口跡を周るコースでしたがコマクサ等花が多くていい山でした。
来年にでも登ってみてはいかがでしょうか。

Re: 利尻岳

暑かったですね。 汗が顎から落ちた。 下を向いた時、眼鏡のレンズにも。
遠くまで見えました。 サハリンも。

この秋、赤城さんに登る予定があります。
どこの山奈良登れるのか、詳しく分かりません。

最北の稚内が暑いですよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/1033-afe509b9

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。