キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道の駅「なみおか」は、夜になったら寒かった。 冬用の寝袋に入って、布団の中で寝た。
運転席の上のバンクベッドを使ってる。 土地が少し斜め。 もし転がっても、奥に転がるよう車を停めた。
寝ぼけて起き上がったら、天井に頭をぶつける。 

朝市があった。 リンゴや野菜を売っている。 農家の母さん方で。
リンゴは驚くほど安い。 どうして安いか聞いた。 競争がはげしく、作りすぎてるそう。 もう少しして売れなかったら、投げるそうだ。 話しをしたおばさんが作ってるのを買った。 6個で300円。 大きいから、一つ食べるのも大変。 ぼけてない。 しばらく、毎日リンゴだ。

リンゴジュースが、1升500円だ。 瓶の処理に困るので買わなかった。 こうすれば良かった。 私は、2リットルの入れ物を持っていた。 それに、詰め替えればよかった。

 _MG_7497.jpg

角館、横手市、雄勝に向かう。 途中弘前市を通る。
弘前の手前で写した写真。 見える山が岩木山。 近くの写真はないが、そびえ立つように大きい。 がっしりした山だ。 半分から上は白い。 気温は10度。

  _MG_7499.jpg

道の駅「いかりがせき」。 津軽への入り口。 それで、昔、関所があった。

  _MG_7502.jpg

しばらく走ったら、秋田に行く道と分かれた。 山の中の道に入った。 国道だし、幹線道路。 マタギ街道。 マタギで聞く、阿仁比立内を通る。 情報は仕入れていない。 雪が多い。

  _MG_7509.jpg

道の駅「マタギの里」があったので寄った。
マタギの料理を食べてみたかった。 レストランはあったが、それらしいのはなかった。 売店の人に聞いてみた。 10分ほど、国道から離れて山の中に入ったら、「マタギの湯」がある。 そこで食べられる、と教えてくれた。

今日、一つ勉強した。 人と話すことは、情報をもらう、ことでもあると。 調べるよりずっとはやい。 行くしかない。 

  _MG_7511.jpg

もうすぐだ。 狭いとこにも、家はあった。 北海道なら、ない。

  _MG_7515.jpg

ここです。 すぐ着いた。

  _MG_7516.jpg

温泉もあるから、一石二鳥だ。
マタギ鍋」があった。 3000円だった。 でも、当然注文した。 ここまできて、キノコラーメンというわけにはいかない。
熊の肉が入っていた。 食べながら、何の肉に近いかを考えた。 難しい。 豚や牛より味が複雑。 思ったより癖は少ないが。 う~ん、ようするに、獣の味ですよ。

おいしかったが、100点ではなかった。 理想はこうだった。
熊の肉だけでなく、ウサギやタヌキも入っていたら、完璧だった。 闇鍋のようなのです。

※ ブログの欠点は、匂いや味が伝えられないこと。 これの実現に何年かかるでしょう。 夢ではないと思うが。 

おそい昼食だった。

  IMG_7519.jpg

キノコなど、いろんな野菜が入っている。 

  IMG_7520.jpg

日本一の濁酒(どぶろく)だとか、宣伝してるので買ってみた。 酒の好きな人に送るかと思って、5合買った。 入れ物は自分で用意。 1リットルくらいのペットボトルに入れてもらった。 ところが、それに詰め終わったら、キャップに穴を開けた。 こうしないと、爆発するんですよね、と売店の女の子は言った。 発酵してるそうだ。 なってこった。 送れないじゃないか。 仕方ない。 自分で飲むしかない。 そう言うわけで、いま、美味しく飲んでいます。

麹の混ざった甘酒のように、どろどろしている。 普通の濁酒とは、まったく違う。 少しすっぱいかな。 一瞬甘さは感じるが、甘くはない。 麹は下に沈まない。

  _MG_7523.jpg

マタギの人達。 テレビのBSで紹介された人がいるんだけど、店の子の聞いたけど分からないと言った。 左から2番目の人が、その感じなんだが。 これは、古い写真。

  IMG_7530.jpg

角館(かくのだて)に寄った。 ここは、昔、みちのくの小京都と言われていた。
武家屋敷を見た。
駐車場からの道の桜の木の枝。 つぼみが膨らんできた。

  _MG_7534.jpg

こんな感じの通りが、いっぱいある。
ここの武家屋敷の特徴は、まず、たくさんあること
そして、昔のまま保存されてる建物が多いこと。 現在も子孫が住んでいる。
領主ではなく、その家来が住んでいたこと。
ここは、佐竹藩。

  _MG_7535.jpg

ここは、古い。 青柳家。 少しゆがんでいる。

  _MG_7536.jpg

家来でも、こんなに立派なとこに住んでいた、ということは、農民はよっぽどひどかったんだ。

  _MG_7538.jpg

今日走った中では、里山の感じのとこが、ずいぶんあった。
日本海側に近づくと、土地は広くなる。 離れたら、里山。 
そんな感じだったでしょうか。

道は国道でも狭い。 路側帯がないとこもある。 車道のすぐ側が歩道。 
子供達が歩くには危険だ。 まだ、私の頭から、何かが抜けていない・・・。

今日は、道の駅「なかせん」に停泊。
明日は、横手市に寄ります。
青春時代、この町で勉強し、くらしたそうです。 あるお母さんが。 取材します。
これは、望んでいたことです。

ブログのメールフォームから、連絡をいただいたら、どこにでも行きますよ。
思い出の土地があれば、遠慮なくどうぞ。


「今日の歌」は     高田みづえの「愛の終わりに}(YouTube)
  

スポンサーサイト

コメント

角館の武家屋敷は、自分も見学しました。
そこにある生もろこし、絶品ですよ。
そこから、南へ下ると醤油の醸造をしている店があって、醤油のソフトクリームが食べれます。
有名なので、通行人などに聞けばすぐ判るかもです。

遅くに行ったから、中には入れなかった。
武家屋敷は、この辺かなと思って適当に走っていたら、偶然見つかった。 見つからなかったら、迷っていましたね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/500-5aa7112b

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。