キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オンネトーで、再び昨日の夕陽を期待したが、雌阿寒岳は赤くならなかった。
3時を過ぎて撮影を始めたこともあり、広い範囲での完璧なオンネトーブルーは、撮れなかった。
でも、あちこちに、感動のブルーはあった。

※ どんな条件がそろったら、昨日のような赤い山が見られるのだろう。 不思議だ。 昨日の赤い山の写真

オンネトーに向かう前に、阿寒湖を見た。 湖への道。

10年9月11日 (1)

湖岸にある、ボッケ。 ボッケは、泥火山のこと。 熱い泥が湧き出ている。

10年9月11日 (2)

10年9月11日 (3)

阿寒湖。 砂浜を掘ったら、熱い所もある。

10年9月11日 (4)

弁慶の足湯があった。 弁慶は、近くの本別まで来たと説明が。 本別が気になって来た。

10年9月11日 (5) 10年9月11日 (6) 10年9月11日 (7)

オンネトー。 ここは、湖。 川がせき止められてできた。 
ここは足寄町で、水は、十勝川に流れる。 阿寒の水は、阿寒川で、釧路の方に。
私の基準で、感動のブルー第1位。(今まで見た中で)  これは昨年撮影の写真。 その1 その2

10年9月11日 (8)

ここが、展望台。 湖岸から、800㍍。
時間がなかったので、急ぎ足で一気に登った。 10分ほどで着いた。 疲れた。

10年9月11日 (11)

オンネトーに、雌阿寒岳が映るかと思ったら、映らなかった。
携帯が使えたので、しうさんにそのことを伝えた。 見えたら、来たと思う。

10年9月11日 (9)

もし写ったら、湖に映る、赤い雌阿寒岳を撮りたかった。

10年9月11日 (10)

少し場所を変えて撮影。 水の色は、はっきりとした、ブルー。
天気などの条件が違ったら、もっと青くなる。

10年9月11日 (12)

展望台から下りた。
薄暗いこともあり、広い範囲で、感動のブルーは見られなかった。
探して歩いた。

10年9月11日 (13)

いい色の所には、山が映っていた。 いや、山が映っている所が、いい色だったのか。
空が映ると、湖面は白くなる。

10年9月11日 (14)

光の加減で、こんな薄いブルーも。

10年9月11日 (15)

IMG_4689988684

湖の中で温泉が湧いている。 湖の水に、温泉が混ざっている。 それが、美しい色の原因のよう。
普通の水の場合、色の美しさには、限界がある。

10年9月11日 (16)

木の向こうに、こんな感じで見えている。 

10年9月11日 (17)

歩きながら、撮影スポットを探した。

10年9月11日 (18)

軽い、ブルー。

10年9月11日 (19)

エメラルドグリーンよりは、濃いでしょうか。

10年9月11日 (20)

IMG_443564720

ここは、五色沼の別名がある。 場所によって時間によって、天気によって、変わる。

10年9月11日 (21)

こんな写真を撮る時は、湖に映っている木とかにピントを合わせないと、ボケる。
初めて、知った。

10年9月11日 (22)

湖面の色は、ブルーかグリーンかの、どちらか。

10年9月11日 (23)

天気のいい日は、どんなブルーなのか、湖面に山が映らない色を見たい。
条件が良くなくても、オンネトーブルーは、いい色だった。

野中温泉の駐車場に戻って、オンネトー温泉景福(けいふく)に入った。(写真は携帯で)
真ん中は露天風呂。

DSC0099978980 DSC0007560981 DSC0044356982

この温泉は、旭川の姉が、いいよって教えてくれた。
いつもはカラスの行水だけど、今日は、のぼせるまで入るぞって、行った。 300円。

露天風呂は、仕切りは途中までで、混浴。 でも、入っているのは私だけ。
お湯がぬるく、のぼせるどころか、体が冷えてきたので出た。

内風呂に入った。 湯船の下の一部が、砂利になっていた。
お湯は、そこから湧いてるようだった。 
のぼせるぞって、あごまで湯に浸かったが、いつまでも入っていられた。
20分くらいしたら、体は温まった。
    ※ 関連ブログ  湯の峰温泉「つぼ湯」  ここは、下からお湯が湧いていた。

しうさんという方が、ブログに登場していたが、この人は私の旅の師匠。
旅のノウハウを教えていただいて、私は旅に出ることができた。
また、この人のお父さんにも、熊本の菊池市に行った時、たくさんお世話になった。
昨年も、今年も。   最近のしうさんと一緒の時の、しうさんのブログを紹介します。

写真で綴る雌阿寒岳(9月10日)    川湯満喫1日ガイド(9月8日)   納沙布岬の夕陽(9月4日)   根室を満喫(9月3日)
ノースプレインファーム ミルクホール(8月24日)   滝の上町「陽殖園」(8月24日)   お呼ばれしました(8月23)   稚内で再会(8月21日)

【停泊場所】   野中温泉公共駐車場

【明日の予定】  帯広方面に向かうのかな。

【ブログランキング】  国内旅行9位、旅行全体で20位です。  
             クリックするバナーは、左の一番下にあります。気に入った所がありましたら、よろしく。
スポンサーサイト

コメント

毎日みています。

美しい写真に感動しています。
「この場所に行ってみたい・・・」と未来に輝きを
持つことが出来るブログです。
素晴らしい景色は歩くこと、留まること、そして
感動する心・・・
頑張ってみます。

Re: 毎日みています。

「この場所に行ってみたい・・・」
実は、そう思ってもらえるような写真を、目指しています。
このことは、ブログには書いたことはありません。
いつか書こうと思っています。

何気ない中に、いい風景がたくさんある。
街の中にも。 人の表情にも。
本当は、人間を自由に撮れたら、どんなに楽しいだろうと思うことがあります。

お祭りの写真を撮りに行くのは、それがあるからです。

写真については、まだまだ、勉強が足りない。
こんど、ツタヤで本を買います。
まとめて、いっぱい買います。
※ 先日、コインランドリーで1冊読んだ。面白かった。
  内容は、全部覚えています。
  こういうことは、私にとっては、珍しいこと。



シショ~↑

8日もご一緒したんですね! ありがとうございました&お付き合いお疲れ様でした。
特に雌阿寒岳はペース乱されまくりで大変だったことと思いますm(_ _)m
早くも来年の目標もできたので、足腰を鍛えますΣp(=_=)q
そしてシショー(笑)として恥ずかしくない旅を続けられるよう心がけます(^_^ゞ

Re: シショ~↑

マリリンもいて、楽しい日々でしたね。
長野の戸隠で一緒になれたら、蕎麦を御馳走してください。
お返しに、近くにある、鬼無里(きなさ)を案内します。
来年機会があったら、また山に登りましょう。

師匠だけあって、何かの発見が私より早い。
それが面白くない。 いや、間違い。 くやしい。 そして、尊敬する。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/1056-85ed2df3

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。