FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

昨晩は、空に星はたくさん見えましたが、雲のかかっている所もありました。
そして、朝に向けて、雲は広がっていきました。
3時まで何度も外に出ましたが、月は見えませんでした。
一度寝て、5時にまた外に出ましたが、空は雲でいっぱいでした。

「モチモチの木」との関わりで、旧暦霜月の23日の晩、つまり昨晩の二十三夜の月を見たかったわけです。 来年の冬に、どこかの地で再度挑戦します。 
  (※ 二十三夜の月は毎月見ることができます。)
下の月は、今年1月の二十三夜の月です。 夜が明けてから写したものですね。

   dsc45997.jpg

今日は冬至です。  陽が短いし、年末だから、何か押し迫った感じがする。
雪が降ってないから、いっそう暗い。
雪が降って、新しい年になって、気持ちも新しくなったら、この暗い雰囲気はなくなる。 あと少しだ。

カボチャを食べる日だから、私も汁粉を作って食べた。 カボチャのだんご。
私は、汁粉に牛乳を入れるのが好き。 他の人は、それは変だと言う。
初めて食べたのは、小学校に入る前、よその家でご馳走になった。 

   IMG_6005.jpg


小野小町について、4つ書き忘れました。 それを。

【小町の美貌は、日常的に何で保ったのか】
小野小町は宮中の女官なので、何でも食べることができた。
彼女が欠かさずに食べていた物が、書物で分かっている。 それは、「熊の掌」。
中国から伝わってきた、宮廷料理。 美味しいだけでなく、コラーゲンが豊富な料理だった。
   79bb708ccf683748.jpg

また、彼女は、ウナギやキジ肉や、ビタミンの豊富な果物をよく食べたと記されている。
さらに、酒を多少たしなんでいたようだ。 これは、血液の循環のためによいのかな。 
こういう事で、昔は、ビタミン不足で病気になる者が多かったが、彼女は美容と健康を保ち、30代半ばで宮廷を離れ、雄勝で92才まで生きた。

【小町に関わる、お話し。 2つ 】
① 雄勝に戻った小町に、深草少将という人が好きだと言うことで、声をかけた。小町は、疱瘡になっていたので会えなかった。小町は、毎日芍薬を1本ずつ植え、100本になったら会うと約束した。
深草少将は川を渡って毎日植えにきた。 99本植え終わった。 最後の1本を植えに行くとき、嵐になった。川を渡るとき、流されてしまった。 死んでしまった。

小町は、磯前神社の境内に湧き出る泉水で、毎日、顔を洗っていた。
下の写真は、磯前神社。
   isomae.jpg

② 上の話と似ているが、少し違うのがある。 話しはこう。
99日目の時、小野小町は深草少将を自分の部屋の外に呼んだ。 戸は閉まっている。
そして、言った。
「もう、十分です。 1日はおまけして、お会いしましょう」 と。
男は言った。 
「いいえ、それはダメです。 できません」
小町は、
「どうしてですか。 十分あなたの気持ちは伝わりましたよ」

はい、ここで問題です。 私なら、必ず会う。 でも、この男には会えない理由がありました。 それは何でしょう。 答えは、写真の下に。
  これは、小町堂。 芍薬塚がある。

   komati.jpg

答えを知ったら、夢が消えてしまうけど仕方ない。言いますね。
男は、こう言った。「私は、雇われ者です」と。
その日来ていた男は、本人ではなかった。 アルバイトだった。

本人は、最後の日だけ来るつもりだった。
この話だと、ほんとうには惚れていなかった事になる。  ひどい話しだ。

【松尾芭蕉の歌】
松尾芭蕉は、小野小町に関して、次の歌を残しています。
別の人が作った、「さまざまに 品かわりたる 恋をして」につなげて、

      浮き世の果(はて)は皆小町なり  

知りたくなかったことでしたが、小野小町は、いつまでも美しくはなかったんですね。
皆小町なり の 小町は、美しくない という意味の小町です。 
92才まで生きた人です。 晩年、どこかで、美しくなくなったと言っても、小野小町の価値(美しさ)に何の影響もないことです。

【小野小町が残した歌】   
     我死なば 焼くな埋むな 野にさらせ 痩せたる犬の 腹を肥やせよ

これを読んだら分かります。 
小町は、美しいだけでなく、強い人間として、人生を生ききりましたね。

   59986b0d92ef43e6.jpg

女性は、何歳まで魅力を保つことが出来るか。 それは、人によって大きな差がある。
40代で消える人がいっぱいいる。 でも、50代に入っても、魅力あふれる人はいる。
美しさを支えるための、何か一つでも、それがどうでもいいことになったら、それを境に、全部くずれていくように感じる。 大事なのは、気持ちの持ち方でないかな。 
食べ物・運動・健康・前向きな考え などに、関心を持ち続けることも、大事でしょうね。
そうすれば、60代に入っても、きっと大丈夫ですよ。 挑戦です。  誰に言ってるんだ?

小野小町について、ここ数日いろいろ調べました。 面白かったですよ。
いつの日か、「NHK大河ドラマ」で、小野小町をやらないかな。
主役は誰にするかって。 決まってるじゃないですか。 蒼井優しかいません。
実現したら、夢のような話しだ。

   untitled88.jpg   



「今日の歌」は、 オリビア・ニュートン・ジョン「Silent Night」(YouTube)

もう1曲は、外国の子供が歌う「Silent Night」(YouTube)

あと1曲は、西島三重子の「冬のかもめ」(YouTube) 誰も知らないと思うけど、いい。  

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/389-740e17e8

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。