キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
行ってきました。  中に入りました。  たくさんの写真を撮りました。
午後からは、図書館で調べました。 大収穫でした。
不動温泉の経営者の娘さんにお会いすることができました。

行くと決めたのは、2、3日前。 その時は、雪は無かったし暖かかった。
今日は雪はあるし、寒いし、風も強い。  でも、晴れている。

10時過ぎ、同僚と出発。 現地まで、約10分。
服装は、スキーウエア、雪の入らない長靴。 車を、道端に停めた。

下のは、車のそばから写した写真。 右上に東屋が。

   1 

立ち入り禁止とかの標識はなかった。 もしあったとしても、それを含めて廃墟だ。
建物の、左側に行ってみた。 どこからか、入れそうな感じがする。
キツネと鹿の足跡があった。 キツネは建物の中に向かって。

左側の方から入っていく。 ※ 後で分かるが、右からも入れた。

   写真がおかしい。 カット

   
入り口は、こんな感じ。 玄関ではない。

   写真がおかしい。 カット。  修正は後で。


入って、左を見たら風呂があった。 入ったすぐは脱衣所。(写真は後で)

   4.jpg

標示があった。 浴槽の湯は飲む人いないから、注がれてる湯も飲まないでね、って言う意味かな。

   5.jpg

湯の注ぎ口。

   6.jpg

浴槽は、こんな感じ。 こっちは、小さい。 右に大きいのがある。

   7.jpg

大きい方の浴槽。 こちらにも注ぎ口が。
私も一度来ているのだが、この浴槽の記憶はない。 忘れてしまった。
外の風景を見ながら、「いい湯だなあ」とか言いながら、湯につかったんだろうな。

   8.jpg

ここの温泉は、この標示で、ラドン温泉と言うことが分かった。
入浴の説明が書いてある。

   9.jpg

洗い場。 右にある部屋が、脱衣所。

   10.jpg

最初に入った、脱衣所に戻る。 風呂の反対側に、ロッカー。

   11.jpg

天井の壁がはがれて、こんな状態。  暖房や水道の配管か。

   12.jpg

左は、トイレ。 右の小窓は何なのか。

   13.jpg

ラドンを作り出す装置。 このことは、後で知る。

   14.jpg

お客様へのお知らせ。 ラドン温泉について。 この標示に、鴻之舞不動温泉と書いてある。

   15.jpg

別の浴槽。 さっきのが男性用なら、こちらは女性用。

   16.jpg

先ほどの脱衣所とは、左右が逆。

   17.jpg

ここは、廊下。 ここを通って大広間に行く。 (後で知る)
初めに、外から見た写真の、右側に出る。 私たちは、左から入った。

   18.jpg

大きな洗濯機があった。 バスタオルとかを洗うのかな。
左の棚に、新聞紙がった。

   19.jpg

これが、その新聞紙。 昭和58年8月27日(土)とあった。 1983年。

   20.jpg

ピュアリンスと書いてある。

   21.jpg

だれかが置いた。 ずっとそのまま。

   22.jpg

ガラスのむこうは、洗い場。

   23.jpg

最初、向こうから入ってきた。

   24.jpg

雪をこいでやってきた。 疲れましたよ。 ヘトヘト。

   25.jpg

東屋と思っていたが、違った。  お堂だった。  こちらが、正面

   26.jpg

仏道が安置されていたはず。 造りから、そう思った。

   27.jpg

散らかっていた。 以前、ここに遊びに来た者がいたようだ。

   28.jpg

20人くらいなら、座ってお参りできる。

   29.jpg

ここに安置されていた仏像の写真を、午後から見ることになる。
そんなこと、想像もしていなかった。

   30.jpg

ここを登って、降りてきた。 道がはっきりしなかったので、真っ直ぐ登っていった。

   32.jpg

この道の右側に池があったようだ。 その右側には、昔大きな2階建ての建物があった。 (これらのことは、午後から確認できた)

   33.jpg

中に入れないかも知れないと、当初考えていた。
だから、十分すぎる収穫だった。 

紋別の歴史の中で、~温泉と名前がついた建物は、ここだけ。
  ※ 今は、紋別の街の中に温泉があるが、これはホテルに付いているという感じ。
この温泉について、はっきりしないことが多かったので、この機会に調べてみようということで、まず、写真を撮りに行ってきました。

午後からのことは、次のブログにします。
お借りした資料を、写真に撮る作業から始めます。 
それから、今日書いたブログの文を、もう少し直したいと思います。
  
( ※ 今、浅田真央が終わった。 全日本選手権フリー。 圧巻だ。 サルコウだけ失敗。 回転不足があったにしても、もう少し、点数が出てもいいように思う。 村主とたいして変わらないじゃないか。 点数が。)

 

「今日の歌」は、かぐや姫の「僕の胸でおやすみ」(YouTube) いい歌だ。 「君の笑顔の向こうにある悲しみは」っていう、この歌詞が好きですね。 いつか、書いたかな。

もう1曲は、吉田拓郎・中島みゆき「永遠の嘘をついてくれ」  嬬恋のコンサート。 長い。   

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/395-4e2095c7

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。