キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋には魅力が少ないとか、暗いとか、10月1日のブログに書きました。

昨日、北見での、6時からの通夜に行きました。
北見は、2時間と少しで行きますが、3時前に家を出ました。
国道は通りません。 鴻之舞から遠軽に抜ける、山道を通ります。
ルクシ峠を過ぎたら、右に曲がって、上仁頃を通ります。 
こういう通り方を、よくします。 だから、時間がかかります。

遠軽は、畑の中の道を通りました。
その時です。 はたと、気づきました。
なんだ、秋には、大きな魅力がある。 なんで、気づかなかったんだ、と。
「収穫の秋」が、あったじゃないか。

昔は、多くの人が、自然と共に、また、畑を作って生きてきた。
秋の収穫を楽しみに、春からずっと、暑い夏も働いた。
収穫は、1年の中で、一番大きな喜びの時だった。

私は、楽しむことばかり考えていたから、そのことに気づかなかった。
何を考えているんだ、ですよ。

そんなことで、畑の写真を撮りました。

これは、遠軽の街外れの畑。  何なのかは、分からない。 

秋1

何でしょう。  ハッカでは、ないでしょうね。 見たことないが。
秋2

これは、タマネギですね。  (ルクシ峠を下りたところ)
農薬をいっぱい使う。 使う人が体を壊すことがあると聞く。
自分のとこで食べるのには、農薬はまかない。(普通は) (米もそう)
タマネギ畑の地下水は、飲めない。 
秋3

秋まき小麦かな。 春の風景。 (ここからの写真は、上仁頃)
秋4

何かの豆ですね。
秋5

何カボチャでしたっけ。 大きいですよ。
秋6

畑の縁に、コスモスが、並んでいました。
ここの畑を作る人の、心が見えてきます。 こういうのが好き。
秋7


これは、紅葉の写真。 鴻之舞から遠軽に抜ける、上原峠。
もっといいのがあったんだけど、通り過ぎてしまった。
紋別では、綺麗な紅葉は1本の木だったけど、少し、内陸に入ったので、このように広く、素敵な紅葉が見られる。  阿寒とかもっと内陸に入ると、山全体が、綺麗に紅葉する。
秋8 


これは、すこし遊びかな。
場所は、若佐からルクシ峠を登っていく時、トンネル手前で、このように右にカーブする。
いつも、ここを通るとき、
もし、「空へと続く道があったら、きっと、こんな道だろうな」って思う。
どうしても、通る度に、それを思い出してしまう。 
空への道 

「空への道」と、名付けました。


写真は、どうやって撮ったかって。 教えない。
それじゃ、冷たいか。
左手にハンドルを持って、右手でカメラを持つ。
カメラを見ることは、決してしない。
たくさんシャッターを押す。  2~3枚は、ちゃんと写る。

それから、上仁頃を通った頃は、5時近くになっていた。 かなり、暗い。
カメラの、ISO(感度)を1600の高感度にして撮った。
だから、明るく写っている。
あんまり暗くなると、シャッタースピードが落ちて、写真がボケやすくなる。

 

「今日の歌」は、「村祭」(うたごえ喫茶「のび」) 今年も豊年満作だ ドンドンヒャララ ドンヒャララ の曲

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/302-ac312109

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。