キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
川北温泉より秘湯と呼ばれる温泉は、他にあるだろうか。
最果ての町標津に来て、そこから20㌔知床に入る。 
さらに5㌔、笹の沢林道を谷の奥へと進む。
いつ熊が出てもおかしくない所に、露天風呂だけがある。 
管理人はいない。 無料。 


昨晩は、ここの駐車場に停泊。 
熊が出たので、バイクの人達のキャンプは、禁止になっている。

※ 話がそれるけど、こんなの面白くないかな。
  どこかの山の中で、肉の塊を置いて、離れた所から夜中じゅう見る。
  肉には、弱い灯りを当てる。

  弱い光でも、撮影は出来る。
  面白そう。
  誰かに、文句を言われるかな。

ここ、開陽台からの見晴らしがいい。

10年8月29日 (26)

IMG_2ccxxzzs960

知床方面。

10年8月30日 (2)

向こうは、オホーツク。 遠くが霞んで見えない。 電波塔が邪魔。 昔はなかった。

10年8月30日 (3)

霞んでいるけど、雰囲気はまるく写った。 左の方に、中標津の市街地。

10年8月30日 (4)

中標津の市街地。

10年8月30日 (5)

摩周湖の方。 こっちは山側。  山や丘の風景は、それはそれで、変化があっていい。

10年8月30日 (7)

農家は、こんな感じ。 畑は林に囲まれている。 風が強いから。

10年8月30日 (8)

開陽台は、バイクの人達のメッカになっていると言う。

10年8月30日 (9)

展望台の上。 

10年8月30日 (10)

こんな窓が。

10年8月30日 (11)

窓の下に、この文。 
満天の星空を見上げた時、下の文のように、星空に吸いこまれそうに感じる時が、確かにある。

10年8月30日 (1)

開陽台 幸せの鐘。 鳴らすの忘れたので、少し心配。

10年8月30日 (12)

秘湯 川北温泉に向かった。 カーナビは近道を示した。 賢い。
こんな真っ直ぐな道が好き。

こっちの方の道は、とにかく真っすぐ。
どこに行くにも、阿弥陀クジのような走り方。

直線は、普通に10㌔以上ある。

10年8月30日 (14)

武佐岳。(カーナビで判断) 右の方は、羅臼岳。 
羅臼岳の左下が羅臼峠。 しうさんは、今そこにいる。 メールが来た。 動きが速い。
「風に吹かれて」とか言ってるけど、自分が風でないのかな。

10年8月30日 (15)

上の写真から、曲がった。 知床の方向に走っている。
こんなに道が真っ直ぐなら、車のハンドルはいらないんでないかな。
「ばか、ハンドルは、真っ直ぐ走るために、あるんだ」って言われるか。

10年8月30日 (16)

牧草の作業をしていた。

10年8月30日 (17)

刈った草を、かき混ぜている。 乾燥しやすいように。
草を刈ったり、こんな仕事をしていたら、明日は天気がいい。 降っても、弱い雨。
明日雨降るのに、今日草刈りはしない。

10年8月30日 (18)

ここから、笹の沢林道に入る。  場所はここ

10年8月30日 (19)

川に沿って上っている。 
後で魚を釣るので、釣りやすい場所を探しながら走った。

10年8月30日 (20)

最後は林道から離れて、右に入った。 見えてきた。

10年8月30日 (21)

ここが、川北温泉。 全体は、こんな感じ。       ここです。

10年8月30日 (22)

建物は、脱衣所。 露天風呂で、左が男、右が女。

10年8月30日 (24)

若者がたくさんいた。 男は、脱衣所を使わない者が多かった。 

10年8月30日 (23)

この後、私も入った。 
左の父さんは、ぬるめが好きなので、どんどん水を入れる。
お湯の温度が、40度位になってしまった。 どうしようもない。

木の葉っぱとかが入っていたので、私は10分くらい網ですくった。
※ 管理は、地元の人がボランティアでやっている。
  毎朝、お湯を投げて掃除をするのだが、今日はしてないそう。

お湯を飲んだら、しょっぱい味がした。 美味しい。 料理に使えそう。

左の父さんが、こんな恰好をしたので、そのままでいてねと頼んで、直ぐに出た。
そうして撮ったのが、この写真。

10年8月30日 (25)

極楽、という表情。

10年8月30日 (26)

別の方から撮影。
この時、私は、うっかり、もっと左に行ってしまった。
女湯が見えてしまった。 入っている人達に謝った。
ちゃんと謝っていると分かってもらうために、しっかり顔を見て謝った。 他は見てない。

10年8月30日 (27)

川北温泉は、昔、町の保養施設があった。 30年以上前に壊れた。
その後、湯船だけが残っていた。
30年程前に来た時は、脱衣所も何もなし。

その時、湯船の縁のタイルの上に、ヘビが横たわっていた。 ヘビは、温かいのが好き。
ヘビを眺めながら、入った。

途中、こんな所で、魚を釣った。 ねらいは、オショロコマ。

10年8月30日 (31)

直ぐに、ヤマベ(ヤマメ)が釣れた。 10㌢くらい。 小さい。
釣ったのは、全部放す。 キャッチ・アンド・リリース。 きれいな魚だ。

10年8月30日 (28)

ヤマベを何匹か釣ってるうちに、釣れた。 オショロコマ。 昨日のブログの魚。
赤い斑点が特徴。 尻尾のちょっと前の上に、小さなヒレがある。 アブラビレ。 サケ科の証拠。
大きな目をして、めんこい。

10年8月30日 (29)

これを釣って、お終い。 昨日ジャンプしてたのは、これが海に行って、大きくなったやつ。

10年8月30日 (30)

橋の上から撮影。 この谷に入っていた。

10年8月30日 (32)

金山の滝。 下には、降りられなかった。  場所はここ

10年8月30日 (33)

標津の福住というそば屋で、天ぷらうどんを食うぞって、張り切って行ったら、休みだった。
中標津で買ったホッケを焼いて食べた。
タイムセールだと言って、250円のホッケが、3枚で500円だった。
羅臼のホッケだから、美味しい。 もっと大きいのは、最高級品。

IMG_30099887082

港に公園があった。 そこに停泊。

10年8月30日 (34) 10年8月30日 (35) 10年8月30日 (36)

川北温泉に、のんびり1週間程、いてみたいと思った。
本を読んで、魚を釣って、昼寝をして、入りたい時温泉に入って。 
ブログを書くのを、いつかやめたら、やってみるかな。


【停泊場所】   標津町の港の公園駐車場  ここです

【明日の予定】  サケ釣りを追っかけてみようか。 自分も釣りたい。 道具はない。

【今日の歌】   オホーツクの船唄(YouTube) 倍賞千恵子です。 この人の、絞り出すような歌い方が好き。
                              昔、養老牛温泉の藤や旅館で会った。
                              夜、自動販売機の前で。
                              倍賞千恵子と知ったのは、後でだった。
                              話すことができたのに。
                              この日、寅さんとは、お風呂で話していた。

          ※ この歌に出てくる、「朔北」(さくほく)という言葉が好きです。
            この言葉については、このブログの最後に書いてあります

【ブログランキング】  国内旅行3位、旅行全体で6位です。  
             クリックするバナーは、左の一番下にあります。気に入った所がありましたら、よろしく。
スポンサーサイト

コメント

偶然に見つけました。楽しく拝見いたしました。男湯側のベンチを作って置いて来たものです。いい旅を続けてくださいね。
またの機会にでも読ませていただきます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/1044-faae42e6

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。