キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     ※
今後のコースは、山形、中尊寺、遠野と、中の方を通ることにしました。
喜多方で、ラーメンを食べないわけにはいかないので、行った。

昔、坂内食堂で食べたことある。 残した。   喜多方は、ここ
調べて、味の濃厚なあべ食堂にした。
ほぼ、満席だった。

_MG_2718.jpg

まあまあ、美味しかったかな。
スープには、少し、背油っぽいのが浮かんでる。
麺は、多加水麺といって、少し透明の感じ。 
多少、ぷるんぷるんという感じなので、こうでない方が、本当は好き。
太い。 もっと細い方が、スープが麺に絡まりやすいように思う。

ほんのりと、昆布と魚だしの味がする。
基本の部分で勝負するから、おかしな味がしない。
北海道の普通のラーメンは、我流で個性を出そうとして失敗しているのかな。

私は、旭川の蜂屋が好きだから、味が弱いように思う。
富公のような、強烈な感動はないかな。
全体的には、蜂谷や富公の方が、だいぶ上に思います。
ただ、喜多方ラーメンは、しょっぱくなく、油っぽくなく、体に優しい感じがしました。
      ※ 富公について、もし知りたかったら、ここです。 長いかな。
         蜂屋は、あっちこっちに。(ブログ内検索で)
         高山も、ありますよ。  美味しかった。

DSC00713.jpg

テーブルの上にが置いてあった。
聞いたら、かける人がいるから、という。
油が、サラッとなるんですね。 乳化して。

※ ラーメンと関係ないが、私は毎朝、変なドリンクを作っている。
きな粉、ゴマ、青汁の粉、蜂蜜など、6種類を水で混ぜる。
ここに、黒酢を入れるが、入れなかったら、サラッと混ざらない。
酢には、不思議な力があるようだ。

喜多方は、蔵の街。 こんなのが、あっちこっちにあった。

_MG_2723.jpg

今、きち兵衛の歌を聞いているが、「幸せが薄い」という表現を使っている。 悲しい表し方だな。

道の駅、喜多の郷、に向かった。    ここ
そこで、道の駅の案内の人に、何かないかい、と聞いた。
ニッコウキスゲが、雄国沼で満開という。
私は、その話に飛びついた。
10数キロ走ったら、駐車場があって、シャトルバスが出てるという。

山の上にある沼だった。 尾瀬の感じ。   ここ
バスは、駐車場から、上まで、標高差500メートル弱を一気に上った。
細い道。 バスのタイヤが、道からはみ出しそう。

1時間ほど歩いた。 木道の上を。 
ヒオウギアヤメの名前は分かったが、知らない花もあった。
※ クリックしたら、大きくなります。

_MG_2725.jpg_MG_2729.jpg_MG_2738.jpg_MG_2734.jpg_MG_2740.jpg_MG_2747.jpg_MG_2750.jpg_MG_2756.jpg_MG_2763.jpg_MG_2765.jpg_MG_2771.jpg_MG_2779.jpg_MG_2780.jpg

見終わってから、バスの運転手と話した。
この辺には、熊がいるという。
早くみんな帰らないかなあって、どこからかのぞいていると言った。
少し前、そこに出てきたって。
こっちは、ツキノワグマだな。

昔から、雄国沼の水は、下の塩川町の田んぼに使っているそうだ。
毎日、水の管理に、地元の人が上ってくる。
昔は、歩いた来たと言う。

あと、この辺りの水は、阿賀野川につながり、日本海に行く。
福島県だから、太平洋に流れそうなもんだが。

戻って、道の駅の温泉に行った。
受付の人が、少し待ってね、と言った。 意味が分からなかった。
少ししたら、5時になった。
5時から、風呂代が、500円から、300円になった。 ありがたい。

久しぶりに、外で食べた。
京都から出て、初めて。 全部で、1950円。 
ビールは、大ジョッキ。

DSC00715q.jpg

変わったものがあったので、外食した。
手前の真ん中は、えご、と言って、エゴグサという海草から作ったものだそう。
ぬるっと、くだけた。 野菜でなく、海草の香り。

スルメのてんぷら。
それから、まんじゅうのてんぷら。 下の写真。
昭和の初期からあるそう。
何でもてんぷらに出来るんだなって、思った。

DSC00716q.jpg

鰊の鉢まぶし定食の他に、馬刺しも食べた。 
久しぶりの、ぜいたくでした。

店から出るとき、展覧会のポスターが。
異様な雰囲気の絵だったので、撮った。
斉藤栄って書いてあったかな。

DSC00719.jpg

食事の後、池があったので、そばの石のベンチに座って休んだ。
少し向こうに、カモが2羽、浮かんでいた。

なにやってんのよ~、って話しかけた。
そうしたら、こっちに来た。
人に慣れてるみたいだ。
水を時々飲んでる。
お前たちは、飲みたいとき、いつでも飲めていいなあ、って言った。

DSC00721.jpg

晩御飯くったのか、とか話しているうちに、水から上がってきた。

DSC00724.jpg

おまえたちに、あげるもの無いんだよな、て言った。
離れないから、ちょっと待ってれ、と言って車に戻った。
冷凍庫から、食パンを1枚持ってきた。

ちぎってやった。
のどが詰まりそうなのか、長い首をひねりながら、飲み込んだ。
のどが詰まるんなら、水飲んできたらいいべや、とか言いながら、その後、小さくしてやって。

左のは、私の手から食べた。 右は、用心深い。 私みたいだ。

_MG_2788.jpg

もうパン無い、帰れ、と言ったら、池に戻った。
2羽して、水を飲んでた。

_MG_2793.jpg

昨日、高原に行きたいと書いたら、本当に行けた。

※ 中指が長いのは、涙を拭くからだと、言ってる。
   だから、中指は悲しみを連れているんだと。 (きち兵衛の歌で)
   考えて見たら、涙は中指でふくかな。


【今日の道の駅】    喜多の郷   場所は、上に。

【温泉】          蔵の湯   300円(5時を過ぎたので)  道の駅に中に。

【明日の予定】      米沢に何かありそう。


《今日の歌》       愛の終着駅(You tube)  本田美奈子です。 みのや雅彦の歌が、You Tubeにたくさん載った。でも、「あの日に帰れる汽車があるなら は、ない。 詩だけでも知りたいな~。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/604-30283e0c

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。