キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月23日のブログで、不動温泉について触れた。

ネットで調べてみた。  写真などは、10年前のものだった。
最近調べた者はいない。  じゃ、調べてみるか、となってしまった。
明日から天気が荒れると言うので、天気を見計らって、行く日を決めます。
一緒に行ってくれる者が見つかりました。

もし、立ち入り禁止になっていたら、どうするかだ。
その時は、敷地内には入っても、建物に入らないようにするか。
写真は撮れそうだ。
事故を起こしたら大変だから、細心の注意を払って行動しますよ。

写真を見たら、手前が玄関のように見えるが、玄関は向こう側。 こちら側が南だから、大きな窓があったのではないかな。 ここから、入れそうだ。 ただ、この写真では建物が残っているように見えるが、実際は瓦礫の山。 向こう側は、完全につぶれてる。

   不動温泉

【何を調べ、何の写真に撮ってくるか】
① 看板など、温泉として使われていた痕跡。
② 心霊スポットと呼ばれる、何かその根拠になる物があるのか。
③ 年代の分かるものは、あるか。
④ この建物を、動物が利用している部分はないか。

下の東屋についても、調べてみる。 入ることが出来ればいいが。
ここに行くには、急な斜面を登ることになる。

     不動温泉 東屋

2年程前でしょうか、この近くで、死亡交通事故があった。
峠を下ってきた車が、曲がりきれなくて、不動温泉の方に突っ込んでしまった。
「事故の原因は、不動温泉の祟りだ」 とか、おかしな噂は聞かなかった。
事故現場は、この写真を写した場所から、左に数十㍍。

確かに、真夜中、一人でこの道を通ると、不気味かな。 でも、よく通る道だ。

よく考えてみたら、子供の頃から、こんなことをやってた。
6年生の時だったかな。 友達が「砂金が取れるぞ」と言った。
5人くらいで、山に行った。 そうしたら、ある廃屋の中に入った。
「どうして、家の中に砂金があるのよ」と、私は言った。
友達は、「砂金はな、家の中の壁に付いてるんだ」と、言った。
何てことない、砂金って言ってたのは、壁に塗った砂金のような砂だった。

「美瑛古潭にな、トンネル抜けたら崖があるさ」と、友達が言った。 これも、6年の頃。
さっそく行ってきた。 確かに、美瑛古潭に行ったら、大きな岩の斜面があった。そこに、人がやっとくぐり抜けることのできる、小さな、穴があった。 その穴にもぐり込んで抜けたら、畳1枚くらいの場所に出た。 下は、崖になっていて、川が流れていた。 高さは、7~8㍍か。 危ない場所だった。 その場所に、立つことはしなかった。 その頃から、けっこう用心深かった。
 ※ 美瑛古潭は、美瑛を過ぎて、美馬牛に行く途中。 地元の人しか知らない。

子供の頃から、こんな事ばっかりしていた。 わくわくしてくるから、どうしようもない。
だから、氷のトンネルにしたって浮島湿原にしたって、私にとったら、行かないでは済まない。

不動温泉については、図書館の郷土資料室でも調べてみる。
いつ出来て、いつやめたかなど。 正確に。


明日の晩、街で酒を飲もうと思っているんだが、天気が荒れそうだ。 困ったな。
何が食べたいか、見当がつかない。 赤提灯がいいかな。


あ、そう言えば、「氷平線」を読んだ。 桜木紫乃の。
官能小説だとか言うので、読んで見たら、面白かった。

   7andy_31988427.jpg

この1冊の中に、短編小説が、5つほど入っている。 氷平線は最後。
この氷平線が、 二人の住む世界を分けているのか。

女の人が、死ぬ前に、「ここを出なければよかった」と言う。
そう言って、流氷の隙間の海に飛び込む。
女の人の魅力って何なんだろう。 そんなことを考えさせられる。
また、どうしても譲れないもの、こだわるものって何なんだろう。 そんなことも。
単なる、意地でもないようだし。

地位でも、職業でも、単純に美人かどうかでもない、人を惹き付ける何かを持っている人がいる。
男は、それに、身動きが取れなくなることがある。
そういう人が、たまにいる。 小野小町は、そう言う面でも、完璧だったんだろうな。

そんな女の人は、驚くほどの賢さを持っている。 また、命をかける強さも。
それは、世の中の常識を、ふっとばす強さでもある。
この小説では、男に、その人を越える賢さがあったら、死なせないで済んだようにも思う。

桜木紫乃という人は、何らかの線が、人間の住む世界を分けていると、考えるのかな。 どれを読んでも、それをテーマにしている感じがする。


今日で、2学期が終わった。 無事に終わった。 それが、ありがたい。
年賀状。  大掃除。  することがいっぱいある。  ブログを読んでいただいてる方の中には、今日忘年会の人もいますね。  今年は、みなさん、どんな年でしたか。



「今日の動画」は、フランダースの犬の最終回、ラストシーン

「今日の歌」は、かぐや姫の「おもかげいろの空」(YouTube) しゃべりの部分が少しある。歌はいい。

もう1曲は、西島三重子の「千登勢橋」(YouTube) 

おまけ。 ユンナの「タッチ」(YouTube)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/393-c9e68f4a

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。