FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

一緒に行くことになっていたが、しうさんのキャンピングカーのバッテリーの調子が悪い。
新しいのが、1時だという。
通潤橋は、私一人で行くことになった。  場所は、ここ。

潤いを通す、と書くので、この橋は水を通す橋。
熊本県山都町にある。 昔、矢部町。

以前、国語の4年生の教科書で紹介された。
谷間にかかった虹の橋」の題で。

 _MG_9713.jpg

高さ、20.2㍍。 落ちたら助からない。 柵はない。
この人のように下を覗かないと、危険だ。 

  _MG_9729.jpg

矢部総庄屋 布田保之助という人が、作った。
肥後の石工と呼ばれる名工を集めて。
今から、260年ほど前に。

  _MG_9727.jpg

ここから、水を出すときがある。
橋の中の、ゴミや砂を出すため。 お金を払えば見せてもらえる。
※ 30年程前に、一度見た。
要石も見える。
精巧につくってある。

  _MG_9732.jpg

向こう側の大地に水が無かった。

  _MG_9737.jpg

6㎞離れたところから、橋の手前まで水を引いてきた。

  _MG_9738.jpg

この橋の中を,3本の通水管と呼ばれる、石の管が通っている。
橋をこれ以上大きく出来ないから、水は手前から一度下がって橋の中を流れ、向こう側で吹き出す。
すき間があったら、途中で漏れる。
この仕組みを、連通管の原理と説明があった。
サイホンの原理に似ていると思って調べたら、「逆サイホンの原理」と言ってもいいことが分かった。

この上を歩くのは、怖いですよ。

  _MG_9743.jpg

ここに水が来て、橋に流れ込む。

  _MG_9742.jpg

ここに大きながある。 これを取ると、水が吹き出す。 3つある。

  _MG_9746.jpg

上からの風景。 駐車場や、お土産屋が見える。

  _MG_9749.jpg

ここに水が吹き上がってくる。

  _MG_9753.jpg

こいと言わなくても、来るんだけど、こいと言うんですよね。

  _MG_9763.jpg

下のお土産屋の近くに、こんなのが。 お祭りで使ったようだ。

  _MG_9716.jpg

古民家。 3つの屋根が特徴。

  _MG_9720.jpg

すごい山を越えて来ました。 五木です。
※ 山越えは、明日の朝に。
駐車場の人は、誰もが親切だった。 あそこがいいと、案内してくれた。

  _MG_9779.jpg

しうさんたちは、私より後に着いた。 出発が遅くなったので、高速を使ってきた。
イベントは終わったので、温泉に入って、食事をした。 ビールも。
昨日から、すべてご馳走になっている。 

この後の展開が、今日のメイン・イベントになった。
スナックが車の近くにあった。 ここに着いた時、お父さんも私も目ざとく、見つけていた。 昼は食堂、夜スナック。

店には、若いお兄さんが店の番をしていた。
焼酎やビールを飲み始めた。 兄さんも一緒に。

この時、実は、外では祭りの実行委員の人達が、テントの下で、ヤマメの塩焼きを肴に酒を飲んでいた。
お父さんは、店の兄さんに、「あれが食べたい」と言った。(実際は、熊本弁で)
少しして、塩焼きがやってきた。 店のマスターが持ってきた。
たくさん飲んで、やっと歩いていた。
後で知るが、人のいいマスターだった。

  DSC00599.jpg

しばらくしたら、テントの人達がみんなやってきた
五木村林業研究会の人達が中心。
役場の産業課の課長さんもいた。 私のとなりに。
祭りのことや何やらで、話しに花が咲いた。

そうしている内に、今度は、「しか肉が食べたい」と父さんは言った。
そばにいた人が、あっちこっち電話をした。
しか肉は、間もなく届いた。 刺身で食べた。

  DSC00598.jpg

時間は分からないが、遅くまで飲んだ。
みんな歌い出した
でも、私は、途中で寝てしまったようだ。 もったいなかった。

  DSC00600.jpg

この村の将来を支えるのは、林業と観光でしょうか。
課長さんは、なかなかな父さんに、議論で立ち向かっていた。
この人を中心に、エネルギッシュな林業研究会の人達が、これからの五木の地場産業の未来を切り開くように感じた。
そのためにも、木材も食料と一緒で、国の政策が輸入に頼らない形になるといい。

ダムについては、県やそれぞれの村の考えも違って、はっきりしてないらしい。
できなかったときの腹案を持っている必要だありそうだ。

新緑祭りについては、お酒を飲んで、多くの反省が出たので、来年もっと良くなることははっきりしている。

五木村の発展を願います。

来年も来ることが出来たら、また一緒にお酒を飲めたらいいです。

スポンサーサイト



コメント

http://yamatoimpulse.blog50.fc2.com/

はじめまして。
山都町商工会青年部広報委員会所属
ブログ担当の○サンと申します。

さて、こちらの記事を
山都町商工会青年部ブログ
http://yamatoimpulse.blog50.fc2.com/
にて、

http://yamatoimpulse.blog50.fc2.com/blog-entry-520.html
こういったかんじで紹介させて頂きたいのですが、
如何でしょうか。

OKでしたら、お手数ですがこちらのコメント欄にてお返事くださいませ。

末筆ですが、山都町を紹介してくださいましたことに
あつく感謝申し上げます。m(^ー^)m

こんばんは

通潤橋はいい所でした。
大事にしたらいいですね。
ブログは、どのように使っていただいても構いません。

ありがとうございます。
紹介させて頂きました。(^-^)

http://yamatoimpulse.blog50.fc2.com/blog-entry-534.html


放水は今現在は農繁期ですのでやってませんが、
7月以降、土日の正午に定期的にやってます。
確実なのは、GWか、八朔祭(9月第1土日)でしょうね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/542-f1493afb

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。