キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日、初めて知った。佐呂間町にある「栃木」の意味が。

紋別から北見に行くとき、竜巻のあった若佐を通って、ルクシ峠を越える。
そのルクシ峠の手前に、下のような標識がある。 右に4㎞行ったら、栃木。
そこの人達は、栃木県から来たのかな。 それ以上のことは思わなかった。
一度だけ、通ったことがある。 何年も前。 地図の左下の瑞穂から入って、栃木を通って、中園に抜けた。 途中は、林道だ。

6年の国語の教科書に、「田中正造」がある。 ずっと前から載ってる。
今日、ネットで、田中正造のことを調べていた。
そうしたら、佐呂間の栃木と、足尾鉱毒事件が関係があることが分かった。
栃木県の谷中村の人達が、常呂郡サロマベツ原野に移住と書いてあった。
「あっ!」って思った。 もしかして、あの栃木かって。

すぐに、電話した。 その地域の小学校の校長に。 予想したとおりだった。
丁寧に、教えてくれた。

 標識

右下に、栃木がある。  右上の曲がった道は、ルクシ峠。  上に若佐がある。

 栃木

これ以上の山奥はないという、山奥だ。 原野と呼べるほど、平らな感じではない。

 _MG_6740.jpg

中央に、渡良瀬遊水地と谷中湖が見える。 ※ 遊水地の一部が、谷中湖。  
この一帯が、昔、谷中村だった。 ここにいた人達が、佐呂間の栃木にやって来た。 渡良瀬川は、左上に見える。 この川が、足尾銅山から流れてくる。

 _MG_6745.jpg

渡良瀬遊水地一帯が、遊水池だった。 今は谷中湖だけ。
渡良瀬川の水をここに貯め、鉱毒を沈めた。 
現在は、水には鉱毒はあまり含まれないが、土壌には、たくさん含まれる。

鴻之舞の金山の後始末も、これに似てるかな。

 _MG_6742.jpg

整理すると、これは、明治の終わり頃の話し。
足尾銅山があった。 鉱毒を垂れ流した。 渡良瀬川が洪水になったら、谷中村の畑に鉱毒の水が流れ込んだ。 畑はダメになった。 政府は、そこに鉱毒の沈殿池を作ろうとした。
住んでた人達は、追い出された。 1911年(明治44年)、16戸、137人が、サロマベツ原野に移住した。 そこの地名を、故郷の栃木にした。   その後、昭和40年代になって、多くの人が栃木県に戻った。 今残ってるのは、少しの人達だけ。 

この、鉱毒事件で、中心になって戦ったのが、「田中正造」。
田中正造は、ある文に、こう書いた。
真の文明は 山を荒らさず 川を荒らさず 村を破らず 人を殺さざるなり
この人も、チェに似てる。

少し別の話。 明治の中頃の明治17年に、二つの事件があった。 
一つは、加波山事件。 これに、田中正造が関わる。
もう一つは、秩父事件。(埼玉県) これに関わるのが、井上伝蔵。 この井上伝蔵は、死刑を宣告されるが、北海道に逃れる。 亡くなるまで、ひっそりと北見市で暮らす。 有名な話し。


「今日の歌」は、森高千里の「渡良瀬橋」(YouTube) 谷中湖の上流に足利市がある。 この橋はその町に。

    watarasebasi.jpg

変な動画がある。新聞に載ってた。 「函館滅亡!? イカール星人襲来」(YouTube)  

スポンサーサイト

コメント

初めまして。茨城県古河市在住の者です。ブログを散歩していましたら、ここにたどり着きました。私の祖母は足尾銅山の鉱毒により廃村になった、栃木県谷中村からそちら佐呂間に移住し、苦難の生活に耐えかねて、またこちらに戻りました。その祖母も亡くなり10年がたちます。最近、祖母が青春時代を過ごした、当地を訪れたく思っています。

Re: タイトルなし

> 初めまして。茨城県古河市在住の者です。ブログを散歩していましたら、ここにたどり着きました。私の祖母は足尾銅山の鉱毒により廃村になった、栃木県谷中村からそちら佐呂間に移住し、苦難の生活に耐えかねて、またこちらに戻りました。その祖母も亡くなり10年がたちます。最近、祖母が青春時代を過ごした、当地を訪れたく思っています。

初めまして。 読みました。
佐呂間の原野にどんな思いで来たのかが気になって、調べたんですよ。 私は旅に出るけど、オホーツクにいるときに来ていただいたら、案内します。 すぐそばに出来た新佐呂間トンネルは、14日に開通しました。 佐呂間の栃木は、仁頃山が見える、静かな牧草地帯です。 北見まで、車で30分ほどです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/432-a2999cac

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。