FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

昔こんなことがあった。
家庭訪問で、ある家に行った。
玄関に入ると、座って、深々と頭を下げているお年寄りが、二人いた。
そして、お母さんも頭を下げていた。
何があったのか、すぐには分からなかった。

その日の、2,3年前でしょうか。 夏です。
紋別の道立病院から、突然電話がかかってきた。 内容は、
「今、緊急に血液を探している。 O型のRHマイナスです。 献血をお願い出来ないだろうか」
どうして病院が知っているんだろうと思ったが、
「構いませんけど」と、返事をした。
すぐに、病院に行って献血をした。 (※ 次の日もしたかな。)

別にもう一人がいたようだ。
また、札幌からも、急いで運んでいるようだった。

緊急の手術が行われたようだった。 お年寄りだった。
家族の方から、丁重にお礼を言われた。


そんなことがあって、玄関で目の前にいるのは、その時の家族みんなだった。
手術をしたのは、おばあちゃんだったのかな。(記憶が少し・・・)
O型のRHマイナスだから、ちゃんと手術ができるまでの量の血液が集まるか、心配だったんだ。
手術はうまくいって、ほんとうに嬉しかったんだな。

それからずっと、バレンタインの日には、何かが10年以上届いた。
娘さんからのものだったが、家族みんなからだったんだろうな。

O型のRHマイナスについて、調べてみた。 1000人に、1.5人の割合。
          (マイナスの人は、頭がいいとか、褒めていることは、特になかったな)
今は、同じ血液型で輸血とかするから、仲間が少ないというのは、不安だ。
珍しいから、少しは嬉しいと言う気持ちもあるが、不安の方が大きい。

ひょんなことから、嬉しいことが分かった。 この夏のことだ。   (今、記事が消えた)
私の近くに、二人いた。 O型のRHマイナスが。
紋別市には、統計上、40人くらいいることになる。
そのうち、3人がここにいる。  仲良くしないと、ダメだな。

大きな怪我が出来ないと、教えられてきた。
だから、私は、とっても用心深い人間になってしまった。  仕方ないことだ。
ところが、周りは、私をそうは見ない。

「気が小さいんでないか」とか、「度胸がない」とか、言ってくる。
「心配性だ」なんかは、まだ、いい方だ。

ようし、いつか、バシッと、度胸のあるところを見せてやるか。
でも、そういうときに限って、転んで怪我をしそうだ。
怪我をしたら、「気が小さいだけでなく、結構ドジだよね」って、言われる。
余計なことは、しない方がいいか。

ああだこうだ言われないで、平穏に生きるというのは、大変なことだ。

目から出る涙だって、手を切った時に出る赤い血だって、みんな自分だ。
少し手のかかる血液型だが、大事にかわいがってやらないとね。



「今日の歌」は、安室奈美恵「CAN YOU CELEBRATE?」(YouTube)

         アコースティックギターを1曲、先日の演奏者(YouTube)

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/305-448889cd

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。