FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

山頭火と言って、頭に浮かぶのは何でしょう。
どちらかですね。 ラーメン か 俳人の山頭火。

ラーメンについて少しだけ。 
山頭火のラーメンは、人気がある。 でも、どうして美味しいのかが分からない。
本店は旭川。 ラーメン村にもある。 全国に出店を広げている。

昔の店は、旭川の買い物公園の隣の、緑橋通りにあった。
変わった店だった。 店の休みが決まっていない。
おやじさんの都合で決めていた。 自信満々だった。
それは、俳人の山頭火のように、その日の気分だった。

食べに行ったけど、自信の大きさほどの味ではなかったので、全部食べないで帰ってきた。 美味しくはないですよ、とう意思表示だ。

この店もそうだけど、たくさん店があるときは、どこが一番旨いのかという問題がある。
答えは、創業者のおやじさんのいる店が一番旨い、ということかな。

味噌ラーメンの吉野もそうだ、本店でおやじさんが作ったのは、味が違う。
ラーメンの作り方は、同じように作っても、味が変わる。 繊細だ。
    ※ 吉野の店が出来てから、約40年経つ。 おやじさんはもう作ってないか。

ラーメンの話しは、やめ、やめ。 長くなる。


ここ1週間ほど、山頭火の俳句の本を読んでいる。 
寝る前に。  単行本にいっぱい載っている。
目も頭も疲れて、手からポトッと落ちたときが、眠りに入るとき。

俳句が書けたらいい。  例えば。
「どこまで行っても、山は続きます。 山を過ぎたらまた山。 山ばっかりです」
普通に書いたら、こうなる。 ところが、山頭火が書くと、こうなる。

「 分け入っても 分け入っても 青い山 」

ただ、これだけだ。 無駄がない。
書けそうだと、思うんだけど、難しいんだろうな。

       山頭火

書けそうなのは、他にもある。
    「まっすぐな道で さみしい」    「ふり向けば 青い山」

たくさんあるかと思って探したが、たくさんは見つからない。
何回も読んでるうちに、難しそうに思えてくる。
いいなと思うのをいくつか。

  「また見ることもない山が 遠ざかる」  
  「蛙にになりきって 跳ぶ」
  「雨ふる ふるさとは はだしであるく」
  「もりもり もりあがる 雲へ歩む」
  「ふくろうはふくろうで わたしはわたしで ねむれない」
  
こんなのもある。
  「風の中 おのれを責めつつ歩く」

山頭火の歌は、山頭火の生き方でなければ書けないのが多い。
食べる物はない。 泊まるとこもない。 死にたくなるときもある。
どう生きたらいいか分からない。 それを探す。

ということは、「ふり向けば 青い山」 と言うけど、上のような生きていないと、作れないかも知れない。 また、だれも深くは読み取っては、くれないかもしれない。 

同じのを自分が作ったら、「それで、どうしたのさ」って、言われそうだ。

そう考えたら、松尾芭蕉がいいかな。 作品と自分とを重ねていない感じがする。

例えば、「五月雨を あつめて早し 最上川」 にしてもそうだ。
自分の心情とは、関係ないように見える。

よし、決めた。 これから読むのは、
暗くない山頭火と、松尾芭蕉だ。   
しばらくの間、この二つを、何回も読むことにしよう。

ものを見る目が、すこし、するどくなるかも知れない。
私の旅は、ルンルン気分の旅だから、山頭火にはなれないが。
   

今日は、一日眠かった。 夕べ、6時間くらいは寝たんだけど。
いや、もっと少ないかな。 寝付いたのは、12時半を過ぎてたか。
それとも、夢が面白く、夢中になりすぎて、熟睡出来なかったのかな。

自分は、若いときから、会議のときでも、しょっちゅう寝てた。 うつらうつらと。
寝たらダメな会議だってある。 そういうとき眠たくなったら、大変だ。

昔、授業で、子ども達に何かをさせてた。 国語の時間かな。
私は、教科書を読んで、何かを考えていた。 イスに座って。
うっかり、30秒ほど寝てしまった。 子どもが言った。
「先生、寝てるの。 それとも、考え事をしてるの」って。 その言葉に目が覚めた。

こう言った。 「考え事をしてるに決まってるべや」って。
ここで、やめとけばいいのに、こう言ってしまった。
「もう少し考え事をするから、起こすな」って。 すっかり、ばれてしまった。

今日は、11時には寝ます。 30分くらい山頭火を読んだら、眠れるでしょう。
忘れてた。 氷平線を借りた。 それを読む。



「今日の歌」は、青山テルマの「ここにいるよ」(YouTube) この人の歌は、どれも似てるけど、いい。

もう1曲は、絢香の「I believe」(YouTube) この歌は、「サビ」の部分が遅くに、何気なくやってくる。

あと1曲は、吉永小百合の「寒い朝」(YouTube) デビュー曲。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/348-87cd3b89

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。