FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

ブログランキングへの登録が、何とかかんとか、なった。
ここに登録すると、知らない人が、わたしのブログを見つけやすくなる。
そうすると、全国のだれかと、ブログを通して知り合うことができる。

最近、偶然見つけたと、コメントやメールが来る。
そんなのが多くなる楽しみがある。
午前中、3時間ほどかかった。

かんたんに、仕組みを。
どなたかが、ブログランキングのバナー(左の下にある)をクリックしていただくと、10点になる。
7点は国内旅行のランキング、3点は一人旅のランキング。
現在は、ずっと下の方にいる。
バナーの場所を、その日のブログの下にすれば良かったと思っている。
直せたら、直します。
これから、よろしくお願いします



すぐそばに、小さな町があるので、行ってみた。 
日向市 美々津町。  みみつ、と読む。
初めて聞く名前。
何もないかと思っていたら、そうでなかった。
自転車で、2時間ほど、散策した。
耳川という川もあった。

繁栄の歴史を残していた。
耳川の戦いという、悲惨な歴史も。

初め、道の駅のすぐ近くの港に行った。
漁師さんがいたので、この辺を散歩したいので、ここに車を置いても大丈夫ですか、と聞いた。
散歩するなら、隣にいったらいいよ、と教えてくれた。
それが、美々津町。 

  _MG_0500.jpg

ここは、国選定の、重要伝統的建造物群保存地区、になっていた。
こんな感じの街並み。
天保年間に建てられたものもあった。

  _MG_0510.jpg

これは、バンコというそうだ。
道路側に倒したら、ベンチのようになる。
暑い時、ここで涼むのでしょうか。
これが足になるなって、写真で分かりますね。

  _MG_0511.jpg

本州や九州は、何も無いと言っても、歴史があるから、何かはあるのかな。

※ ブログがつながらなかった。 最近多い。 記事も消えた。

歴史民族資料館があったので行ってみた。
1時間ほど、管理する年配の女性の方が、説明してくれた。
知らないことが多すぎたので、頭に入れるのが大変だった。

この建物は、廻船問屋「河内屋」の建物を使用。
河内屋は、近くを流れる耳川を利用し、上流の木材や炭を運んだ。
この港で千石船に積み替え、大阪の方に運んだ。

  _MG_0514.jpg

今の宮崎県の県庁は、宮崎市。
明治の廃藩置県の時代、県庁は、この美々津にあった。
江戸、明治、大正と、繁栄の時代があった。

ここは、天井の低い2階。
外から見ると、1階の雰囲気。
大きな梁(はり)は、船底の柱と同じ物を使用。
船のお世話になっているから、そうしたのか。

  _MG_0545.jpg

各部屋には、古い物がたくさん展示してあった。
この町にある小学校の歌詞は、野口雨情が作っていた。
「しゃぼんだま」など、童謡をいっぱい作曲した人ですね。

この土間は、土ぼこりが立たない。
土に、貝殻を焼いて砕いたのを混ぜてあるという。

  _MG_0531.jpg

1578年に耳川の戦いがあったという。 (初めて聞いた)
大友宗麟お島津義久が戦った。
戦場は、きのう温泉に入った、木城町の辺り。
大友勢は負けた。 この美々津の方に逃げて来たが、川を渡るのが大変だった。
多くが殺された。 耳川は血で染まった。
打たれた首が、河口を埋め尽くしたという。

  _MG_0558.jpg

耳川。  美々津の「美々」と耳川の「耳」は、関係あるのか?

  _MG_0509.jpg

昔の家並み。 海側は、津波で何度も壊れたそう。

  _MG_0528.jpg

明治時代の風俗画。

  _MG_0562.jpg

大正時代まで、繁栄は続いた。
鉄道の発達と共に、寂れていった。
経済の発展に乗り遅れた感じか。

これは、耳川の様子。

  _MG_0560.jpg

こうやって、古い町並みを残す意味は、何なんでしょうね。
今まで、壊しすぎたのかな。

ここは、雑貨を売ってる店。

  _MG_0579.jpg

神話の世界の話しだが、神武天皇は、ここから船出したという。
奈良の南の橿原に行った。
神話の世界は、何というか、むずかしいな。 

  _MG_0499.jpg

日本海軍発祥の地、の石碑もあった。 
説明を読んだが、これもむずかしい。 神武天皇の水軍と結びつけているからか。

  _MG_0507.jpg

美味しい天丼を食べたいと思っていた。
今日の温泉のレストランにあった。
メニューに、大海老天丼とあった。
注文の時、エビ天丼と私は言った。
店の人は、海老天丼ですねと、言った。
ころもが薄く、美味しかったかな。

  _MG_0583.jpg

食事のあと、海岸の道を歩いた。
そのあと、温泉に。

  _MG_0608.jpg

こう言うのが多い。 写真撮るのやめようかな。
日本の凧の発祥の地なのか。 それとも、日本凧の発祥の地なのか。
神武天皇の船出の時、凧をあげて、風向きを知ったそうだ。

  _MG_0613.jpg

知らない土地が、いっぱいある。
マスコミには、流れていないのが。
そんなのとの出会いが、おもしろいでしょうか。
ただ、古い町並みや物を見ての感動が、小さくなってきた感じがする。


【今日の温泉】    日向サンパーク温泉 お船出の湯  500円  道の駅のそば。


「今日の歌」は    久しぶりに、ギターを(YouTube)

           歌ってよ夕陽の歌を(YouTube) 最近、見てない。  

スポンサーサイト



コメント

はじめまして、nanaと申します。
訪問履歴から飛んできました。
温泉や観光地へのドライブ、キャンピングカーがあればって誰しも思いますよね、でもなかなか難しい。
私達は安い宿を探したり無理やり乗用車で車中泊したりしています。
駐車スペースの隣りにキャンピングカーが停まると羨ましい。

ところでakkamui21の本拠地は九州地方でしょうか?
私の活動範囲は狭いのですがそれでもいろいろ夢を膨らませたいので参考にさせていただきます。
逆にこちら方面の情報はおまかせください、とまではいえませんが。
よろしくどうぞ。

はじめまして

akkamui は、エゾモモンガのことで、本拠地は北海道です。 オホーツクの紋別ですよ。
4月1日に出発して、5月1日に九州に入りました。
暑くなったら、逃げるように北に向かいます。
暑さに弱いですから。

冬に、また九州に来ます。
この後のコースは未定です。
福岡に知人がいるので、寄ります。

その日の予定は、朝に決めています。
いい情報があったら、教えてください。

よろしく。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/563-76d35273

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。