キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
紋別市内の小学校にいた、17年前の12月9日。
授業中に呼ばれた。  「根室から電話です」と。
悪い予感がして、その通りになってしまった。

その電話から5年ほど前の3月の終わり、私は1年を担任することになって、他の3人の仲間と、職員室で、新年度の準備をしていた。 (根室 花咲小学校)
そうしたら、一人のお母さんと女の子が学校に来た。
お母さんは、校長室へ。  
女の子は職員室へ。 名前はMちゃん。 保健の先生が膝の上に載せて相手をしていた。

30分ほどして、お母さんと女の子は帰った。
我々4人は、校長室に呼ばれた。  そして、校長はこういった。
「今度、病気の子が入学する。 さっきの子だが。 病名は慢性骨髄性白血病。 医者からあと3年と言われている」 「担任を決めてほしい。怪我をさせることはできない。血が止まらない」

校長の話が終わるや否や、私は、手を挙げていた。

担任するとすれば、2年間。
2年の中に、5年分でも、10年分でも、詰め込める。
怪我の可能性は、工夫次第で、いくらでも小さくできる。
そんなことを考えていた。

Mちゃんは、学校にいる方が多かったが、学校と病院を、行ったり来たりの生活だった。
病院は、中標津と北大。
学校では、勉強も遊びも行事も、みんなと同じようにやった。
賢い子なので、勉強の遅れは、すぐに取り戻した。
男の子に、どんなことを言っても、いじめられることは無かった。
天真爛漫。 長く教師をしていると、たまに、こういう子に出会う。

大きな怪我もなく、2年間が終わった。
この2年間は、新しい薬が開発されるのを願う2年間でもあった。

私は、異動で、紋別に行くことになった。
花咲小学校から車で出発するとき、Mちゃんが、紙で包まれた物を私に渡した。
それは、綿でできた、薄いセーターだった。
                 (※ このセーターは、大事な日に着る。)

それから、2年と8ヶ月ちょっと、Mちゃんは病気と戦った。
ただの病気ではなかったので、最後は負けてしまった。
5年生になった、12月9日に。


先日のブログに、「根室に行きたい。 行かなければならない。」と書いたのは、Mちゃんのことで、行かなければならない、ということでした。

今日の、10時30分にお邪魔することにしていました。
時間通りに、お花と、果物と、綿のセーターを持って、行きました。
                        (前回お邪魔したのは、10年以上前)
まぶしそうな顔をした写真が、仏壇の上に飾ってありました。

生きていいれば、27歳。
お母さんと話をしていたら、2つしたの妹さんが、話に加わりました。
少ししたら、結婚するそうです。
明るい話し方は、Mちゃんによく似ていました。 

「健康以外は、みんな贅沢」という言葉は、Mちゃんを担任しているときに、学んだことですよ。」
と、お母さんに話しました。
涙は、Mちゃんがなくなる、ずっと前に、全部出てしまった。
昔の写真は、まだ整理できていない。  など、話してくれました。

Mちゃんのことを忘れないことが、妹さんや、家族みんなを大事にすることにつながりますね。
と、私は、お母さんにいいました。

お昼をごちそうになり、戻りました。
私は、「Mちゃん、また来るからね」と言うのを忘れたことに、後で気づきました。

なかなか行けなく、やっと行くことが出来ました。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/208-c238c704

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。