キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
帰り、寄ることにしました。
殉難者追悼碑は、留辺蘂から、遠軽に向かう途中、金華という地区にある。
国道の側。  標示がある。 細い道を少し登る。
1980年に建てられた。
1慰霊碑

常紋トンネルは、大正の始めに作られた。  たこ部屋労働によって。

工事の無事を祈って、人柱として埋められたりした。
ろくな物を食べさせてもらえないから、みんな病気になる。
働けなくなったら、生きたまま埋められたこともあったそう。埋めた穴から、うめき声が聞こえる。それも、だんだんと、小さくなっていく。

そんな世界が大正の始め、常紋地区にあった。
石北本線のほとんどが、そのように作られた。  おかしな、時代だ。  
2慰霊碑

途中から、林道に入ります。  10分ほど走ると、着きます。

30年以上昔、このトンネルで、お化けが出る、幽霊が出ると、何度も噂されました。
機関士が、人が立っていたので、機関車を停めたことも、何度かありました。
降りてみたら、誰もいません。

それが、新聞に記事として載ったことがありました。
私は、その記事を読んだ記憶があります。

トンネルの中や近くを掘ったら、骨が出てきました。
こんなことがあって、殉難者追悼碑が建てられました。
トンネル

トンネルの長さは、507㍍。  完成までに3年かかった。
当時としても、難工事だった。

ここで働かされた人間にとっては、夢も希望もあったものではない。
どんな思いで働いたのでしょう。

暴力なんて、日常茶飯事。

こんな世界があることが、社会全体をおかしくしたのか。
社会全体がおかしいから、こんな世界が生まれたのか。

教育の世界だって、少し前まで、当たり前のように、ゲンコツという暴力がまかり通っていた。

社会全体が狂った時代があった。

今の社会が狂っていない保証なんて、どこにもない。
狂っていたら、それを見破れる人間になりたいものだ。

子どもたちの、幸せのためにもね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/175-716f3b25

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。