FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

     ※
鬼無里は、山深い谷にありました。
遙か昔、この地にを、という伝説が残っているだけたって、どこを写真に撮っても絵になる、そんな山里でした。
紅葉(もみじ)は、この地で暮らしました。

京の都を懐かしく思って、東京(ひがしきょう)、西京、二条、三条、加茂神社、加茂川 など、京の地名をここに残しました。  (この辺りです
紅葉のお墓もありました。 
加茂神社社の隣のお家で、お茶をごちそうになりました。 (7時41分)

     ※
今日一番知りたかったことは、紅葉がどうして鬼にされたのか、ということ。
また、いつから鬼で、原因はあるのかということでした。

鬼無里のふるさと資料館を目指しました。
町に入っても、紅葉伝説とかどこにも書いてない。
不安を感じた。

資料館に入った。 何もない。
館長さんと思われる人に聞いてみた。
そうしたら、紅葉伝説の絵が階段の壁にあった。
詳しく説明してくれました。

伝説の場所が、どこにあるかも、教えてくれました。
近くのお寺に行ったら「谷の京物語」という本が売っていることも。

何とかなるかなと思いました。

_MG_2507.jpg

_MG_2507no2.jpg

行ってみてびっくり。
このお寺は、紅葉と深い関わりのある寺でした。
名前は、松巖寺です。  ここ。

住職さんは、境内も本堂の中も自由に見ていいという。
本堂に本があるので、買うときは、お金をそこに置いたらいいと言う。
もし私が泥棒なら、困らないのかなと思いました。

紅葉の墓が伝わっていました。 家来の墓も。

_MG_2565.jpg

ところで、紅葉って何者なのかですね。  1月19日のブログから、載せます。


紅葉(みみじ)伝説というのが、残っている。 紅葉は名前。 鬼の。  (追記  鬼でないときも、紅葉)
この伝説は、架空の話しではなく、具体的な人物がモデルになっている。
※時代は、藤原道長が活躍する少し前の時代。 900年代の中頃。 平安時代。
伝説の、概略を書きますね。

937年、会津にいた夫婦(笹丸・菊世)に子供が生まれた。 名を呉葉(くれは)とした。

※ 会津は、東北の最南部。 当時、東北は、中央に十分には支配されていなかった。 この夫婦は特別の地位にはない。 ある事情があって、この辺境の地にいる。 都への憧れを捨てていない。

呉葉は才色兼備。 美しく賢い。 呉葉と両親は京に上る。 呉葉は名を紅葉と改めた。 琴を教えていたが、源経基(つねもと)の目にとまり、仕えることになる。 紅葉は経基の子供を産む。そのころ、経基の正妻が病に倒れる。 その原因は、紅葉が妖術を使ったとされ、水無瀬と呼ばれていた「鬼無里」に追放された。

紅葉は、水無瀬の里で村人に、色んなことを教えた。妖術により病を直すなどしたので、村人の信望を得ていった。 一方で、都を懐かしみ、都の地名をこの地に付けたりした。 でも、都に上りたい気持ちは強くなり、その資金を得るため、盗賊集団と関わりを持ち、戸隠を拠点に一党を率いるようになる。 紅葉の名は、戸隠の鬼女として、都にまで響き渡った。 

紅葉の討伐を朝廷から命じられたのは、平維茂(これもち)。 紅葉の妖術に悩まされるが、最後は、紅葉の首をはねる。 紅葉(呉葉)33歳の秋だった。


本堂の中は広く、紅葉に関する物がありました。

_MG_2593.jpg

上の写真の、左の壁に、紅葉伝説がありました。
大きくなります。 時間があれば、どうぞ。

_MG_2571.jpg_MG_2572.jpg_MG_2573.jpg_MG_2574.jpg_MG_2575.jpg_MG_2576.jpg_MG_2577.jpg_MG_2578.jpg_MG_2579.jpg_MG_2580.jpg_MG_2582.jpg_MG_2584.jpg_MG_2586.jpg_MG_2587.jpg_MG_2588.jpg_MG_2589.jpg_MG_2590.jpg

