キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

     ※
作者の壺井栄は、何を材料に、二十四の瞳を作り上げたのか。
そんなことが知れたらいいな、と思って行きました。
壺井栄文学館では、分かりませんでした。
小さなお店のおばあちゃんと話すことができました。

分かりました。
ネットで調べてみましたが、そこまでは書いていない内容でした。
田中裕子主演の映画も見ました。 (7時38分)

     ※

10時頃、高松のフェリー乗り場に向かった。
10時40分のに、間に合った。
映画の中にも出てくる、土庄港に着いた。

道の駅、小豆島オリーブ公園に向かった。
そこは、お話しの中で、大石先生の家があったところ。

道の駅から、分教場のある田浦を見る。
中央付近だが、湾の中にあり、見えない。

_MG_1587.jpg

岬の分教場
最初の高峯秀子の時に、使われた。
※ ここの管理人は、その後も使われたと言った。   場所は、ここ。

_MG_1592.jpg

昭和46年に廃校。

_MG_1594.jpg

私が小学校に入学したときは、こんな机だった。
オルガンの演奏の童謡が流れていた。

_MG_1595.jpg

昭和29年、高峯秀子主演の映画が公開。

_MG_1602.jpg

昭和62年、田中裕子主演で、映画が作られた。
そのオープンセットを、映画村として残した。  (分教場から、すぐ)

_MG_1660.jpg

写真の両側に、まだ、建物がある。
お土産屋さんに利用しているのが多い。

_MG_1654.jpg

映画村にも、分教場があり、そこに写真が展示されていた。
田中裕子の表情がいい。

_MG_1612.jpg

これは、二十四の瞳の中の、一文。
作者は、主人公に、このように言わせた。

この言葉が、校長にとがめられることになり、悩む。
結局、続けられないと考え、やめる。

_MG_1615.jpg

私は、20年以上前に、二十四の瞳を読んだ。
二人の登場人物の名前が、頭にこびりついた。
一人は、琴江。 もう一人は、松江

琴江は、結核になり、いつも一人部屋に寝ていた。
家族もこない。

_MG_1616.jpg

松江は、家が貧しかったため、高松の食堂に売られた。
大石先生と子供達が、修学旅行に行ったとき、先生と松江は会う。
松江は、大石先生に言いたいことがあったが、何も言えず見送った。

上の写真は、その場面。
大きくなって、クラス会を開く。 
高木美保が松江を演じていた。

映画村には映画館があって、この松江が登場する場面から見た。
下の写真は、映画を撮影。

上の写真に、小さく自転車が写っているが、この映画で使われた自転車が、教室に展示されていた。

_MG_1642.jpg

壺井栄記念館では、知りたいことは、分からなかった。
岬の分教場の駐車場に戻って、海の写真を撮った。

そばに小さな店があり、おばあちゃんが、小さい煮干しと海苔を売っていた。
煮干しを買って、あばあちゃんに聞いた。
おばあちゃんは、ここの分教場で勉強したのかい、って。
そうだと言った。

壺井栄は、この地域の人だが、少し離れてる。 
田浦でなく、坂手と言うところ。

おばあちゃんに聞いてみた。
壺井栄は、ここ田浦の何を知ってたんだろうねって。

おばあちゃんは、語ってくれました。

_MG_1669.jpg

おばあちゃんの伯母に「はるみ」という人がいた。
ここの岬分教場に学んだ。
その人の担任は、坪井栄の妹、岩井しんと言った。
   (ここまでは、ネットにもあった)
岩井しん先生は、坂手から自転車で通っていた。
おばあちゃんは、身内のことを褒めるのは変だが、優秀だったと言った。
勉強もスポーツも出来たそうだ。 国体にも行った。

ある裕福な人が、学ぶための面倒をみてくれることになる、大阪かどっかに行く。
所が、結核になる。 若くして亡くなる。

岩井しん先生が、年をとって亡くなる少し前、この分教場のある田浦に行きたいと言った。
連れてきてあげた。
そこで、うわごとのように、はるみちゃんが来てないのかと、何度も言ったそうだ。
はるみという人のことも、きっと、姉の壺井栄に話していたはずです。
琴江が結核になるが、発想は、この人の結核にあるように思います。

二十四の瞳には、壺井栄の妹の、この学校での経験が、大きく活かされていました。
他に、坂手の学校の子供達の様子も見ていたようです。
ただの様子ではなく、先生と子供達のいい関わりを見ていたと、ネットにはありました。
これに近いことは、おばあちゃんも話してくれました。

今の道路は、昔は無かったと、おばあちゃんは言った。
昔の道を教えてくれた。
それが、下の道。 今は、舗装。

自転車で行ってみた。 すぐ、峠を上り始めた。
峠の頂上まで行ったが、もう5時を過ぎていたので、峠を向こうに下りるのはやめた。
大石先生や、子供達が見た、海や山の風景を、少しだけ見た。

駐車場の戻ったら、おばあちゃんが、店から出てきた。
オリーブ公園の、今やってる、イベントの案内をくれた。

笑顔の素敵なおばあちゃんでした。
もし会っていなかったら、今日のブログは書けませんでした。

_MG_1670.jpg

左は、海。 右に分教場。
物語の中で、子供達は、ここで遊んだ。

_MG_1676.jpg

田浦から、大石先生の家のあるところは、見えない。
少し走ったら、このように見える。
物語の中で、子供達は、先生に会いたくて9㎞の道のりを歩く。

家があった一本松の近くに、今、道の駅がある。
私が今いるのは、この写真のほぼ中央の、道の駅の駐車場。
海のそば。

_MG_1679.jpg

田中裕子の演技は、いつものように少し疲れた雰囲気だった。
でも、高峯秀子、黒木瞳と比べたら、世の中の矛盾を見抜くとか、人間的な強さの演技は、田中裕子の方が上のように思う。
それは、壺井栄が、この物語の中で、いちばん表現したかった部分でないかなと、思います。

壺井栄記念館で、二十四の瞳の単行本を買いました。
こんど、ゆっくり読んでみます。


_MG_1588.jpg_MG_1591.jpg_MG_1604.jpg_MG_1610.jpg_MG_1611.jpg_MG_1613.jpg_MG_1614.jpg_MG_1618.jpg_MG_1621.jpg_MG_1622.jpg_MG_1623.jpg_MG_1624.jpg_MG_1625.jpg_MG_1632.jpg_MG_1636.jpg_MG_1656.jpg_MG_1658.jpg_MG_1672.jpg_MG_1678.jpg


【今日の道の駅】    小豆島オリーブ公園   場所は、ここ。 印の所にも、駐車場がある。

【温泉】        サン・オリーブ温泉  700円  道の駅の中にある。

【明日の予定】    姫路に渡るかどうか、検討中。


《今日の歌》     分教場での田中裕子(YouTube)  

           あなたへの愛(YouTube)  沢田研二とデュエットで  

           オールドのコマーシャル(YouTube)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/583-cebfcf86

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。