FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

      ※
四万十川の上流に来ました。
場所は、四万十町十和(とおわ)川口    ここです。

ただ川が流れている。
それだけなんですが。

今日は、国道をずっと来ました。
海の上も。

写真は、これから。 (7時半)


夕方涼しくなってから、自転車で一回り。
写真が終わって、ちょっと横になったら、寝てしまった。
起きたら、ネットの調子が悪い。
今は、だいじょうぶ。


この写真は、海の上だが、船で国道を走っている。
国道197号線
海の上に国道ですよ。 海は、航路なのに。
九州の佐賀関から、四国の三崎まで。   地図では、ここ
九州側は、佐賀関港の所。 四国側は、国道が切れてるところ。

_MG_1438.jpg

カーナビが賢いか、試してやった。
そうしたら、案内した。 
フェリーを使いますと言った。 なかなかだ。

フェリーを使うのはいやだと言えばよかった。
どのコースを案内するか、見たかった。
ぐるっと、周るんだろけど。

疑問が一つある。
フェリーの会社がなくなったら、国道は消えるんだろうか?

来る途中で見た、沈下橋です。
こんな橋が、四万十川には、47あるそうです。

_MG_1441.jpg

四万十川は、「日本最後の清流」とか、「日本三大清流」とか言われている。
本流に大きなダムはないそうだ。
ダムは、自然のままの川を壊すっていうことなのか。

川の水を見た。
感動するほど、きれいではないな、と思った。
オホーツクの、渚滑川や、立牛川を見ているからか。

でも、こうも思った。
この川の流域には、町がいっぱいある。
そういう条件の中で、これだけきれいなら、やっぱりすごいのかな。

欄干とか付けたら、洪水の時、流れてくる木が引っかかる。
それによって、橋が壊される。
それで、こんな橋を考えた。
でも、安心して、子供を渡せるのかな。 通潤橋といっしょだ。

_MG_1442.jpg

橋の上からの写真。 魚がいっぱいいる。
何せ、漁をして暮らしている人がいるそうだ。

6匹くらいは、見えるでしょうか。 黒いのが1匹。

_MG_1443.jpg

清流四万十川に抱かれて暮らす人たちのも、清流のように清らかなのか、そんなことも思ってしまった。
こう考えた。
この川を、いつまでも清流のまま残したいと、流域の人達が考えたら、その時に、心がこの川に近づいていくように感じた。

別の場所にもあった。

_MG_1445.jpg

上流だから、岩が多いのか。

_MG_1447.jpg

川に沿って、家は建っている。
谷の底は、早い時間に夕陽は当たらなくなる。
涼しくなった5時過ぎに、自転車で動いた。

これは、段々茶畑と言っていいのか。

_MG_1460.jpg

おばあちゃんが歩いていた。
こんにちは、涼しくなりましたねって、切り出した。
晩は、寒いくらいだといった。

ここの棚田は、百選とかになってるんですかと聞いたが、知らないと言った。
棚田百選になってなくても、こういうところは、いっぱいある。

_MG_1461.jpg

をする人の船がある。

_MG_1463.jpg

ライズと言って、魚が跳ねた跡が、常に見える。

_MG_1465.jpg

夕方、近くの小さな食堂で定食を食べた。 650円。
申し訳ないほど、料理がいっぱいあって、美味しかった。

  DSC00660.jpg

小豆島に真っ直ぐ向かう予定だったが、四万十川に挨拶しなければ、と思って来ました。

_MG_1436.jpg_MG_1437.jpg_MG_1439.jpg_MG_1446.jpg_MG_1456.jpg_MG_1457.jpg_MG_1459.jpg_MG_1462.jpg


【今日の道の駅】   四万十とおわ   場所は、上に。

【温泉】     西予市健康保養館 クアテルメ宝泉坊  500円   場所は、ここ。 すべてが清潔。

【2日の予定】  海に出て、高知の方に向かうのかな。


【今日の歌】   あさみ ちゆき「青春のたまり場」(YouTube) 初めて。

         中孝介「花」(YouTube) 初めて

スポンサーサイト



コメント

そうなんですよね、九四フェリーは国道扱いなんですよね。
四国は友人が住んでいる松山と別に住んでいる友人と一緒に行った鳴門大塚美術館と坂東の道の駅・第九の里しか行ったことありません。
第九の里は日本で始めて第九が演奏された場所で、その経緯は素敵な人間愛でした。

四万十と仁淀の2つの清流をどうぞご堪能ください。
ただ、聞き及んでいるところによりますと道が細いとか・・・・お気をつけ下さい。

こんばんは。
第九の里に行きたいです。

昔、第九を歌ったことがあります。
高校の音楽の発表で。
旭川の、市民会館だったかな。
私は長靴をはいていた。
忘れられない思い出になっています。

北海道の芽室だったでしょうか、この歌を多くの人で歌いますね。

徳島に近づいたとき、また教えてください。
私はきっと忘れてる。
秋には通ると思います。

まだ四国も。我慢できる暑さです。
いい情報ありがとうございます。

写真のブログ見ましたよ。
あんな写真が撮りたいです。

えっ!!アッカムイさんは秋まで四国なんですか!?

ここ数日神奈川も暑くなく乾燥しているので過ごしやすいですが、梅雨に入ると一変します。
気温より湿度が厳しいです。うまく高度を稼いで過ごしやすいところを見つけてくださいね。

写真Blogお褒めの言葉ありがとうございます。コンプリメントを栄養にまたUPさせてもらいます。
アドヴァイスを頂いたことで自分の写真のベースは、マイナスしていく(いらないものを省く)ことです。

秋にまたです。

秋にまた来るってことですよ。
冬かも知れないが。

了解しました。そうですよね(^^ゞ

ただ、小豆島に行き、その後鳴門大橋より淡路に渡り帰路に付くのでしたら、その途中にあります。
住所は 鳴門市大麻町桧字東山田53
 です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/579-cc11ac30

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。