キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日午後、図書館に行った。
郷土資料室に行ったら、何とかなるかと思った。
図書館の方、2名が、資料を探してくれた。

紋別市史などを調べたが、載ってない。 何かの資料に、ニュースの形では載ってるんだろうけど、探すのは大変だ。 そうこうしているうちに、図書館の方が、不動温泉の経営者の娘さんが、紋別に嫁いでいることを教えてくれた。 嫁ぎ先の名前を聞いてびっくり。 知人だった。 前の学校で、仕事の関係で、たくさん世話になった方だ。 親しく話すことが出来る。

すぐに、電話した。 今、伺っても大丈夫と言う。 図書館から、そこのお家まで、車で2分。 
奥様が、写真や、温泉のパンフレットを持ってきて、見せてくれた。
写真と葉書は、その場で写真を撮らせていただき、パンフレットは貸していただいた。
写真は、仏像の写真以外は、パンフレットの写真。  接写した。

   1namae.jpg

パンフレットには、上のように書いてあるが、「鴻之舞不動温泉」の呼び名でいいようだ。この呼び名は、パンフレットにもある。 昔は、「不動温泉」と呼んでいた。

オープンは、昭和52年11月23日。 (1977年)
閉館は、  昭和60年 5月31日。 (1985年)  7年と半年の営業だった。

この温泉は、「長内正雄」さんという方が、自らの「夢」を実現したものだった。
昔から、この地には、湯治用の風呂のある小さな建物があった。 (パンフレットの資料より)
ここでの湯治により病気が治ることと、不動信仰が結びつき、それが、不動温泉の実現につながったようだ。 その実現が、長内さんの夢だった。 その夢の姿は、桃源郷の感じがする。

長内さんは、昭和60年に亡くなる。 夢は引き継がれることなく、閉じることになる。

下の写真の、建物の向こう側に、道路がある。 左側の小さな山の上にお堂(不動堂)がある。 左の建物が温泉。 右は、宴会場や客室。

   2全景

宴会場と客室。 温泉の建物とは廊下でつながっている。

   3宴会場

東屋だと思っていたら、お堂(不動堂)だった。 桜の花がうっすら見える。
中に、不動明王が。 (写真は最後に)

   4お堂

案内の中に、名寄本線が載っている。 なつかしい。 鴻之舞は閉山している。

   交通のご案内

紋別市の奥座敷。 そんなイメージだったと思う。
当時、紋別市にはここしか温泉はなかった。  市外で、一番近い温泉は瀬戸瀬か。

   営業

せせらぎのような湯だったのでしょうか。 
私は、玄関に入った記憶はあるのだが、温泉につかってる記憶がない。 忘れちゃった。 もし、今もやってたら、私は毎日行ってもいいな。 10分あれば、十分に着く。 ご飯も食べてくる。

   温泉2人

温泉の由来が書いてあります。 大きくすると読めますよ。

   由来

フロント。 長内さんの娘さんである奥様は、3年間フロントで仕事をしたそうです。

   フロント

大広間。 結婚式をしようと思ったら出来る広さ。

   宴会場

人だけ写さないで、もう少し広く写してもいいのに。 今、客室に小さなブラウン管テレビがあったら、古さを感じるな。 

   客室

真ん中に、どうして、仕切りがあるのか。

   風呂

ラドン温泉の効果を書いている。

   ラドン温泉

ラドン温泉の入浴方法等を書いている。 右上の丸いのが、ラドンを作り出している。昨日のブログにこれが写っている。

   ラドンの説明

休憩室。

   休憩室

喫茶・食道。

   喫茶・食堂

芝桜が写ってますね。 橋を渡って行ったら、お堂の方に行くのかな。

   庭園

温泉弁当。 食道のメニューには、何があったのでしょうね。

   弁当

温泉の効能が書いてあります。 ここの温泉は、冷泉を湧かして、それにラドンの効能をプラスしているのでしょうか。

   効果のある症状

不動堂の中の様子。 真ん中が不動明王。 右が白龍。 左が黒龍。

   像と竜

不動明王。 この像は、現在、紋別市内のお寺にある。
白龍と黒龍の像は、根室標津のお寺に。

   像1

誰かが夢を引き継いで、上手に経営していたら、今に残ったかも知れない。
でも、今の時代、それは大変なことかもしれない。
長内さんは、芦別の出身だそう。 信仰と温泉がいい形で結びついた姿が、理想だったのでしょうね。
夢は確かに実現されました。 そう言う意味では、長内さんは幸せだったと言えるでしょうか。
不老長寿の泉水だったはずなのに、亡くなるのが少し早かった。

不動温泉の記録が少ない。 公的な温泉ではないからか。
このブログは、ネット上にずっと残る。 十分ではないが、書いてよかったと思う。
新しく書くことが見つかったら、追記の形で、足していこうと思う。

今日のブログが書けるとは、思っていなかった。 


別の話。 SOTOのしうさんが、無事に自宅に戻りました。 熊本の菊池市です。 26日に。 8か月に渡る旅でした。 お疲れ様。 無事故。 何せ、学ぶことが多いです。



「今日の歌」は、かぐや姫の「加茂の流れに」(YouTube)

         ユンナのテレビ出演(YouTube)

あと1曲は、さくらまや と言う子の歌(YouTube) 10才。 名前は知ってた。 今日テレビで見た。   

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/396-734ec7b7

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。