キャンピングカーで放浪の旅

 写真で探訪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     ※
美幌出身の方と、話していました。
ビールをご馳走になりました。(8時30分)

ネットの状態が、良くありません。
待ってる間に、お酒を飲みました。 眠たくなってきました。
記事を簡単に書いて、続きは、明日にします。

山刀伐峠にこだわる理由も、あとで。

【追記】 山刀伐峠は、芭蕉の奥の細道の旅の中で、一番苦労したところだと、分かりました。 そして、この峠の道は、奥の細道の名前の通り、山奥の細道でした。 
※ ところで、奥の細道の奥とは、どういう意味なのかな?  

峠に向かった。 田んぼが減ってきました。

_MG_2974.jpg

今の県道と、旧県道と分かれます。
旧県道の近くを、昔の道があります。

_MG_2976.jpg

こんな感じです。

_MG_2978.jpg

頂上に近いパーキングから、昔の道を歩いた。
昔は、木が大きかった。

_MG_2981.jpg

山刀伐峠の頂上が見えてきた。

_MG_2982.jpg

頂上には、祠が。

_MG_2986.jpg

芭蕉の碑が。

_MG_2988.jpg

こんな道。 私が歩いたのは、逆コース。

_MG_2990.jpg

説明板。

_MG_2994.jpg

これも。 峠の下は、見えなかった。 木があって。

_MG_2995.jpg

赤倉温泉。
【追記】 峠を下りたら、すぐのところに。 芭蕉は入らないで、通り過ぎた。

_MG_3004.jpg

誰もいなかったので撮影。 混浴。
下は、岩盤。  お湯が出てくる所がある。

DSC00730.jpg

蓮の花。

_MG_3002.jpg

封人の家。 ここに2泊。

【追記】 封人(ほうじん)の家とは、国境を守る役人の家。 雨が降っていたので、ここに二泊します。
この建物は、300年以上経っていると、推定されています。 解体復旧工事で今のようになっています。  

_MG_3027.jpg

馬もいる。 ここでの句が、
   蚤虱 馬の尿(ばり)する 枕もと  

_MG_3023.jpg

左の和室で寝た。 手前に、馬が。

_MG_3022.jpg

資料を撮った。

_MG_3016.jpg

尿前の関。 この名前に、義経が関わっている。

【追記】 義経の子が、初めてここで、おしっこをしたと言われている。
ちなみに、鳴子温泉の名前は、宮城県の広報にこう書いてある。

-出羽の亀割(かめわり)山(現在の山形県最上町)あたりで誕生した義経の若君を、弁慶は人目を避けるために懐に隠して歩いたが、不思議なことにこの赤子は、それから3日間、1度も泣かなかった。義経一行が尿前(しとまえ)の関を過ぎて現在の鳴子温泉にたどりつくと、生まれてから産声一つあげず皆を心配させていた若君が、温泉につかったとたんに初めて産声をあげた。このことから里人はこの湯を「啼子(なきこ)の湯」と呼び、後に「鳴子」の地名の由来となったともいわれる-。

_MG_3030.jpg

こんな道。

_MG_3034.jpg

桑の実があった。 50個くらい食べた。 舌が真っ赤。

_MG_3036.jpg

   桑の実


道の駅 あ・ら・伊達な道の駅にきた。 こんなのが。 説明はなかった。

DSC00733.jpg

今日は、ここまで。

※追記

【今日の道の駅】    あ・ら・伊達な道の駅   ここ

【温泉】    赤湯   湯守の宿 三之丞   500円 
       ※ コメントで、書いてくれていましたね。

【明日の予定】   中尊寺は、明日でしょうか。 今日は・・・。


スポンサーサイト

コメント

赤倉温泉の 三之亟でしょう?
ここは赤倉の中でも一番のお湯、そして足元湧出で貴重なところだと思います。
私も他に男性がいましたが混浴しましたよ。
湯船の底が急に深くなったりしてなかなか手強い混浴でした。
ここは昨年初めてうかがいました。
いつも鳴子ばかりで見落としがちだったんです。

つれづれに温泉巡りができる状況、とっても羨ましいです。
まだまだ北上するのでしょうか、東北は温泉の宝庫ですから是非いろんなところを楽しんでくださいね~

Re: タイトルなし

> 赤倉温泉の 三之亟でしょう?
> ここは赤倉の中でも一番のお湯、そして足元湧出で貴重なところだと思います。

そうです。 そこです。
鳴子温泉も調べたのですが、面白そうなので行ってみました。
鬼首温泉も気になっていました。

> 私も他に男性がいましたが混浴しましたよ。

写真を撮ったのですが、念入りに誰もいないのを確認しました。
いたら、大変ですからね。

> 湯船の底が急に深くなったりしてなかなか手強い混浴でした。
> ここは昨年初めてうかがいました。
> いつも鳴子ばかりで見落としがちだったんです。

どこの湯船も熱かったです。
洞穴の中に行ってみたかったけど、暗かったのでやめました。
>
> つれづれに温泉巡りができる状況、とっても羨ましいです。
> まだまだ北上するのでしょうか、東北は温泉の宝庫ですから是非いろんなところを楽しんでくださいね~
ありがとうございます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akkamui21.blog39.fc2.com/tb.php/610-793be652

akkamui21

Author:akkamui21
ユーロスターで放浪の一人旅に出た、オジさんのブログ。
昨年春オホーツクを出発し、日本を2度往復。この秋に南下を始めたら、3度目に入る。

akkamui(アッカムイ)は、エゾモモンガのこと。子供の守り神の意味です。
ブログには、写真をいっぱい載せています。
よろしく。

名前:
メール:
件名:
本文:


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

QRコード

気にいったところがありましたら、クリックをお願いしますね。

FC2Blog Ranking

ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。