キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北海道と本州の一番近い所は、汐首岬と大間崎の間だった。 17.5㌔。

道の駅なとわ・えさん から、岬の方に行ってみた。
海浜温泉があることになっていたが、分からなかった。
道が狭く、駐車できる所はなかった。

この写真の辺りは、道は広い。 写真の真ん中辺りに、コンブを拾っている人が。

10年9月22日 (2)

引っかける道具を持っている。 コンブは高く売れる。

10年9月22日 (1)

汐首岬に向かった。 岬はあったが、ここも、近くに駐車場はなかった。
通り過ぎて、港に車を置いた。

10年9月22日 (3)

汐首と言う名前に、何か伝説があるかと思ったが、無かった。 アイヌ語から来ていた。
私は、鬼首(おにこうべ)伝説を思い出していた。  ※ 関連ブログ 鬼首伝説

この辺りは、函館市と合併する前は、戸井町。

10年9月22日 (4)

竜飛崎の方は、19.2㌔。 少し、こっちが近い。
竜飛崎の対岸の北海道の岬は、白神岬。 去年行った。 ※ 白神岬の写真

大間崎まで、17.5㌔。 海に道があったら、自転車で1時間で行ける。

0097864eea.jpg

コンブは石の上に干すが、この姿も、時々見る。 岬に向かって歩いている。

10年9月22日 (5)

こんな階段が、時々ある。 津波の時に逃げるためと思う。
上に、昔の線路跡があるはずと考え、登った。
登る前、地元の人に、マムシに気を付けてね、と言われた。 最近は見たいと思っていない。 マムシはここに

10年9月22日 (6)

見晴らしは良かったが、線路跡は分からなかった。 ここの線路は、汽車が走ったことはない。
岬の方には、コンクリートの橋があった。

見える港は、汐首港。

10年9月22日 (7)

下北半島が見える。 汐首岬は、左に少し行く。 景色がいいわけでないので、行かなかった。

10年9月22日 (8)

立待岬に向かった。 昨年も行ったが、写真が小さいので。
遠くに函館山が見える。 

10年9月22日 (9)

函館山の左の方。 ○の所が、立待岬。

10年9月22日 (10)

湯の川温泉。

10年9月22日 (11)

ここが、立待岬。  ※ 逆光なので、写真がちゃんと撮れない。

10年9月22日 (12)

                           ※ 昨年の立待岬のブログ

向こうに行く道はあるのだが、通行止め。

10年9月22日 (13)

断崖絶壁。 でも、ここに降りる道はある。 

10年9月22日 (15)

カワラナデシコ。 いつ見ても、いい花だ。

10年9月22日 (16)

恵山の方。

10年9月22日 (17)

ここの岬には伝説があるんだが、分からない。 夕方、随分調べた。

10年9月22日 (18)

船を見るのが好き。 山の中で育ったからかな。

10年9月22日 (19)

IMG_62mmkのう17

伝説が分からないから、立待岬の歌の、いいのがないか調べた。 森昌子の他に誰が歌っているかも。

いい色だ。

10年9月22日 (21)

左側が、函館山。  函館山から見た夜景は、このブログの最後に

10年9月22日 (22)

湯の川温泉。

10年9月22日 (23)

ベンチの上は、こんなデザイン。

10年9月22日 (24)

フウロソウ。 普段見るのより、小さく感じた。 勝手に名前を付ければ、ヒメフウロ。

10年9月22日 (25)

16時40分。 フェリーに乗る。 食べられる感じ。

10年9月22日 (26)

大間の灯りが見えてきた。 

10年9月22日 (27)

6時40分。 フェリーに乗ると、旅をしていると、強く感じる。

10年9月22日 (28)

立待岬に行ったのは、写真を撮り直すことと、再度伝説を調べることだった。
伝説は、分からなかった。
立待岬の歌について調べたので、それを載せます。

立待岬  作詞 吉田 旺  作曲 浜 圭介

○ 森昌子  立待岬の動画がある。
○ 森昌子  紅白歌合戦 まだ若い。
○ 森昌子  最近歌ったもの。 声の質が変わった。
○ 長山洋子  5年前のもの。
○  水田竜子  まあまあかな。  
○ 別の立待岬  曲が別です。 紅まなみ と言う人が歌っている。 いいみたい。 

私は、上から2番目が好きかな。

※ 函館を通る時は、必ず、この車を買ったキャンピングカーステーションに寄る。
  いつも、細かなメンテナンスをお願いする。
  店長さんは、私のブログをいつも読んでくれている。
  いろんな面で、応援してくれる。
  時々、メンテナンスが無料になる。 申し訳ないと思っている。

【停泊場所】    大間崎駐車場

【明日の予定】   薬研温泉 恐山

【ブログランキング】  国内旅行4位、旅行全体で9位です。  
             クリックするバナーは、左の一番下にあります。気に入った所がありましたら、よろしく。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/1067-f135c12a

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。