謡曲に、「紅葉狩」というのがあるそうです。
もちろん、鬼無里の紅葉を退治するお話しです。
紅葉狩りと言う言葉は、上から来ているという説があるんですよ。

下の絵は、鬼に変身する場面です。

_MG_2567.jpg

紅葉に関わる物がありました。

_MG_2595.jpg

戸隠の方に、紅葉の岩戸があります。 
紅葉は、そこを陣地に戦った。
洞穴の中に、守護神として地蔵尊を祀っていた。

その地蔵尊をここに持って来て祀ったのが、この寺の始まり。
その地蔵尊が、これです。
空海が作ったと伝えられている。

岩戸に行きたかったが、道が悪いのでやめました。

_MG_2599.jpg

谷の京物語の本をいただいて、お金を置いてきました。

最初の地図の左側の方に行きました。
加茂神社です。 京都にもあります。

_MG_2603.jpg

この神社で、初めての物を見ました。
二十三夜塔です。 上の写真にも小さく。
これについて、今回聞くのを忘れました。
※ 電話で資料館に聞いてみたいと思います。 これについては、ここ。
※ 二十三夜待ちのブログにある切り絵は、滝平二郎さんのです。 少し前、亡くなりましたね。

   _MG_2603no2.jpg

この神社の隣のあばあさんと話しました。
お家でお茶といただきました。 蕗やタケノコの煮付けも。

この辺りは東京(ひがしきょう)で、二条と、教えてくれました。
昔は、東京に60数件家があったが、今は、30数件。 
ずっと昔は、畳に使う、紐を作ってたそう。 大麻で。
1時間ほど、おじゃましました。

こっちは、三条。

_MG_2605.jpg

こっちは、四条。 五条もある。  五条までが東京。
西京(にしのきょう)もある。 写真の下の方。

_MG_2606.jpg

この橋は、加茂川橋。 下を流れる川は、加茂川
本の名前の通り、谷の京です。

_MG_2611.jpg

少し離れたところに、内裏屋敷跡がありました。  ここ。
紅葉の住んでいたところです。

_MG_2614.jpg

こんな雰囲気なんですね。 想像図ですが。

_MG_2615.jpg

内裏屋敷は、道をはさんで、こっちまで。
舞台があった。 紅葉にちなんだお祭りがあるようです。
          鬼女紅葉太鼓(YouTube)  ここの舞台で。

_MG_2617.jpg

この絵は、目付きがこわい。

_MG_2618.jpg

反対から見たら、こう。  

_MG_2619.jpg

月夜の陵(はか)
と読みます。
紅葉の腰元の、月夜の墓という説があります。 紅葉が手厚く葬ったと。

この墓について、田中冬二という詩人が、エッセイの最後にこう書いています。(谷の京物語より)

月夜の陵  何といふ美しく また悲しい名であらう」 と。

_MG_2620.jpg

最後に。
知りたかったことが分かったのか、という問題ですが、一つは分かりました。
いつから鬼になったかです。

それは、生まれたときからです。
資料館の方が教えてくれました。
紅葉の両親は、子供が授かるように祈りました。
サムネイルの紅葉伝説の1に、神仏に祈ったとありますが、詳しくは、魔天(悪の天神)に祈っていました。 ここに問題がありました。(谷の京物語にも載っていました)

もう一つの、伝説で、どうして鬼にされたかということですが、証拠は見つからなかった。 
でも、想像はつきますね。
紅葉と言われる人は、この地に確かに来て、何かがあって戦った。
その才能や美貌が人並み外れていたので、人と違う物、つまり鬼にされた。
こういう展開は、よくあると思いますね。
伝説も面白くなりますし。


西島三重子の「鬼無里の道」で、この地を知りました。
来ることができました。
自分が思っていた以上のことが分かり、見ることが出来ました。
念願が叶ったということでしょうか。
よかったです。


【道の駅】   しなの  黒姫山が目の前です。  場所は、ここ

【明日の予定】  近くのどこかに。 小林一茶が、この町の出身のようです。
           昼まで寝るかも。 今日はおそくなりました。
           雨が降ってきました。

《今日の歌》   今日も、「鬼無里の道」です。YouTube)

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/599-f50bf71e

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。