キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五稜郭を見た後、車を七重浜にある、キャンピングカーステーションに持って行った。
安く、預かってもらえることになった。 私の言った金額は受け取ってもらえなかった。

その後、駅前のホテルまで、会社のKさんが、車に乗せていってくれた。
おまけに、ラーメン屋2件と、煉瓦倉庫の場所とかを、近くまで行って教えてくれた。
面倒をおかけした。 ありがたかった。
私は、この車を、札幌で買うことが出来たのだが、この会社の人を見て、ここから買うことに決めたのだった。

駅の近くにまず行った。  駅の裏は港。
赤煉瓦倉庫は、駅の左の方に、7分くらい歩いたところにある。
煉瓦1

途中にある、案内してもらった、塩ラーメンの「青龍軒」に行った。
店は満席で、外にも並んでいた。
煉瓦2

塩ラーメンとしては、美味しい方だと思うが、私の舌が繊細でないのか、完璧の味には感じなかった。
あれほど有名な喜多方で食べた時も、同じように思った。
過去に、塩ラーメンで美味しいと思ったことがあるのかというと、一件だけあった。
それは、根室で。 今年夏行ったとき、その店に行ったが、閉まっていた。

その店の塩味は、醤油の味はじゃまだ、と感じさせる味だった。

でも、まずくは無かった。 ネギの代わりに、三つ葉が載っていた。
煉瓦3

煉瓦倉庫群だ。 このように、小さな運河が入り込んでるとこがあった。
煉瓦4

明治時代の建物でしょうね。 それを改築して、お店にしている。
煉瓦5

こんなのが。
煉瓦6

散策する人を、退屈させないようにしている。
煉瓦7

結構人がいた。 お年寄りも多い。
煉瓦8

こんな感じ。 ガラス細工を売ってる店が多かった。 あとは食べる店。
ほしいと思うものはない。
赤煉瓦9

ぶらぶらしていたら、「出発するよ」という声が聞こえた。
それにつられて乗ってしまった。
港を一巡りするボート。 1000円。
救命胴衣とかが、あるのかないのかはっきりしないので、少し不安だった。
  (※ こういうことを書くと、臆病だとか言われることがある。用心深いだけなのに・・)
煉瓦10

さっそうとスタートした。
煉瓦11

あっという間に、赤煉瓦倉庫が遠ざかった。
煉瓦12

これは、摩周丸かな。 展示している。
煉瓦13

函館山。
煉瓦14

真っ赤な太陽だ。 ハリマオだ。(古いか) あっという間に沈んだ。
左に、うっすらと見えるのは、岩木山。
煉瓦15

なっちゃんレラかな。 赤字で大変なそうだ。 やめるのか?
煉瓦16

赤煉瓦倉庫は小樽に似ている。 どっちが先かは知らないが。


この日の晩は、五稜郭の方の繁華街で、お酒を飲んだ。
この春まで、職場を一緒にした者と。
我々の仕事は、いい形で人に影響を与えたい。 そんな話しとかをした。
また、新しい土地で、どう動くのか、についても色々話した。
私は、「それはな、歌にある早春賦の世界なんだぞ」と、言った。


今日の歌は、森昌子の歌う「早春賦」(YouTube) これは、1番だけ。 こちらは、動画はないが、3番まである。 画像が猫。 何とかならないのか。

もう1曲は、ふたたび、メロディのを1曲(YouTube)  気に入ってます。いい曲がいっぱいある。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/318-efa73981

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。